エネルギー管理士は意味はないと様々なところで書かれているときもありますが一体どうなのでしょうか。

そこで今回は、本当にエネルギー管理士の資格は取得する意味がないのか、なぜ意味ないと言われてしまうのかといった内容を詳しく見ていきたいと思います。

ランキングも確認する
出典:出版社HP

 

 

エネルギー管理士が意味ないと言われる理由

エネルギー管理士が意味のない資格と言われる理由の一つとして、保有しているだけでは就職や転職で有利になりにくいといった点が挙げられます。

エネルギー管理士は主に工場などに置かれますが、必要とされる数は固定であり、需要が大きく増加することはほとんどありません。また、異動や退職による欠員が出ても社員に資格を取得させる場合が多く、外部からは滅多に採用されません。

そのため、就職や転職といった観点から見るとあまり役に立たない資格という評価になってしまうのだと考えられます。

 

 

エネルギー管理士のメリット

エネルギー管理士の資格取得のメリットとしては、昇給の可能性があるという点が挙げられます。

前述の通り、エネルギー管理士の枠に空きが生じた場合、社内で募集される場合が多いです。その際に資格を保有していれば候補となることができます。

エネルギー管理士はエネルギー使用の管理・監督などを主な業務としますので、責任も大きく、昇給を伴う場合が多いです。

また、エネルギー系のコンサルタントとして働きたいと考えている方におすすめの資格です。

省エネコンサルタントといった職種では、エネルギーのムダを減らすための分析、改善方法の提示を行いますが、業務内容がエネルギー管理士と似ているため、資格勉強で得た知識は十分に役立てられます。

 

 

エネルギー管理士を取得する必要性についてのまとめ

今回は、エネルギー管理士の資格が意味がないと言われてしまう理由や、取得のメリットについてまとめてきました。

エネルギー管理士は、就職や転職の観点から役に立たないと言われてしまうこともありますが、その他の側面からは十分にメリットのある資格だと思います。

是非この機会に取得を検討してみてはいかがでしょうか。

 

ランキングも確認する
出典:出版社HP