【早速目次/中身を確認する】

沖縄文化本(文庫本・教科書など)

本書は、沖縄の歴史を原始時代までさかのぼり解説した本です。単に日本列島の一部としてではなく、広く太平洋文化圏の中の沖縄としてその歴史や文化を解説してきるところが特徴です。沖縄の歴史や文化を一通り学ぶことができるため、沖縄学の入門書として最適の一冊です。

外間 守善 (著)
出版社 ‏ : ‎ 中央公論新社、出典:出版社HP

琉球王国

十五世紀初頭から400年に及ぶ琉球王国の歴史を解説した本です。沖縄県出身の歴史家である著者が「古琉球時代」を中心にその全体像を解き明かします。中国・朝鮮・日本といった隣国との関係性も詳しく解説されており、琉球王国の成立・展開・衰退の過程を理解することができます。

高良 倉吉 (著)
出版社 ‏ : ‎ 岩波書店、出典:出版社HP

沖縄現代史 – 米国統治、本土復帰から「オール沖縄」まで

米国統治から本土復帰など戦後70年間の沖縄の歴史を描いた本です。多数の史料に基づき客観的な事実を忠実に丁寧に説明しています。政治・経済・文化と多面的に戦後の沖縄が描かれているため、ある程度知識はあるがより深くしっかりと学びたいといった方にもおすすめの一冊です。

櫻澤 誠 (著)
出版社 ‏ : ‎ 中央公論新社、出典:出版社HP

沖縄の歩み

本書は、米軍占領下の沖縄で圧政への抵抗運動の中心人物となった著者による「これだけは語り伝えておきたい」という沖縄の歩みを描いた本です。沖縄の本土復帰の翌年に小中学生に向けた児童書として刊行された本であり、やさしい表現でありながら鮮烈に沖縄の歴史をときあかします。

新川 明 (編集), 鹿野 政直 (編集), 国場 幸太郎 (著)
出版社 ‏ : ‎ 岩波書店、出典:出版社HP

教養講座 琉球沖縄史

琉球・沖縄の歴史を時代の流れに沿って的確に解説した本です。先人の経験を学ぶことで、日本、アジア、そして世界の歴史をみる目を養ってほしいという著者の願いがこもった一冊となっており、この本を読むことで「歴史観」を培うことができます。豊富なカラー資料で飽きずに読み進められる工夫がされておりおすすめです。

新城 俊昭 (著), 編集工房 東洋企画 (編集)
出版社 ‏ : ‎ 編集工房 東洋企画、出典:出版社HP

高等学校 琉球・沖縄の歴史と文化

高等学校で学ぶ琉球・沖縄の歴史と文化が解説されている本です。琉球・沖縄の歴史を知るうえで、欠かせない出来事が順を追って説明されているため歴史の流れを掴むことができます。高等学校用の教科書ではありますが、読みやすく要点がまとまっており沖縄について理解を深めたいどの年代の方にもおすすめです。

新城 俊昭 (著)
出版社 ‏ : ‎ 編集工房 東洋企画、出典:出版社HP

沖縄県の歴史 (県史)

沖縄の歴史を時代の流れに沿って解説した本です。沖縄県出身の歴史研究者の5人の著者がコラムを交えつつ、沖縄の歴史上重要な出来事をわかりやすく説明しています。先史時代から現在に至るまでの沖縄をしっかりと学べるため、全体像をつかみたいという初心者の方にもおすすめの一冊です。

安里 進 (著), 田名 真之 (著), 豊見山 和行 (著), 西里 喜行 (著), & 1 その他
出版社 ‏ : ‎ 山川出版社、出典:出版社HP

 

沖縄文化本(その他)

マンガ 沖縄・琉球の歴史

「沖縄」が誕生するまでの歴史・文化・風習をマンガでわかりやすく解説した本です。学校の授業だけでは学べないような沖縄の歴史を、非常にわかりやすく面白く学ぶことができます。沖縄史の入門書として子供にも大人にもおすすめの一冊です。

上里 隆史 (著)
出版社 ‏ : ‎ 河出書房新社、出典:出版社HP

知れば知るほどおもしろい 琉球王朝のすべて

琉球王朝が沖縄として日本の一部になるまでの波乱の歴史をわかりやすく紹介した本です。易しい表現で、面白いエピソードを多数紹介しているため、楽しみながら近世琉球王朝につて学ぶことができます。琉球王朝の歴史を知る入門書としておすすめの一冊です。

