「ビジネスマネジャー検定はどのくらいの難易度なのだろう?」

このような疑問を持っている人もいるのではないでしょうか。

あらゆるマネジャーが共通して身につけておくべき重要な知識を習得するための試験である、ビジネスマネジャー検定。この資格の難易度がどのくらいのものか知りたい人もいるのではないでしょうか。

本記事では、ビジネスマネジャー検定の難易度について詳しく解説していきます。

 

ビジネスマネジャー検定は、2015年より開始された、東京商工会議所が実施する民間の検定試験です。年2回開催されています。管理職に就いている人や管理職になる予定のある人が対象で、組織の管理・運営・マネジメント能力などを身に付けることを目的として行われます。難易度別の等級はありませんが、受験資格は、試験当日に日本国内に居住している方、という規定があります。

 

試験の概要について

試験の概要については、以下の表の通りです。

 

試験方式 多肢選択マークシート方式
満点 100点
合格基準 70点以上
試験時間 120分
試験日程 年2回(6月・11月)
試験会場 全国主要都市
受験料 6,600円(税込)

 

試験の合格率

試験の近年の合格率を以下の表にまとめたので、ご覧ください。

 

受験者数 合格者数 合格率
2021年度 4,051人 2,535人 62.6%
2020年度 6,050人 2,644人 43.7%
2019年度 10,777人 5,896人 54.7%

 

こちらの表は、東京商工会議所が公開している公式の合格率データです。直近3年分の合格率を平均すると約50%の合格率になります。このことから、合格率は普通だと言えるでしょう。年によっては、合格率が6割を超えている場合や、半分の5割を切っている時など、多少の変動があることも確認できます。また、2015年に始まったばかりの試験ということもあり、合格率のデータが多くないため、これから合格率が大きく変動していく可能性は十分にあります。

 

試験の難易度

上記で示した合格率から、難易度はそこまで高いものではないと言えるでしょう。また、受験資格も日本に在住している、ということだけであり比較的誰でも挑戦できる資格なので、受験者全体のレベルが高いということもありません。したがって、合格するのはそこまで難しくないと言えます。しかし、上記でも述べた通り、最近始まった試験であるため、これから難易度が変化していく可能性は多いにあります。試験の実施回数が増えていくにつれ、評判や難易度がより詳しく知れることになるでしょう。

 

ビジネスマネジャー検定の難易度のまとめ

いかがでしたか。ここでは、ビジネスマネジャー検定の難易度についてご紹介していきました。

合格率は普通で、難易度はそこまで高くない試験だということがわかりましたでしょうか。この機会に興味を持った人は、是非取得に向けて学習してみてはいかがでしょうか。