「企業経営アドバイザー検定の合格を目指しているけど、どれだけ勉強すれば良いかわからなくて困っている…」

こうした疑問を持っている人もいるのではないでしょうか。

経営者の悩みに寄り添い、伴走できるスキルを習得できる試験である企業経営アドバイザー検定。この資格を取得するために必要な勉強時間がどのくらいか知りたい人も多いのではないでしょうか。

本記事では、企業経営アドバイザー検定の勉強時間について詳しく解説していきます。

 

企業経営アドバイザー検定とは、一般社団法人「日本金融人材育成協会」が主催している民間の検定試験です。幅広いビジネスパーソンを対象として、企業経営に関する実務的知識や専門知識が問われるような内容となっています。試験は、知識科目と実践科目の2種類に分かれています。どちらの科目も受験資格はなく、誰でも受験することができます。2科目に合格後、講習を受講することで資格取得の認定となります。

 

資格の科目別の勉強時間

合格に必要な勉強時間は、150~300時間程度と予想できます。このことから、資格合格に必要な勉強時間の中では平均的な時間数だと言えるのではないでしょうか。そしてこれは、知識科目と実践科目の2科目合わせた勉強時間です。合格率は、実践科目の方が低いことから、合格までに必要な勉強時間も実践科目の方が多少多いと予想できます。ですので、資格取得を目指す方は、知識科目に120~150時間程度、実践科目に150~180時間程度かけて学習を進めると良いでしょう。

 

前提知識の有無

 上記で紹介した勉強時間は、初学者の場合の目安です。既に前提知識をお持ちの人でしたら、より少ない時間で合格までたどり着ける可能性があります。例えば、中小企業診断士試験に合格している方などは、必要な勉強時間が大幅に減ります。理由としては、中小企業診断士試験と企業経営アドバイザー検定では出題される内容・分野が似ているからです。具体的には、30~50時間程度で合格までたどり着くことができるでしょう。ですので、中小企業診断士の資格を持っている方は、本検定を受験することを強くおすすめします。

 

ランキングも確認する
出典:出版社HP

必要な学習期間

では、合格までにどれくらいの期間を要するか見ていきましょう。

上記で紹介した初学者の場合の時間を参考にして、1日1時間程度の勉強を毎日行うと仮定すると、大体5か月~10か月ほどで合格することができる計算になります。科目別に具体的に見ていくと、知識科目の場合4か月~5か月程度、実践科目の場合5か月~6か月程度かかることになります。毎日の勉強が難しい人は、さらに多くの期間を要してしまいます。しかし、これらの期間より長くなると、資格取得までの期間が年単位でかかってきてしまうため、最低でもこのくらいの期間で合格できるようにしましょう。また、1日2時間、3時間と1日当たりの勉強時間を増やすことができれば、より短い期間で合格できる可能性があります。具体的には、1日2時間の勉強時間の場合、2科目合わせて2か月半~5か月程度、1日3時間の勉強時間の場合、2科目合わせて1か月半~3か月半程度の期間で合格できる可能性があります。ですので、毎日の勉強が難しい人などは、1日当たりの勉強時間をできるだけ多くしてみましょう。

 

学習スケジュール

ここでは、上記で紹介した期間を基にして、実際のスケジュールについて考えていきましょう。

まず知識科目ですが、「企業財務」、「生産管理」など全4分野から出題されます。上記の合格までの期間4か月~5か月程度を目安とすると、1分野大体1か月程度かけてじっくりと学習を進めていくことができます。そして、余った期間は苦手分野の学習や総復習などの時間に充てることをおすすめします。

次に実践科目ですが、「事業性評価」という分野から出題されます。この事業性評価の中には、「経営デザインシート」や「知的財産」など多くの分野が含まれています。ですので、一つひとつの分野に時間をかけながら丁寧に進めていきましょう。目安としては、1日1時間の勉強で半年程度です。

 

企業経営アドバイザー検定の勉強時間のまとめ

いかがでしたか。ここでは、企業経営アドバイザー検定の勉強時間についてご紹介していきました。

1日の勉強時間によって、合格までに必要な期間が変動する試験だということがわかりましたでしょうか。興味を持った

ランキングも確認する
出典:出版社HP