上里隆史 (著), 喜納大作 (著)
出版社 ‏ : ‎ 河出書房新社、出典:出版社HP

沖縄学―ウチナーンチュ丸裸

ウチナーンチュ2世の筆者によるウチナーンチュの特徴を徹底解説した本です。沖縄の人々の気質を筆者の目線で分析しながら紹介しています。沖縄独特のカルチャーを知ることができるため、沖縄旅行を計画されている方に予備知識としておすすめの一冊です。

仲村 清司 (著)
出版社 ‏ : ‎ 新潮社、出典:出版社HP

歩く・知る・対話する琉球学――歴史・社会・文化を体験しよう

本書は、Q&A形式で沖縄の歴史・社会・文化を学ぶことができる本です。沖縄のエスニシティへの言及も多く、沖縄で生きる人々をありありと感じることができます。資料館や博物館のQRコードも収録されているため、修学旅行で沖縄を訪れる方の事前・事後学習のテキストとしてもおすすめです。

松島 泰勝 (著, 編集)
出版社 ‏ : ‎ 明石書店、出典:出版社HP

目からウロコの琉球・沖縄史―最新歴史コラム

琉球王国時代を中心に、琉球・沖縄の歴史のなかで知られざるエピソードをコラム形式で紹介した本です。昔の琉球で暮らしていた人々のエピソードなど、知っているようで知らない面白エピソードが多数紹介されています。沖縄への理解を深めたい、楽しみながら沖縄について学びたいという方におすすめです。

上里 隆史 (著)
出版社 ‏ : ‎ ボーダーインク、出典:出版社HP

ニッポンを解剖する! 沖縄図鑑 (諸ガイド)

名所や旧跡など「沖縄」の文化や自然を図解でわかりやすく詳細に解説したガイドブックです。他のガイドブックでは知ることのできないような情報まで、沖縄旅行で見るべきポイントをチェックすることができます。ディープな沖縄の魅力を知りたい方におすすめの一冊です。

編集室りっか (編集)
出版社 ‏ : ‎ ジェイティビィパブリッシング、出典:出版社HP

沖縄文化論―忘れられた日本

著者である岡本太郎が実際に1950年代に沖縄を旅行した際の記録を綴った旅行記です。沖縄の民俗の根源にある「悲しく美しい島民の魂」があたたかく印象的な文章で書かれています。沖縄の民俗の魅力を存分に感じられる一冊であり、現在の沖縄に住む方にもおすすめの一冊です。

岡本 太郎 (著)
出版社 ‏ : ‎ 中央公論新社、出典:出版社HP

本音で語る沖縄史

「アジアの交差点」とも言える琉球諸島に生きた人々の歴史を丁寧に解説した本です。沖縄人2世の観点から膨大な先行文献を読み解き、琉球王国が現在の沖縄になるまでの歴史を振り返ります。本格的な歴史書ですが、わかりやすい表現で書かれているため読みやすくおすすめの一冊です。

仲村 清司 (著)
出版社 ‏ : ‎ 新潮社、出典:出版社HP

沖縄経済と業界発展 ー歴史と展望ー

本書は、沖縄の経済および企業の発展に着目し、琉球時代から現在までの歴史を遡りながら解説した本です。さらなる経済発展や成長を成し遂げるためにはどうすればよいのか、現在の課題を提起し科学的根拠を踏まえながら今後の展望に言及しています。沖縄の経済事情を理解したい方におすすめの一冊です。

大城 肇 (著), 與那原 建 (著), 山内 昌斗 (著), 大城 淳 (著), 1950倶楽部 (編集)
出版社 ‏ : ‎ 厚有出版、出典:出版社HP

沖縄 島人の歴史

本書は、国際的な沖縄研究の古典的名著である「OKINAWA:The History of an Island People」の翻訳書です。アメリカ出身の研究者ジョージ・H・カーが多くの文献や資料をもとに、先史時代からの沖縄の歴史を詳細に説明しています。「沖縄」が外国人の視点からどう見えていたのか知ることのできる貴重な一冊です。

ジョージ・H・カー (著), 山口栄鉄 (翻訳)
出版社 ‏ : ‎ 勉誠出版、出典:出版社HP