【早速目次/中身を確認する】

 

マネー・ローンダリング 反社会的勢力対策ガイドブック-2018年金融庁ガイドラインへの実務対応-

反社会的勢力への企業実務・対応などに詳しい専門家が書いた、リーガルリスクを排除するための解説書です。2018年2月に発表されたガイドラインでは不透明だった部分に関して、しっかりとリスクベースアプローチの内容を詰め込んで解説しています。更新されていくガイドラインに対応して常に情報を与えてくれる良書となっています。

マネー・ローンダリング 反社会的勢力対策ガイドブック 改訂版 ―2021年金融庁ガイドライン等への実務対応―

反社会的勢力への企業実務・対応などに詳しい専門家が書いた、リーガルリスクを排除するための解説書です。2021年2月に改定された金融庁のガイドラインを反映した内容となっており、国内外の現状を踏まえて実際にマネーロンダリングなどの違法取引に加担しないためにはどのようにすべきかを知ることができます。

金融機関行職員のためのマネー・ローンダリング対策Q&A

マネロン対策のポイントを網羅した金融機関で働く人におすすめのQ&A形式の本です。2021年2月に改正された金融用ガイドラインの内容を反映した内容で、図表なども入れながら対策の意義や法令の手続きの流れなどを覚えることができます。今後も利用者側・政府側のどちらからも要請が高まってくるマネロン対策のために、備えておきたい1冊となっています。

國吉雅男 金澤浩志 髙橋瑛輝
出版社 ‏ : ‎ 経済法令研究会、出典;出版社HP

金融機関のためのマネー・ローンダリング対策Q&A

平成28年10月に施行された犯罪収益移転防止法と、それに伴って改正された施行令・施工規則に対応した実務書です。マネーロンダリング防止に向けた実行的な体制構築や運用について学ぶことができます。A L M/C F Tの実務についても詳しく知ることができるので、実務の際や試験対策としても読んでおきたい一冊となっています。

廣渡 鉄
出版社 ‏ : ‎ きんざい、出典;出版社HP

Q&Aでわかる! 第一線のお客様対応(顧客管理)とマネロン対策

「第4次対日相互審査」の結果を受けた、金融機関が改めて求められているマネーロンダリング対策について述べた本です。Q&A方式で、特に第一線担当者がどんなところに注意しながら対応をすればいいのかを解説しています。コンパクトなサイズ感なので、リスク管理を改めて徹底したい方には一度読んでほしい1冊です。

近藤 克樹
出版社 ‏ : ‎ ビジネス教育出版社、出典;出版社HP

マネロン・テロ資金供与リスクと金融機関の実務対応

2018年に発売された解説本に、2019年の金融庁ガイドライン改正をフォローした解説を加えた第2版です。実務担当者なら知っておきたい情報が詰め込まれています。また2019年6月に出されたFATF勧告の原文と和訳が掲載されているので、まだ触れたことのない人はぜひ読んでおいてほしい1冊になります。

今野 雅司
出版社 ‏ : ‎ 中央経済社、出典;出版社HP

営業店のマネー・ローンダリング対策ドリル

会話・設問・例題でマネーロンダリング対策のポイントを学べるテキスト教材です。マネーロンダリング・テロ資金提供リスクに直接関わることになる営業・窓口担当者に向けて、敬愛法令研究会が編成したものになります。日本コンプライアンス・オフィサー協会実施の「金融AMLオフィサー認定試験」受験後の継続教育教材としても利用できる本です。

経済法令研究会
出版社 ‏ : ‎ 経済法令研究会、出典;出版社HP

営業店で読む! いま一番わかりやすい マネロン・テロ資金供与対策の本

営業店で働く人がどのようにしてマネーロンダリングを防げばいいのかがわかる一冊です。営業店での業務にポイントを絞り、基礎知識から実務で気をつけるべき点までコンパクトにまとめてあります。図解も豊富なので難しい本が苦手でも読みやすく、理解しやすい本になっています。試験対策のサブテキストとしてもおすすめの本です。

デロイト トーマツ グループ
出版社 ‏ : ‎ 近代セールス社、出典;出版社HP

弁護士のためのマネー・ローンダリング対策ガイドブック

弁護士向けに書かれたマネーロンダリング対策の実務所です。日弁連の規定立案・制定に携わる著者たちが、法律事務所がマネーロンダリングに巻き込まれないためにはどのようにすればいいのかを紹介しています。新しい視点のマネロン対策を知ることができるので、金融機関やコンサルティングの仕事をしている人にもおすすめです

片山 達 小町谷 育子 今野 雅司  十時 麻衣子 趙 継佳
出版社 ‏ : ‎ きんざい、出典;出版社HP

マネーロンダリング

マネーロンダリング問題を中心としたサスペンス小説です。2000年初頭の架空のお話ですが、海外への送金や口座間資金移動、節税方法などの金融知識も合わせて理解できる本となっています。文章が固いビジネス書や、ポップすぎる入門書が苦手な方は、一度物語を通してマネーロンダリングを学んでみるのもいいかもしれません。

橘玲
出版社 ‏ : ‎ 幻冬舎、出典;出版社HP

マネーロンダリング・ビジネス

大手損害保険会社で海外派遣の経験を持つ著者による、マネーロンダリングの事件を追う経済ミステリ小説です。話の流れの中で、労災保険を利用したマネーロンダリングの仕組みを理解することができます。専門用語が多めのため金融関係の知識がある程度ないと一気に読み進めるのは難しいかもしれませんが、読みながら知識を付けられるメリットもある本となっています。

志摩 峻
出版社 ‏ : ‎ ダイヤモンド社、出典;出版社HP

マネーロンダリング入門―国際金融詐欺からテロ資金まで

経済小説家による、実際に起きた国際経済事件の解説をストーリー調で行う本です。2006年創刊の本なので時代としては少し古いですが、その当時からマネーロンダリングのような情報操作がどのように行われていたかを知ることができます。金融犯罪の裏側や送金の仕組み、その根底にある思想などの知識を得ることができる一冊です。

マネー・ローンダリング罪―捜査のすべて

最高検刑事部検事を経験した著者による、マネーロンダリング事件の解説書です。阻止的犯罪処罰法改正などに対応した第2版で、マネーロンダリングの予防から収益剥奪までのそれぞれの段階における問題点を挙げています。理論的な裏付けや様々な視点からの対策を紹介していますので、操作をして処罰を与える側がどのようなことを根拠にして検挙しているかが分かります。

城 祐一郎
出版社 ‏ : ‎ 立花書房、出典;出版社HP

マネーロンダリングの代理人―暴かれた巨大決済会社の暗部

海外で実際にマネーロンダリングを行っていた銀行について、実際に内部にいた人間が語ったノンフィクション本です。マネーロンダリングがどのように行われ、それが国際社会に置いてどんな影響を与えたのかを知ることができます。事前にヨーロッパにおける金融系の知識を必要としますが、実際に起こったことを知るきっかけとして最適な一冊です。

エルネスト バックス ドゥニ ロベール 藤野 邦夫
出版社 ‏ : ‎ 徳間書店、出典;出版社HP

 
 
 
 
 

【他のビジネステーマも確認する】