「ビジネスマネジャー検定の資格を取得するとどのようなメリットがあるのだろうか?また逆に、デメリットなどはあるのだろうか?」
こうした疑問を持っている人もいるのではないでしょうか。

すべての管理職の方が共通して身につけておく必要がある、組織のマネジメントスキルなどを習得するための試験である、ビジネスマネジャー検定。この資格を取得することで、どのようなメリットがあるのか。また、取得する際のデメリットはあるのか、知りたい人もいると思います。

本記事では、ビジネスマネジャー検定の取得メリット・デメリットについて詳しく解説していきます。

 

ビジネスマネジャー検定は、東京商工会議所が主催している民間の検定試験です。2015年から始まり、毎年2回ずつ開催されています。管理職に就いている人や管理職になりたいという希望がある人が対象で、組織の管理・運営能力や、上司や外部との関わり方などを体系的に学ぶことを目的として行われます。

難易度別の等級はなく、受験資格は、試験当日に日本国内に居住している方、という規定のみなので、基本的には誰でも受験できます。

 

資格取得のメリットは?

では、資格を取得するメリットをいくつか紹介していきます。
まず、資格取得することでマネジメントスキルを身に着けることができます。この能力を習得することで、組織の運営や管理ができるようになり、リーダーとしての素質を身に着けることができます。つまり、あらゆる業種においてプロジェクトを率いる立場の人にはとても価値がある資格と言えます。

また、管理職として何かの問題に対処しなければならない時など、マネジメントの知識・ノウハウがあればスムーズに対応することができるでしょう。このように、資格取得がそのまま業務に活かせるというのは、ひとつの大きなメリットと言えます。

次に、資格取得することで昇進につながることです。近年では、管理職に昇進する際にビジネスマネジャー検定の取得を求める企業もあります。管理職希望として働いている人が対象の試験ということもあり、これらの地位で働くためには、この資格の取得が必要になるのでしょう。

ですので、昇進したい人、管理職という地位につきたい人などは、役立つと言えます。

 

資格取得のデメリットは?

では、資格取得のデメリットを見てみましょう。

取得することで得られるメリットは、いくつかあることがわかりました。しかし、比較的新しい試験・資格なので、知名度が低く、資格としての価値がそこまで高くないというデメリットが挙げられます。冒頭でも述べた通り、2015年から始まった試験なので、まだ世間に浸透している資格ではありません。

そうすると、企業によっては資格取得にそこまで価値を見出さないかもしれません。つまり、資格取得が、転職や昇進に有利に働かなくなる可能性が出てくるのです。

このようなデメリットがある資格ではありますが、今後はどうなるかはまだわかりません。知名度が上がっていき、注目されるようになり、資格取得の価値が現在より上がる可能性もあります。

 

ビジネスマネジャー検定のメリット・デメリットのまとめ

いかがでしたか。今回は、ビジネスマネジャー検定のメリット・デメリットについて紹介しました。
この資格のメリット・デメリットについて理解が深まったでしょうか。興味がある人は是非この機会に、取得を目指してみてはいかがでしょうか。