「夜景観光士検定の資格を取得するとどのようなメリットがあるのだろうか?また逆に、デメリットなどはあるのだろうか?」

こうした疑問を持っている人もいるのではないでしょうか。

全国各地に存在する夜景に関する知識が問われる夜景観光士検定。この資格を取得することで、どのようなメリットがあるのか。また、取得する際のデメリットはあるのか、知りたい人もいると思います。

本記事では、夜景観光士検定の取得メリット・デメリットについて詳しく解説していきます。

 

夜景観光士検定とは、一般社団法人「夜景観光コンベンション・ビューロー」が主催している、2019年より開始された民間の検定試験です。夜景検定とも呼ばれます。夜景を鑑賞するプロの育成だけでなく、「夜景観光」を軸に人材の育成を目指すことを目的に行われます。3級~1級の3つに資格区分がされています。3級・2級には受験資格が特にありませんが、1級には「夜景観光士検定2級合格者」という規定があります。

一般社団法人 夜景観光コンベンション・ビューロー
ぴあ、出典:出版社HP

 

資格取得のメリットは?

では、資格を取得するメリットをいくつか紹介していきます。

まず、資格取得を仕事で有効に活用出来る可能性があることです。夜景観光士検定は、観光資源として注目されている夜景に関しての理解を深め、知識を習得することができます。ですので、観光業や都市開発などの分野で働いている人は、資格を取得することで、身につけた知識を仕事でも活かせる可能性があります。観光業や都市開発などを行う企業や会社で働いている人は、取得を目指して学習するのも良いかもしれません、

次に、資格取得することで、様々な特典を受けられることです。夜景観光士検定に合格すると、夜景観光のプロフェッショナルになれるわけです。この、夜景観光のプロフェッショナルになると様々なメリットがあります。まず、展望台を特別料金で使えるようになります。

これは、夜景が楽しめる展望施設に特別価格(通常より安い価格)で入場することができる、ということです。夜景好きや展望施設に良く行く人などには、嬉しい特典です。また、LED商品が特別価格(通常より安い価格)で買えるようになります。こちらも展望台と同じように割引が適用され、お得な価格でLED商品を購入できるのです。自宅などで使う電気類が安く買えるというのは、大きなメリットです。

 

資格取得のデメリットは?

では、資格取得のデメリットを見てみましょう。

取得することで得られるメリットは、いくつかあることがわかりました。デメリットとしては、知名度が高い資格ではないため、有効性がどの程度あるかわからない、ということでしょうか。2019年より始まった試験ということもあり、そこまで世間に浸透している資格ではく、知名度もありません。ですので、万人受けするような資格と比べてしまうと、有効性という部分で多少劣ってしまうかもしれません。それでも、取得する価値は十分ある資格ですので、興味がある人は挑戦してみると良いかもしれません。

 

夜景観光士検定のメリット・デメリットのまとめ

いかがでしたか。今回は、夜景観光士検定のメリット・デメリットについて紹介しました。

この資格のメリット・デメリットについて理解が深まったでしょうか。興味がある人は是非この機会に、取得を目指してみてはいかがでしょうか。

一般社団法人 夜景観光コンベンション・ビューロー
ぴあ、出典:出版社HP