近年、スマート化が進んでいる住まいや暮らしに関するスペシャリストのことを、「スマートマスター」と呼びます。スマートハウスのプロフェッショナルとして働くには、「スマートマスター」という資格の取得が必要となります。

 

ランキングも確認する
出典:出版社HP

スマートマスターの資格難易度や試験概要は、一体どのようなものなのでしょうか。

 

本記事では、スマートマスターに合格するためにおすすめの参考書を詳しくご紹介していきます。

 

スマートマスターの概要

スマートマスターとは、スマートハウスのスペシャリストのことを意味します。住宅に関する知識だけでなく、家電製品やエネルギーマネジメントに関する技術や商品の動向を理解し、横断的な知識を使って消費者のニーズに合ったスマートハウスの構築を支援します。一般財団法人である家電製品協会が実施している資格試験です。

 

スマートハウスの基礎 スマートハウスを支える機器・技術の基礎
試験時間 55分
問題数 15問 200点満点
合格基準 70%以上
試験方式 CBT
受験料 2科目9,400円(1科目6,200円)

 

スマートマスターは「スマートハウスの基礎」「スマートハウスを支える機器・技術の基礎」という2科目の試験で構成されています。こちらの2科目をどちらとも合格することによって、スマートマスターという資格の認定がされます。

 

スマート基礎ではスマートハウス概論からスマートハウスコア知識、スマートハウスを支える機器・技術の基礎ではスマートハウスを構成する各種機器やサービスおよびCS関連法規についての理解度が問われます。

 

受験資格は特になく、どなたでも受験することが可能です。試験日程は、原則毎年3月と9月に実施されています。

 

またいずれかの科目合格者に関しては、その後の2回(1年以内)の受験時に、合格した科目の試験が免除されます。

 

同団体が運営している家電製品総合アドバイザーあるいは家電製品総合エンジニアの資格保有者に関しては、「スマートハウスを支える基礎・技術の基礎」の試験が免除されます。さらに、「AV情報家電」「生活家電」の両資格を保有している場合にも「スマートハウスを支える基礎・技術の基礎」が免除されます。

 

スマートマスターの資格の有効期間は、5年間となっています。

 

スマートマスターの対策ポイント

スマートマスターの合格率は、30%ほどです。合格率を見る限りやや難しい資格であるように思えますが、しっかりと勉強することで合格は望めます。勉強期間の目安は、2か月ほどです。

 

スマートマスターに合格するための対策ポイントを見ていきましょう。

 

まずは、参考書を購入しましょう。最初の1か月で参考書を1~2周しましょう。

 

テキストでの学習が終わり次第、過去問題集で演習を繰り返しましょう。類題が出題されることが多いため、過去問演習は試験対策として非常に役立ちます。1か月で参考書を用いてインプットし、残りの1か月で演習をしながらアウトプットするというやり方がおすすめです。

 

スマートマスターのおすすめ参考書 – 合格体験記からも

それでは、スマートマスターを独学する上でおすすめ参考書・問題集3選を紹介します。

ランキングも確認する
出典:出版社HP

 

 

1.スマートマスタースマート化する住まいと暮らしのスペシャリスト

 

スマートマスターの公式テキストです。スマートマスターを取得する上で必要な「スマートハウスの基礎」と「スマートハウスを支える機器・技術の基礎」の2科目の内容が収載されています。具体的な事例や最新情報も扱われているため、実務に役立つ知識が身に付く参考書です。

 

2.スマートマスター資格問題&解説集

 

スマートマスターの公式の問題集です。2科目各15問、全30問に関しての解答のポイントが丁寧に解説されています。スマートマスター資格試験の問題の傾向を掴むことができるため、試験対策の総仕上げにおすすめの1冊です。

 

3.家電製品教科書 スマートマスター テキスト&問題集 スマートハウスと家電のスペシャリスト

 

テキストと問題集が一体となっているため、スマートマスターの最短合格が目指せる試験対策書です。出題傾向に沿って試験に問われるポイントがわかりやすく解説されているため、効率よく学習を進めることができます。合格に必要な知識が確実に身に付く1冊です。

 

公式のテキストが「1」、公式の問題集が「2」となっています。1と2の併用がおすすめですが、1冊で試験対策をしたいとお考えの方には「3」がおすすめです。

 

スマートマスターのおすすめ参考書のまとめ

いかがでしたか。ここでは、スマートマスターの合格を目指す上でおすすめの参考書・問題集3選を解説してきました。

 

スマートハウス関連のビジネスに携わっている方だけでなく、エネルギーや住宅関連の業界を志望している学生の方も、ぜひ取得に向けた勉強を始めてみてはいかがでしょうか。

ランキングも確認する
出典:出版社HP