【早速目次/中身を確認する】

 

メタバースの書籍の選び方

メタ(meta-)とユニバース(universe)を合成したメタバースは簡単に言うとインターネットでの三次元の仮想空間社会となります。この空間の中では他の利用者とともに交流したり、コミュニティを作り、経済活動も含めた生活の一部として行います。このメタバースについて基礎から理解できる書籍から、ビジネスにも取り込まれている最前線の状況を知れる書籍があり、ぜひ確認していて下さい。

 

60分でわかる! メタバース 超入門

ゲームの世界だけでなく、様々なところに普及が始まっているメタバースについて、どのようなもので何を目指しているのかを紹介している本です。これまでの実例やビジネスに発展していった実例を紹介しながら、今後ビジネスとして広がっていくであろう情報を提供してくれます。

武井 勇樹 (著)
出版社 ‏ : ‎ 技術評論社、出典:出版社HP

世界2.0 メタバースの歩き方と創り方

メタバースとはなんなのか?漠然としすぎて理解がしづらいメタバースに「インターネットが2次元から3次元へ進化したもの」という視点を入れて解説し、将来の展望を描いた本です。視空間と生態系というキーワードを用いながら、メタバースそのものと、その可能性について論じていきます。

佐藤 航陽 (著)
出版社 ‏ : ‎ 幻冬舎、出典;出版社HP

メタバース さよならアトムの時代

実際にメタバース事業を行っている著者が、肌で感じている文章で解説するメタバースの教科書的一冊です。メタバースとはなんなのか?というシンプルな問いかけに、歴史的・技術的な面から答えてくれる本となっています。読みやすい文章で、メタバースの全体像を俯瞰して理解することができます。

加藤直人 (著)
出版社 ‏ : ‎ 集英社、出典;出版社HP

メタバース 完全初心者への徹底解説: 2021年 仮想世界を巡る百花繚乱時代

2021年の段階で最前線の状況と共にメタバースを基礎から理解できる本です。完全初心者に向けて、専門用語やハードの周辺機器なども網羅して、わかりやすく解説しています。ガラケーからスマホになった時に戸惑った方などにも理解できる内容で、コンパクトにまとめられています。

メタバースとWeb3

メタバース・web3といった新しい概念について想像がつかない人に向けて、わかりやすく解説を行なっている本です。インターネットやスマートフォンの普及のように、これからの時代に当たり前になるかもしれないメタバースについて、少しでも知識を入れておきたい方にはオススメの1冊になります。

國光 宏尚 (著)
出版社 ‏ : ‎ エムディエヌコーポレーション、出典;出版社HP

メタバース進化論――仮想現実の荒野に芽吹く「解放」と「創造」の新世界

2017年末からカルト的な人気を誇るVtuberによるメタバースの解説本です。2017年ごろからすでに仮想空間の可能性に目をつけて行動を起こしていた著者が、用語解説にも徹底しながら初心者でもわかるようにメタバースの概要や、実際に使用できるプラットフォームの解説などを行なっています。

バーチャル美少女ねむ (著)
出版社 ‏ : ‎ 技術評論社、出典;出版社HP

メタバースとは何か ネット上の「もう一つの世界」

メタバースとはなんなのか?漠然としすぎて理解がしづらいメタバースに「インターネットが2次元から3次元へ進化したもの」という視点を入れて解説し、将来の展望を描いた本です。視空間と生態系というキーワードを用いながら、メタバースそのものと、その可能性について論じていきます。

岡嶋 裕史 (著)
出版社 ‏ : ‎ 光文社、出典;出版社HP

日本一かんたんメタバース超入門 ブルーオーシャン ネット地主になる3ステップ

メタバースについてざっくり知りながら、その中で収入を得るための方法を紹介する本です。まだまだ活用している人の少ないメタバース事業についていち早く理解することで、事業の先駆者特権を得ることを勧めています。メタバースの可能性や今後どのように日常に反映されているかについてあのしく学びたい方にはおすすめの1冊です。

未来ビジネス図解 仮想空間とVR〈メタバース〉

主にVRについて体系的にまとめられており、これからメタバースと融合していかに発展していくかを窺い知ることができる1冊です。V R界隈のキーパーソンへのインタビューは、今後ビジネスとしてV Rメタバースに触れる可能性のある方には必読ともいえる内容になっています。

株式会社往来 (著)
出版社 ‏ : ‎ エムディエヌコーポレーション、出典;出版社HP

 
 
 
 
 

【他のビジネステーマも確認する】