一般社団法人 夜景観光コンベンション・ビューロー
ぴあ、出典:出版社HP

「夜景観光士検定と夜景鑑賞士検定 違い」

「夜景観光士検定と夜景鑑賞士検定ではどのような違いがあるのだろうか?夜景鑑賞士検定とはそもそもどのような試験なのだろうか。」

こうした疑問を持っている人もいるのではないでしょうか。

日本の全国各地に存在する夜景に関する知識や理解度が問われる夜景観光士検定。この資格と夜景鑑賞士検定との違いについて、知りたい人もいるのではないでしょう。

本記事では、2つの資格試験の違いについて詳しく解説していきます。

 

夜景観光士検定とは、一般社団法人「夜景観光コンベンション・ビューロー」によって実施されている、民間の検定試験です。「夜景観光」を軸に人材の育成を目指すことを目的に行われる試験です。試験区分としては、3級~1級の3つに分かれています。3級・2級には受験資格が特にありませんが、1級には「夜景観光士検定2級合格者」という規定があります。

 

夜景鑑賞士検定とは?

 ここでは、夜景鑑賞士検定について紹介していきます。

夜景鑑賞士検定とは、一般社団法人「夜景観光コンベンション・ビューロー」が主催していた2009年~2019年まで行われていた民間の検定試験です。夜景観光士検定の前身となる存在であり、夜景に関する知識を問うような内容の試験となっていました。現在は、夜景観光士検定に名称が変わっているため、夜景鑑賞士検定は行われていません。試験区分としては、3級~1級の3つに分かれており、年に1回実施されていました。

 

夜景観光士検定と夜景鑑賞士検定の違いは?

では、2つ資格の違いについて説明していきます。

もともと夜景観光士検定は、夜景鑑賞士検定だったということもあり、2つの試験に大きな違いはありません。難易度や合格率、受験資格や受験料など夜景鑑賞士検定時代から変わっていないものがほとんどです。

しかし、各級の試験内容や受験対象とする人には多少の違いがあります。夜景観光士検定2級の場合、夜景観光に関する知識が仕事上で役立つレベルとされていますが、夜景鑑賞士検定2級の場合、夜景鑑賞を趣味にする人を受験者として想定しています。

つまり、夜景観光士検定の方がビジネスでも役立つような知識を習得することを想定しており、受験者も単に夜景に興味がある人などではなく、仕事で習得した知識を活かせる観光業などで働いている人をターゲットとしているのです。細かい部分ですが、2つの資格にはこのような違いがあるのです。

 

 

どちらを受験すべき?

ここまで2つの資格の違いについて解説してきましたが、どちらの資格試験を受験すべきかを説明します。と言っても、夜景鑑賞士検定は、現在開催されていないので、夜景観光士検定を受験するしかありません。夜景観光士検定を受験し合格できれば、業界や職種によってはビジネスで役立つ知識を習得することができます。ですので、過去に夜景鑑賞士の試験を受験し資格取得している人でも、夜景観光士検定の資格取得に向けて学習してみましょう。

 

夜景観光士検定と夜景鑑賞士検定の違いのまとめ

いかがでしたか。今回は、夜景観光士検定と夜景鑑賞士検定の違いについて紹介しました。

夜景に関する知識が問われる2つの試験ですが、その違いについて理解できましたでしょうか。興味を持った人は、是非資格取得を目指して学習してみてください。

一般社団法人 夜景観光コンベンション・ビューロー
ぴあ、出典:出版社HP