【中身/目次を早速確認する】

「イノベーター」で読む アパレル全史

ファッションの歴史や、その時代ごとのアパレルの在り方について学ぶことができる本です。時代時代のイノベーターと呼ばれるようなデザイナー・クリエイターたちを切り口として19世紀から21世紀までのアパレル業界の歴史を読み解いています。ビジネスパーソン向けに書かれているので、アパレル業界内外どちらの人にもオススメです。

中野 香織
出版社 : 日本実業出版社、出典;出版社HP

役に立つアパレル業務の教科書 生産、調達から店舗、ECまで システムエンジニアから営業まで、コンサルティングセールスを成功させるために理解しておきたい知識

アパレルのことをよく知らない人でも、業界の仕組みをよく理解できる1冊です。業界に30年携わるスペシャリストが販売の基礎から丁寧に解説しており、流通の川上から川下までしっかりと全体の流れを理解することができます。アパレル業界について興味を持った方は、まずこの本で全体を把握してみるのはいかがでしょうか?

ファッション業界大研究

様々な業界を研究して1冊にまとめる入門書シリーズのアパレル業界バーションです。ファッション業界入門の定番書でもあり、業界の仕組みやデジタルとの融合について着目しています。コロナ禍以前に出版されたものなので最新のマーケティングとは異なりますが、元々のアパレル業界の常識を知る上では貴重な一冊になります。

ファッション&ソフトマーケティング研究会
出版社 ‏ : ‎ 産学社、出典;出版社HP

図解即戦力 アパレル業界のしくみとビジネスがこれ1冊でしっかりわかる教科書

優しくわかりやすく業界のしくみを知ることができる業界研究本のアパレル業界版です。オールカラー&見開き2ページに1テーマと見やすいレイアウトなので、何度も読み返して知識をつけることができます。アパレル業界に興味のある学生は、就活に向けた基礎知識としてぜひ読んでおきたい1冊です。

図解入門業界研究 最新アパレル業界の動向とカラクリがよ~くわかる本

M&A化が本格化しだした2010年代のアパレル業界について、客観的まとめている一冊です。フリマやECサイトの存在がまだまだ希薄だった頃の業界を客観的に知ることができる本です。アパレル業界の基礎知識から流通構造などの仕事の仕組みに加えて、求められる人材像や今後の展開について幅広く解説されています。

アパレル・サバイバル

ITの参入をきっかけに変わりつつあるアパレル業界の中でも、ファストファッションを中心に解説する本になります。アパレル業界を取り巻くフリマやサブスクといった周辺サービスの充実に着目しながら、これからの流れについて考察を深めています。業界人からマーケティングに興味を持ったアパレル初心者でも一読の価値ありです。

齊藤 孝浩
出版社 ‏ : ‎ 日本経済新聞出版、出典;出版社HP

アパレルに未来はある

現状打破に悩むアパレル業界人の参考になるヒントが載っている一冊。コロナ禍により業界全体が落ち込み始めているアパレル業界について、今一度盛り上げるためにはどんなことが必要なのかを考える本です。アパレルが復興していくために乗り越えるべき壁や、それを乗り越えた変革者たちの行動について詳しく知ることができます。

川島蓉子
出版社 ‏ : ‎ 日経BP、出典;出版社HP

アパレルの終焉と再生

アパレル業界人・アパレル業界を目指す就活生にオススメの、アパレル業界の内外環境がよくわかる一冊。ファッションマーケティングの第一人者による、大きく変容したアパレル業界の生き残り方法を探る本です。コロナ禍での業界の在り方について俯瞰的に数値化された話が出てくるので、現状の整理と未来予測を行うことができます。

小島 健輔
出版社 ‏ : ‎ 朝日新聞出版、出典;出版社HP

誰がアパレルを殺すのか

アパレル業界が不振になったきっかけは、決してコロナだけではないとわかる本です。経済誌の若手記者がアパレル業界を詳しく取材・分析をしてまとめた1冊で、なぜ服が売れない状況が作られたのかを知ることができます。厳しい現状の分析と、その状況下でも成長することができた企業の紹介から業界再生のきっかけを提案しています。

杉原 淳一 染原 睦美
出版社 ‏ : ‎ 日経BP、出典;出版社HP

ZARA、ユニクロ圧勝の秘密を明かす 生き残るアパレル 死ぬアパレル

元々暗黒時代と言われていたアパレル業界が、コロナ禍を経てどのように生き残るべきかについて述べた本です。アパレル業界をよく知る著者が「アパレルの最重要課題はブランドの構築」と主張しており、成功のための原理原則について詳しく解説しています。細かいデータや具体例などは省略されつつも、業界人向けに生き残り戦法を説く一冊となっています。

河合 拓
出版社 ‏ : ‎ ダイヤモンド社、出典;出版社HP

 
 
 
 
 

【他のビジネステーマも確認する】