「色が与える影響についての知識が欲しい」

「社会福祉に関して珍しい側面から学んでみたい」

一般社団法人 日本カラーコーディネーター協会
出版社 ‏ : ‎ 色彩活用研究所 株式会社、出典;出版社HP

 

このように考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこでおすすめなのが「色彩活用ライフケアカラー検定」という資格です。本資格では、色の効果を社会福祉に役立てるノウハウを学ぶことができます。

 

本記事では、色彩活用ライフケアカラー検定の合格を目指す上でおすすめの参考書をご紹介していきます。

 

色彩活用ライフケアカラー検定について

色彩活用ライフケアカラー検定は、日本カラーコーディネーター協会によって実施されている資格試験になります。生活の質を高めるための実践的な色使いを学ぶことができる内容となっています。

 

そもそも、ライフケアカラーとは「すべての人の心を豊かにする・生活の質を高める色使い」と定義されています。色にも様々な効果があることは広く認知されていますが、その効果を知り、意識的にコントロールすることで生活をより快適で安心なものにすることができます。本検定では、「衣・食・住・心」の観点で実践的に活用できるスキルを身につけることができます。

 

それでは、色彩活用ライフケアカラー検定に関して以下にまとめていきます。

3級 2級 1級
受験資格 なし 2級取得者
試験方式 選択問題(マークシート) 選択問題(マークシート)

実技問題(記述・配色)

試験時間 60分 80分 105分
受験料 5,500円 8,800円 16,500円
合格基準 満点の70%前後

※問題の難易度により多少変動

試験内容 【気づきと基礎】

ライフケアカラーとは何か、生活の中での色の効果・取り入れ方などの基礎知識を習得し、健康で安全に楽しく生活するための色使いの理解

【衣食住への実践】

3級の内容をふまえ、色の効果的な使い方を実践するための配色方法の習得。育児・介護・福祉に役立つ色彩活用方法と他者へのアドバイス方法の習得

【指導と実践】

3・2級の内容をふまえ、社会福祉に関連する施設づくりやサービス・商品企画などにおけるトータル色彩企画提案実践スキル、色彩指導やコンサルティングスキルの習得

 

 

色彩活用ライフケアカラー検定では、1級にのみ受験資格が設けられています。3・2級はどなたでも受験が可能です。

 

本資格試験はレベル別に1〜3級に分かれて実施されており、3級はマークシートでの選択問題のみ、2・1級ではマークシートに加えて記述・配色の実技問題が出題されます。

 

内容としては、3級で基礎知識を学び、2級で実際に生活に取り入れる実践的な配色方法の習得、1級では色彩指導やコンサルティングができるレベルのスキルの習得を目指します。

 

色彩活用ライフケアカラー検定の対策ポイント

色彩活用ライフケアカラー検定の合格率などの情報は公開されていません。しかし、試験難易度は比較的易しいとされています。

 

「ライフケアカラー」の特徴上、自分の身の回りで活用できる色の特徴を学んでいくため、勉強もしやすいです。実際に自分の生活に当てはめながら知識を増やしていくことが学習のポイントになります。

 

色彩活用ライフケアカラー検定のおすすめ参考書 – 合格体験記からも

色彩活用 ライフケアカラー検定 公式テキスト1級

一般社団法人 日本カラーコーディネーター協会
出版社 ‏ : ‎ 一般社団法人 日本カラーコーディネーター協会、出典;出版社HP

色彩活用ライフケアカラー検定1級の公式テキストです。1級は、色の実践プランを企画、指導する「コンサルタント」のスキルを身につけるレベルを目標としています。こちらでは、子どもから高齢者までの対象者別、ファッションやインテリアといった分野別の色彩指導・実践マニュアル、ライフケアカラーの実践プランを指導・実践するためのノウハウが掲載されていますので、実際に仕事でそのスキルを使いたい方におすすめの一冊です。

 

色彩活用ライフケアカラー検定2級公式テキスト

一般社団法人 日本カラーコーディネーター協会(j-color)
出版社 ‏ : ‎ 産経新聞出版、出典;出版社HP

色彩活用ライフケアカラー検定2級の公式テキストです。2級は、実践して体感した色の効果を伝える「アドバイザー」のスキルが身に付く子育てや福祉にも役立つ色使いを、身のまわりの人に伝えることのできるレベルの問題が出されます。こちらでは、SDG’sの目標の一つである「すべての人に色で心豊かな生活を」という概念からカラーユニバーサルデザイン(CUD)のガイドラインが掲載されているので、環境問題と絡めてライフケアカラーについて学習することができます。

色彩活用ライフケアカラー検定公式テキスト3級

日本カラーコーディネーター協会
出版社 ‏ : ‎ 産経新聞出版、出典;出版社HP

色彩活用ライフケアカラー検定3級の公式テキストです。日本カラーコーディネーター協会が主催している検定のテキストです。こちらの検定は、「ライフケアカラー」という、生活の中で色を用いて、環境や心情をコントロールすることを目的としています。3級では、色の効果や重要性を知り、自分自身の生活色をコントロールできるレベルの問題が出されます。

 

色彩活用ライフケアカラー検定3級・2級 合格エクササイズ【過去問題&問題集】

一般社団法人 日本カラーコーディネーター協会
出版社 ‏ : ‎ 色彩活用研究所 株式会社、出典;出版社HP

色彩活用ライフケアカラー検定3級・2級の合格エクササイズ【過去問題&問題集】です。こちらは、一般社団法人日本カラーコーディネーター協会から出版された公式テキストですので、本試験の問題傾向がわかります。また、過去問題も掲載されていますので、力試しとして解きたい方や、アウトプットをしたい方におすすめの一冊です。学習をする際は、別に販売されている「新配色カード199」(発行:日本色研事業)が必要になりますので、それと合わせて試験対策してください。

 

色彩活用ライフケアカラー検定のおすすめ参考書のまとめ

いかがでしたでしょうか。ここでは、色彩活用ライフケアカラー検定のおすすめ参考書についてご紹介してきました。

 

色彩活用ライフケアカラー検定では、「色」という珍しい観点から社会福祉について学ぶことができます。

 

広い業界で活かせる知識を身につけられる資格となっていますので、是非この機会に取得を目指してみてはいかがでしょうか。