【うかる! 証券外務員一種 必修テキスト】
フィナンシャルバンクインスティチュート (編集)
出版社 ‏ : ‎ 日本経済新聞出版 (2021/9/16)、出典:出版社HP

フィナンシャルバンクインスティチュート (編集)
出版社 ‏ : ‎ 日本経済新聞出版 (2021/9/16)、出典:出版社HP

フィナンシャルバンクインスティチュート (編集)
出版社 ‏ : ‎ 日本経済新聞出版 (2021/9/16)、出典:出版社HP

フィナンシャルバンクインスティチュート (編集)
出版社 ‏ : ‎ 日本経済新聞出版 (2021/9/16)、出典:出版社HP

【うかる! 証券外務員一種 必修問題集】
フィナンシャルバンクインスティチュート (編集)
出版社 ‏ : ‎ 日本経済新聞出版 (2021/9/16)、出典:出版社HP

フィナンシャルバンクインスティチュート (編集)
出版社 ‏ : ‎ 日本経済新聞出版 (2021/9/16)、出典:出版社HP

フィナンシャルバンクインスティチュート (編集)
出版社 ‏ : ‎ 日本経済新聞出版 (2021/9/16)、出典:出版社HP

 

 証券会社や銀行で働いている銀行員であれば取得しなければいけない証券外務員資格を知っていますか。この資格は、金融機関や保険会社などで、金融商品(預金や株式や各種保険などが含まれる)の勧誘などの営業活動、あるいは証券取引を行うために不可欠なものです。

今回の記事では、そんな証券外務員の資格試験の過去問について詳しく紹介していきます。

証券外務員の資格

まず、証券外務員とはなにか、外務員資格がどのようなものなのかを簡単に説明します。

上記でも述べた通り、証券外務員の資格は証券会社や銀行で働いている多くの人が取得しているものです。証券外務員は、証券会社や銀行や保険会社などの金融機関で金融商品の取引を担当しており、顧客に対して金融商品の勧誘などの営業活動や商品説明を行っています。

そしてこの証券外務員になるためには、外務員資格試験を受験する必要があります。この試験に合格し、日本証券協会へ外務員登録申請を行い、登録を受けることで初めて外務員として活動することが可能になります。金融機関に勤める中で、専門的な知識を生かして金融商品に関するアドバイスに携わる際などに、この外務員資格を取得しておくことが必要です。

ランキングも確認する
出典:出版社HP

 

 

外務員試験の概要

次に、外務員試験の概要について詳しく紹介していきます。

まず、証券外務員の資格ですが、「二種」と「一種」の2種類があります。この2つの大きな違いは、「取り扱える金融商品の幅の広さ」です。二種外務員は、株式や国債等の現物を扱うことが出来ます。一方で、一種外務員は二種外務員が行える業務に加えて、「信用取引」「デリバティブ」の取引・勧誘が可能になります。つまり、一種外務員は金融商品取引に関するすべての金融商品を取り扱うことが出来る、ということです。

また、外務員試験は一種・二種ともに受験資格は特になく、年齢・性別・学歴等に関係なく誰でも受験することが出来ます。そして、以下が試験概要の詳細となります。

外務員試験の過去問はあるの?

では、外務員試験の過去問について紹介していきます。結論から言ってしまうと、外務員試験の過去問はありません。というより、過去問が存在しない、という言い方の方が正しいかもしれません。これには理由があります。外務員の試験は、ほぼ毎日全国の試験会場に設置されているパソコンで実施されます。しかし、この際に同じ会場で同時に受験をしていたとしても異なる問題が出題されます。これは、問題パターンがパソコンごとに自動で選択されているからです。ですので、「過去問」というものは存在しないのです。

ただ、過去問の代わりに予想問題や必修問題を網羅した参考書はあります。外務員試験は、実際の試験で出題される問題の種類やパターンには限りがあります。したがって、問題集や参考書を活用しながら学習し、試験に臨めば、合格できる可能性は十分にあるでしょう。

証券外務員の過去問についてのまとめ

いかがでしたでしょうか。以上が、外務員資格試験の過去問についてでした。

証券外務員は、証券会社で働いている人や、証券業務に関わる人は必ず取得しておかなければならない資格であり、金融業界ではニーズも高く価値のある資格です。

是非この機会に、取得に向けて勉強してみてはいかがでしょうか。

ランキングも確認する
出典:出版社HP

 

関連記事