【早速目次/中身を確認する】

最新ヘルスケアおすすめ本の選び方

ヘルスケアの定義はかなり横断的になっており、医療、薬、漢方、美容、食品、運動など様々な方面でのことを指すようになっています。そのようなヘルスケアは現在のAIやビックデータなどに相まってこれまで以上の発展を遂げています。

もちろん興味がある方も多いと思いますが、まずはメディカルの切り口から入るか、それともITなどの切り口から入るかでほしい知識が変わってくるかと思います。今回は様々な分野から包括的に読めるもの、それぞれの専門的な知識から入るものと紹介していきます。

60分でわかる! AI医療&ヘルスケア 最前線

AIを使った医療とはどんなものになるのか?を広く紹介してくれる本です。イラストを交えながら、医療の中でも具体的にどの段階で、どのようにAIが関わってくるのかを学ぶことができます。インターネットでは散乱しすぎている情報も、この本なら1冊で理解が深まるので、ビジネスで医療に関わる方などにおすすめになっています。

三津村 直貴 (著), 岡本 将輝(TOKYO analytica) (監修), 杉野 智啓(TOKYO analytica) (監修)
出版社 ‏ : ‎ 技術評論社、出典;出版社HP

ヘルスケアの進化

社会問題となっているヘルスケアを広く理解したい方におすすめの本です。総合コンサルティングを提供するアクアセンチュアが、医療業界を横断して様々な切り口からヘルスケアの現場と取り組みの内容、今後の展開についてまとめています。局地的な知識ではなく、ヘルスケアの全体像を掴むことができます。

アクセンチュア (監修)
出版社 ‏ : ‎ 日経BP 日本経済新聞出版、出典;出版社HP

ヘルスケアの未来

コロナも踏まえた最新のヘルスケアへの取り組みについての本です。行政・医療機関・製薬会社・保険業界など様々な業界の視点からヘルスケアについての話を聞き、まとめています。コンサル会社が中心となっているためヘルスケア以外の情報が含まれる部分もありますが、新しくヘルスケアに関わることになったビジネスマンなどに入門編としておすすめです。

日本経済新聞出版 (編集), アクセンチュア (監修)
出版社 ‏ : ‎ 日経BP、出典;出版社HP

デジタルヘルスケア (やさしく知りたい先端科学シリーズ5)

少子高齢化・人口減少による医療現場の危機を、実際どのようなAI技術が支えているのかを知ることができる本です。介護や医療の現場で、すでに導入されているテクノロジーについて丁寧に紹介されています。現場に降りてきているが、なかなか受け入れがたいデジタルヘルスケアへの理解が深まる1冊です。

遊間 和子 (著), 武藤 正樹 (監修)
出版社 ‏ : ‎ 創元社、出典;出版社HP

ヘルスケア・イノベーション

ヘルスケアのために積極的にAI・IoTなどのツールを活用する取り組みを様々な著者の視点から紹介する本です。健康寿命を延ばすために必要な予防策だけでなく、介護を必要とする人たちを支えるための取り組みなどにも目を向けています。産学官の連携など、普段のニュースではなかなか取り上げられない部分についても知ることができる1冊です。

池野 文昭 (監修)
出版社 ‏ : ‎ 時評社、出典;出版社HP

ヘルスケア・イノベーション2

ポストコロナ時代をいかに健康に幸せに生きていくかについて、様々な分野からの話をまとめた本です。座談会形式で産官学やベンチャー企業などの担当者・関係者から医療現場における取り組みについて話しています。これからの時代、国民に受け入れられるヘルスケアの政策立案などに役立つ1冊です。

池野文昭 (監修)
出版社 ‏ : ‎ 時評社、出典;出版社HP

ヘルスケア産業のデジタル経営革命

医療業界でベストセラーになった、医療のデジタル化についての教科書的な本です。創刊が2017年のためやや古い情報になりますが、およそ10年の間にどれだけ本に書かれていた展望が現実のものとなったかの答え合わせとしても興味深い内容になります。専門用語やカタカタが多いので、初心者の方には少し難しめの本です。

