「ビジネスマネジャー検定の合格を目指しているけど、どれだけ勉強すれば良いかわからなくて困っている…」
こうした疑問を持っている人もいるのではないでしょうか。

すべてのマネジャーが共通して身につけておくべき、組織の管理・運営のスキルやマネジメント能力などを習得するための試験である、ビジネスマネジャー検定。この資格を取得するために必要な勉強時間がどのくらいのものか知りたい人も多いのではないでしょうか。

本記事では、ビジネスマネジャー検定の勉強時間について詳しく解説していきます。

 

ビジネスマネジャー検定は、東京商工会議所が主催している民間の検定試験です。2015年7月に第一回試験が始まり、現在は年2回開催されています。

管理職として働いている人や管理職になりたいという希望がある人が対象で、組織の管理・運営能力や、上司や外部との関わり方などを身に付けることを目的として行われます。難易度別の等級はなく、受験資格は、試験当日に日本国内に居住している方、という規定が設けられています。

 

合格に必要な勉強時間

合格に必要な勉強時間は、50~60時間程度と予想できます。この検定には難易度別の等級がないため、この勉強時間に特に変動はありません。難易度が、そこまで高い試験ではないため、合格に必要な勉強時間も比較的少ないと言えるでしょう。

多くても60時間程度の勉強時間で済むため、仕事で忙しい社会人などでもしっかりと合格を狙える試験だと言えます。また、受験資格のレベルも特に高くないため、比較的誰でも取り組みやすい資格でしょう。

 

前提知識の有無

上記で紹介した勉強時間は、初学者の場合の目安です。既に管理職としての経験がある方や、ある程度の知識がある人でしたら、上記で紹介した時間よりも少ない勉強時間で合格できるでしょう。具体的には、初学者の合格に必要な勉強時間の半分である、30時間程度で合格が可能です。しかし、近年の試験では、時事に関する問題が出題されるため、普段からニュースや新聞、雑誌などから情報収集する必要があると言えます。

 

必要な勉強期間

では、合格までにどれくらいの期間を要するか見ていきましょう。

1日2時間程度の勉強を毎日行うと仮定すると、初学者の場合、大体1か月ほどで、前提知識がある人の場合、大体2週間ほどで、それぞれ合格することができる計算になります。

ただし、これは毎日勉強を続けた場合なので、普段忙しく毎日の勉強が難しい場合は、より多くの期間を要してしまいます。しかし、1日1時間程度の勉強時間、または毎日勉強することが出来なくても、初学者であれば2か月ほどで、前提知識がある人であれば1か月ほどで、それぞれ合格することができるでしょう。

ですので、そこまで長期間を必要とする試験ではなく、だれでも気軽に挑戦できる試験・資格だということです。

学習スケジュール

ここでは、上記で紹介した1か月の期間を基にして、試験勉強の実際のスケジュールについて考えていきましょう。

ビジネスマネジャー検定には、試験範囲が大きく分けて4つあります。

「マネジャーの役割と心構え」・「人と組織のマネジメント」・「業務のマネジメント」・「リスクのマネジメント」の4つであり、これらは公式テキストから出題されることが多いです。また、これに加えて時事問題が出題されます。ですので、各分野について公式テキストを活用しながら1週間程度かけて進めていき、1か月程度で全範囲の学習が終わるように計画を立てると良いでしょう。

また、これら4つの出題範囲の学習と並行して時事問題の知識を身に着ける必要があります。時事問題は、日頃からニュースや新聞に触れ、継続してその知識を習得していくことをおすすめします。

ビジネスマネジャー検定の勉強時間のまとめ

いかがでしたか。ここでは、ビジネスマネジャー検定の勉強時間についてご紹介していきました。
初学者でも、比較的短期間で合格を目指すことができる、取り組みやすい試験だということがわかりましたでしょうか。興味を持った人は、是非この機会に取得に向けて勉強してみてくださいね。