「検索技術者検定の資格を取得するとどのようなメリットがあるのだろうか?また逆に、デメリットなどはあるのだろうか?」

こうした疑問を持っている人もいるのではないでしょうか。

信頼性の高い情報を入手し、正確にデータを検索するための「サーチ技術」の能力が問われる検索技術者検定。この資格を取得することで、どのようなメリットがあるのか。また、取得する際のデメリットはあるのか、知りたい人もいると思います。

本記事では、検索技術者検定の取得メリット・デメリットについて詳しく解説していきます。

 

検索技術者検定とは、一般社団法人の情報科学技術協会が主催している民間の検定試験です。前身試験も含めると1985年から開始されており、累計受験者数も3万人を超えている非常に歴史ある試験となっています。企業や大学等で、信頼性の高い情報を入手して、上手く活用できる「情報プロフェッショナル」の育成を目的として行われています。資格区分としては、3級~1級の3つがあります。受験資格については、3級・2級は特にありませんが、1級には「検索技術者検定2級合格者」という規定が存在します。

原田 智子 (著, 編集), 小河 邦雄 (著), 清水 美都子 (著), 丹 一信 (著), 藤井 昭子 (著), 一般社団法人 情報科学技術協会 (監修)
樹村房、出典:出版社HP
原田 智子 (著, 編集), 吉井 隆明 (著), 森 美由紀 (著), 一般社団法人 情報科学技術協会 (監修)
樹村房、出典:出版社HP

 

資格取得のメリットは?

では、資格を取得するメリットをいくつか紹介していきます。

まず、就職・転職で役立つ可能性があることです。資格取得をすることで、情報検索や情報管理の能力を身につけることができ、その分野のプロフェッショナルとして認識されます。ですので、企業や大学で情報管理関連の仕事をしたい人にとっては、本資格の取得が非常に有効です。資格を持っているだけで、その分野に関する知識やスキルがある程度高いということが証明できますし、高い評価を得ることにもつながるからです。特に、1級や2級を取得しておくと、情報管理だけでなく、マネジメントや人材育成などの仕事もできる可能性があります。

次に、日頃から正しい情報を得られるようになることです。昨今では、インターネットやSNSの普及により非常に様々な情報を簡単に手に入れられるようになりました。しかし、その中には正しいとは限らない情報も多く存在しています。そのような時に、正しい情報がどれかを見極め、正しく活用する能力が必要です。本資格を取得することで、そのような情報判別・収集力と、それを上手く活用する力を習得することができます。本資格の取得は、このような身近な部分でも役に立つ可能性があるのです。

 

 

資格取得のデメリットは?

では、資格取得のデメリットを見てみましょう。

取得することで得られるメリットは、いくつかあることがわかりました。デメリットなどは、特にないですが、強いて言うなら試験結果が点数で出されるのではなく、合否で出されるで、不合格の場合まったく資格を活用することができない、という点でしょうか。就職や転職で資格を活用しようとしている人は、不合格という結果になってしまうと資格として認められなくなってしまうため厳しいかもしれません。特に1級は、難易度も高く、合格に必要となる勉強時間数もかなり多いため、不合格だった場合、かなりダメージは大きくなってしまいます。

 

検索技術者検定のメリット・デメリットのまとめ

いかがでしたか。今回は、検索技術者検定のメリット・デメリットについて紹介しました。

この資格のメリット・デメリットについて理解が深まったでしょうか。興味がある人は是非この機会に、取得を目指してみてはいかがでしょうか。

原田 智子 (著, 編集), 小河 邦雄 (著), 清水 美都子 (著), 丹 一信 (著), 藤井 昭子 (著), 一般社団法人 情報科学技術協会 (監修)
樹村房、出典:出版社HP

 

原田 智子 (著, 編集), 吉井 隆明 (著), 森 美由紀 (著), 一般社団法人 情報科学技術協会 (監修)
樹村房、出典:出版社HP