「企業経営アドバイザー検定に合格したいけど、独学で合格できるのだろうか…?受験するうえで、講座の受講はしておいた方が良いのか?」

こうした疑問を持っている人もいるのではないでしょうか。

「総合診療医」として、地域企業・経営者の悩みに寄り添い、支えるスキルを身につけることができる試験である企業経営アドバイザー検定。本資格の講座の有無や、必要性について知りたい人も多いのではないでしょうか。

今回の記事では、そんな企業経営アドバイザー検定の講座について紹介していきます。

 

企業経営アドバイザー検定とは、一般社団法人「日本金融人材育成協会」が主催している民間の検定試験です。年2回、全国6か所で開催されています。適切な事業性評価に基づいた経営支援力や企業経営に関する専門的知識などが問われるような内容となっています。試験は、企業財務や生産管理などの知識が問われる知識科目と事業性評価が試験分野の実践科目の2種類に分かれています。2科目に合格後、講習を受講することではじめて資格取得の認定となります。

ランキングも確認する
出典:出版社HP

 

 

講座はあるのか?

ここでは、講座について詳しく紹介していきます。

企業経営アドバイザー検定には、TACが行っている公式の試験対策講座が存在します。

対策講座には全部で3つの種類があり、それぞれ講座内容と講座受講の目的が明確に決められています。TACの公式講座は、フルパック/知識・実践科目パック/オプション講義の3コースです。どのコースも、通信講座・教室講座・ビデオブース講座の3つの形態があります。フルパックは、確実に合格を目指すコースとなっており、経営知識を効率よく学びながら、試験に頻出する重要論点を学べるような内容になっています。知識・実践科目パックは、経営知識を効率よく学べるような内容となっています。オプション講義は、問題演習をしながら、確かな解法テクニックを習得できるような内容になっています。このように、各コースで学べる内容が異なっているので、自身の理解状況や講座受講で何を習得したいかなどで、最適なコースを選ぶと良いでしょう。

 

講座を受ける必要はあるのか?

上記で講座の概要について紹介しましたが、必ずしも受講しなければいけないというわけではありません。自身の持っている知識の程度や試験分野の理解状況に応じて、受講の有無を決めると良いでしょう。しかし、本検定は、2科目とも簡単に合格できるものではないため、独学で不安な人は講座を検討してみると良いでしょう。ただ、受講料などがかかってきてしまうので、そこは自身の判断で受講するか否か決めることをおすすめします。もちろん、独学での合格に自身がある人や、前提知識などをお持ちで余裕のある人は、無理に講座を受講する必要はありません。

 

企業経営アドバイザー検定の講座のまとめ

いかがでしたか。今回の記事では、企業経営アドバイザー検定の講座について紹介しました。

効率的に試験範囲を学習し、合格をしたい方や、試験範囲の内容について理解を深め、自身の知識をブラッシュアップしたい人は、是非受講を検討してみてはいかがでしょうか。

ランキングも確認する
出典:出版社HP