【うかる! 証券外務員一種 必修テキスト】
フィナンシャルバンクインスティチュート (編集)
出版社 ‏ : ‎ 日本経済新聞出版 (2021/9/16)、出典:出版社HP

フィナンシャルバンクインスティチュート (編集)
出版社 ‏ : ‎ 日本経済新聞出版 (2021/9/16)、出典:出版社HP

フィナンシャルバンクインスティチュート (編集)
出版社 ‏ : ‎ 日本経済新聞出版 (2021/9/16)、出典:出版社HP

フィナンシャルバンクインスティチュート (編集)
出版社 ‏ : ‎ 日本経済新聞出版 (2021/9/16)、出典:出版社HP

【うかる! 証券外務員一種 必修問題集】
フィナンシャルバンクインスティチュート (編集)
出版社 ‏ : ‎ 日本経済新聞出版 (2021/9/16)、出典:出版社HP

フィナンシャルバンクインスティチュート (編集)
出版社 ‏ : ‎ 日本経済新聞出版 (2021/9/16)、出典:出版社HP

フィナンシャルバンクインスティチュート (編集)
出版社 ‏ : ‎ 日本経済新聞出版 (2021/9/16)、出典:出版社HP

 

 皆さんは、証券外務員資格を知っていますか。証券外務員資格は、証券会社や銀行などの金融機関で、即戦力となる為非常に需要の高い価値のある資格です。またこの資格は、金融機関や保険会社などで、金融商品(預金や株式や各種保険などが含まれる)の勧誘などの営業活動、あるいは証券取引を行うために不可欠なものです。

本記事では、そんな証券外務員の種類やその違いについて詳しく紹介していきます。

 

ランキングも確認する
出典:出版社HP

「二種」と「一種」について

次に、外務員試験の概要について詳しく紹介していきます。

まず、証券外務員の資格ですが、「二種」と「一種」の2種類があることはご存じでしょうか。この2つの違いについては別途紹介しますが、一番大きな違いは、「取り扱える金融商品の幅の広さ」です。

また、外務員試験は一種・二種ともに受験資格は特になく、年齢・性別・学歴等に関係なく誰でも受験することが可能です。そして、以下が試験概要の詳細です。

  一種試験 二種試験
出題形式 〇×問題:70問

五肢択一選択方式:30問

〇×問題:50問

五肢択一選択方式:20問

合計問題数 100問 70問
合格基準 308点以上(440点満点) 210点以上(300点満点)
試験時間 160分 120分
試験会場 全国の各都道府県の会場
試験日 ほぼ毎日(土日祝日を除く)
受験料 10,323円(税込)

証券外務員一種・二種の違い

それではここで、証券外務員の一種・二種の違いについて紹介していきます。

上記で説明した通り、証券外務員の資格は「二種」と「一種」の2種類が存在します。この2つは、それぞれ取り扱える金融商品の種類が違います。二種外務員は、株式や国債等の現物を扱うことが出来る一方、一種外務員は二種外務員が行える業務に加え、「信用取引」「デリバティブ」の取引・勧誘が可能になります。これにより、金融商品取引に関するすべての金融商品を取り扱うことが出来るようになる、というわけです。

以下に、その違いを表にしてまとめたのでご覧ください。

種類 特徴
二種外務員 株式・公社債・投資信託などの現物を扱うことが可能
一種外務員 二種外務員が行える業務に加え、信用取引・デリバティブ取引などリスクの高い商品も含め、金融商品取引に関するすべての金融商品を取り扱うことが可能

また、一種と二種では試験の出題範囲も違ってきます。こちらも表にしてまとめたので、ご覧ください。

証券外務員二種 証券外務員一種
出題範囲 「法令・諸規則」「商品業務」「関連科目」 二種の範囲+「デリバティブ取引」

そして、試験の出題内容も二種は基礎的な知識が求められるのに対し、一種は実務的で専門的な知識が求められます。このほかにも、この記事の試験概要で記載している通り、問題数や合格基準、試験時間など一種と二種では様々な違いがあります。

証券外務員の一種・二種の違いのまとめ

いかがでしたでしょうか。以上、証券外務員一種・二種の違いについて紹介しました。

証券外務員は、証券会社で働いている人は必ず取得する必要のある資格であり、金融業界ではニーズも高く、価値のある資格の一つです。

興味がある人は是非この機会に、取得に向けて勉強してみてはいかがでしょうか。

ランキングも確認する
出典:出版社HP

 

関連記事