「夜景観光士検定の公式テキストとはどのようなものなのだろうか?資格取得するためには、必ず持っておかなければならないのだろうか。」

こうした疑問を持っている人もいるのではないでしょうか。

全国各地に存在する夜景に関する知識が問われる夜景観光士検定。この資格の公式テキストについて詳しく知りたい人もいると思います。

本記事では、夜景観光士検定の公式テキストについて丁寧に解説していきます。

 

夜景観光士検定とは、一般社団法人「夜景観光コンベンション・ビューロー」によって実施されている、民間の検定試験です。前身の試験から名前を変えて、2019年より開始されました。夜景を鑑賞するプロの育成だけにとどまらず、「夜景観光」を軸に人材の育成を目指すことを目的に行われます。3級~1級の3つに試験区分がされています。3級・2級には受験資格が特にありませんが、1級には「夜景観光士検定2級合格者」という規定があります。

一般社団法人 夜景観光コンベンション・ビューロー
ぴあ、出典:出版社HP

 

公式テキストとは?

 ここでは、夜景観光士検定の公式テキストについて解説していきます。

夜景観光士検定には公式テキストが存在します。本検定試験を主催している、夜景観光コンベンション・ビューローが編集したものであり、夜型観光に関する基本的な情報をはじめ、全国の自治体における夜景観光への取り組み、夜景観光ブランド、イルミネーション情報など、幅広い分野の情報が収録されています。また、本試験に出題される内容もこのテキストに載っています。ですので、本試験の合格を目指す人は、この公式テキストの内容を学習する必要があるのです。本試験では、この公式テキストに掲載されている分野以外からも問題が出題されますが、まずはこのテキストを使って夜景の知識を身につけることが重要になります。資格取得を本気で目指す人は、購入必須の教材となります。

 

公式テキストの種類は?

上記では、公式テキストの概要について説明しましたが、ここでは公式テキストの種類について紹介していきます。

夜景観光士検定の公式テキストには、いくつか媒体の種類があります。まず、紙書籍です。これは、一番一般的なものかもしれません。紙書籍(詳しく言うとペーパーバック)の公式テキストということになります。紙書籍ですので、見やすいという点やポイントなどを書き込めるという点がメリットとして挙げられます。価格は4,620円です。

次に、電子書籍です。これも近年は浸透し始めている媒体です。「コンテン堂」から出版されており、紙書籍と比較して持ち運びに便利な点や失くしづらい点などがメリットとしてあります。価格は、1,121円となっています。最後に、Kindle版です。こちらも電子書籍の一つですが、値段が1,009円と先ほどの電子書籍より安い点が特徴です。また、Kindleは自身のスマートフォンやタブレットにアプリをダウンロードすれば、無料で閲覧が可能になるというメリットがあります。このように、それぞれの媒体に違ったメリットがあるので、自身の使いやすい媒体でテキストを使用すると良いでしょう。

 

夜景観光士検定の公式テキストのまとめ

いかがでしたか。今回は、夜景観光士検定の公式テキストについて紹介しました。

この資格の公式テキストの概要や必要性について、理解できましたでしょうか。興味がある人は是非この機会に、テキストを購入し、資格取得を目指してみてはいかがでしょうか。

一般社団法人 夜景観光コンベンション・ビューロー
ぴあ、出典:出版社HP