家電製品協会が主催する資格には、「スマートマスター」「家電製品アドバイザー」「家電製品エンジニア」の3つがあります。どれも家電に関する知識を身につけられる資格ですが、それぞれの試験の違いはどのようなものなのでしょうか。

そこで、本記事ではこの3つの資格についての比較をしていきます。

 

スマートマスターの特徴

ランキングも確認する
出典:出版社HP

 

スマートマスターはスマートハウスについてのスペシャリストです。

家電製品アドバイザーやエンジニアはAV情報家電・生活家電に関する知識が求められますが、スマートマスターはスマート化する住宅全体の知識が必要になります。

そのため試験では、最新の技術を駆使した住宅設備や家電製品、家の構造まで問う問題が出題されます。

 

家電製品アドバイザーの特徴

ランキングも確認する
出典:出版社HP

 

家電製品アドバイザーは家電製品の知識に加え、販売や接客についてのスキルを証明する資格です。

商品知識や取扱いについての基礎知識や4K放送や動画配信サービスの視聴方法、5Gといった最新の通信規格について学習していきます。

また、家電製品の知識だけではなく、顧客満足度を向上させるための言葉遣いや接客マナーなども家電製品アドバイザーには必要です。

 

家電製品エンジニアの特徴

ランキングも確認する
出典;出版社HP

 

家電製品エンジニアは家電製品の動作原理を理解し、診断や処置が適切に行うプロフェッショナルです。

基本的な技術だけでなく最新の技術まで学ぶことができる試験なので、家電の設置からトラブル対応、先端技術の応用など、家電製品エンジニアの活用の幅は広いです。

 

3つの資格が対象としている人

資格の特徴ごとに、取得に向いている人が異なります。

スマートマスターは、住宅メーカーや家電販売店、リフォーム業者などで働いている人におすすめです。住宅自体への知識も必要な資格なので、他の2つの資格よりも幅広い仕事に役立ちます。

家電製品アドバイザーは、家電販売店などで家電を販売している人に役立ちます。接客や販売技術はこの資格でしか学ぶことができないので、お客様に家電を紹介することの多い人にもおすすめです。

家電製品エンジニアは、家電販売後のアフターケアやトラブル対応の担当をしている人におすすめです。家電の修理にも活用できるので、プライベートでも役立ちます。

 

家電製品関係の資格についてのまとめ

いかがでしたでしょうか。本記事では、家電製品関係の資格についての比較を紹介しました。

資格ごとに学ぶことが大きく違っているので、自分に合ったものを選んで受験してみてください。