「企業経営アドバイザー検定の資格を取得するとどのようなメリットがあるのだろうか?また逆に、デメリットなどはあるのだろうか?」

こうした疑問を持っている人もいるのではないでしょうか。

「総合診療医」として、地域企業・経営者の悩みに寄り添い、支えるスキルを身につけることができる試験である企業経営アドバイザー検定。この資格を取得することで、どのようなメリットがあるのか。また、取得する際のデメリットはあるのか、知りたい人もいると思います。

本記事では、企業経営アドバイザー検定の取得メリット・デメリットについて詳しく解説していきます。

企業経営アドバイザー検定とは、一般社団法人「日本金融人材育成協会」によって開催されている民間の検定試験です。適切な事業性評価に基づいた経営支援力や企業経営に関する専門的知識などが問われるような内容となっています。試験は、知識科目と実践科目の2種類に分かれています。

どちらの科目も受験資格はなく、誰でも受験することができます。2科目に合格後、講習を受講することで資格取得の認定となります。

ランキングも確認する
出典:出版社HP

 

資格取得のメリットは?

では、資格を取得するメリットをいくつか紹介していきます。

まず、コンサルティング能力を身につけられることです。このコンサルティング能力というのは、コミュニケーション力とも言い換えられます。経営者との対話を通して客観的・総合的な観点でアドバイスや提案を行い、問題を解決するスキルを、本検定では習得することができるのです。これらのスキルを細かく分解すると、多くのスキルを習得できるということがわかります。具体的には、経営の知識や対話力(コミュニケーション力)、課題発見・解決力などです。これらの能力は、いずれもビジネスで必要・活用できるものになるので、習得しておいて損はないでしょう。

次に、多業種間で活躍できるということです。上記でも述べましたが、本検定はビジネスで活用できるスキル・知識を身につけられるのですが、それらはあらゆる業界・職種で役立つものなのです。これは、企業経営アドバイザーが、業種を超えた様々な経営者とのつながりでビジネスを成り立たせているためです。このように、自社のために経営に関する問題の解決に役立てられるほか、個人や企業を対象としたコンサルティング業でも活躍できる可能性があります。ですので、社会人の方は持っておいて損はない資格だと言えるでしょう。

 

資格取得のデメリットは?

では、資格取得のデメリットを見てみましょう。

取得することで得られるメリットは、いくつかあることがわかりました。デメリットなどは、資格取得までに比較的長期間を要してしまう、という点でしょうか。本検定は、1日1時間の勉強だと、合格までに約5か月~10か月程度の期間を要します。つまり、長い人だと1年近く合格までにかかってしまうということになります。

もちろん、1日の勉強時間をもう少し多くできる人や、前提知識がある人などは、より短い期間で合格までたどり着けますが、そうでない人の場合、かなり資格取得までの道のりが大変になってしまいます。ですので、そういう方にとっては、この点が資格取得の際のデメリットになるのではないでしょうか。

企業経営アドバイザー検定のメリット・デメリットのまとめ

いかがでしたか。今回は、企業経営アドバイザー検定のメリット・デメリットについて紹介しました。
この資格のメリット・デメリットについて理解が深まったでしょうか。興味がある人は是非この機会に、取得を目指してみてはいかがでしょうか。

ランキングも確認する
出典:出版社HP