ジェフ・エルトン (著), アン・オリオーダン (著), 永田 満(監訳) (その他), 三木 俊哉 (翻訳)
出版社 ‏ : ‎ 日経BP、出典;出版社HP

医療・介護を革新する ヘルスケアビジネス最前線

ヘルスケアビジネスにおいて、各社各医療期間がどのような取り組みを行なっているのかを知ることができる本です。「ジャパン・ヘルスケアビジネスコンテスト2020」のレポートを始め、他社がどのような取り組みを行なっているのかをカタログのように見ることができます。

日経ヘルスケア (編集)
出版社 ‏ : ‎ 日経BP、出典;出版社HP

月刊事業構想 ヘルスケアの新産業

事業構想大学院大学が編纂する月刊紙で、ヘルスケアが特集された刊になります。予防医学からガンのゲノム治療・メンタルヘルスなど様々な切り口からヘルスケア業界の新ビジネスについて取材・編集されています。2019年11月号なので、現状との差分や発展に至ったビジネスの初動などをチェックすることができます。

事業構想大学院大学出版部 (編集)
出版社 ‏ : ‎ 株式会社日本ビジネス出版、出典;出版社HP

見え始めた近未来の新市場 空間×ヘルスケア

日経BP 総合研究所/ Beyond Healthが提唱する「空間×ヘルスケア2030」をイラスト付きで紹介する本です。2030年に到達しうる日常とヘルスケアの融合した生活をカラーイラストと共にわかりやすく解説しています。コロナ禍を経験して、未来への不安を抱えている人などは、ぜひ本書で明るいヘルスケアのある日常をイメージしてみては?

日経BP 総合研究所 (編集), Beyond Health (編集)
出版社 ‏ : ‎ 日経BP、出典;出版社HP

変貌するヘルスケア業界-あらゆる企業がヘルスケア事業者に

ヘルスケア業界全体の市場拡大を、いかに自分たちのビジネスに取り入れていけばいいのか?を丁寧に解説している本です。業界のあり方や求められていることに加えて、海外の取り組みや大企業の取り組みを広く紹介しています。先駆者に学ぶことで、今の自分のビジネスが真似できる部分が見えてくる1冊です。

株式会社ピー・アンド・イー・ディレクションズ (著)
出版社 ‏ : ‎ APub、出典;出版社HP

企業トップが語る「医療・ヘルスケア」ビジネス最前線―変貌する巨大市場に挑む

2005年に東大の公開講座で発表された、ヘルスケアビジネスの取り組み紹介がまとめられた本です。様々な大手企業がどのようにヘルスケア業界に参入しているのかを知ることができます。医療関係者やコンサルタントなど、ビジネスでヘルスケアを取り扱う方にはこういた本からの情報収集が非常におすすめです。

東京大学大学院医学系薬学系協力公開講座「医療経営学概論」 (著), 木村 廣道 (監修)
出版社 ‏ : ‎ かんき出版、出典;出版社HP

ヘルスケア業界データブック

令和3年度介護報酬改定などの最新情報をまとめたデーアブックです。医療機関を中心としたヘルスケア業界の経営者・コンサルタント必読ともいえる様々な統計データがまとめられています。地域ごとの実情やコロナによる病院経営のあり方など、リアルな数字で今後の戦略立案が見えてくるはずです。

日本政策投資銀行 (編さん)
出版社 ‏ : ‎ 日本医療企画、出典;出版社HP

MBAが考えるヘルスケア経営

神戸大学MBAの卒論を中心に、様々な論文をまとめた本です。ヘルスケアにおける業界ビジネス・製薬のあり方について様々な意見が載っています。働きながら経営学を学ぶことで得られた結果を見ることで、新たな発見や刺激が得られるはず。ヘルスケア業界での活躍や今後のステップアップを目指す人におすすめです。

加護野 忠男 (著, 編集)
出版社 ‏ : ‎ 碩学舎、出典;出版社HP

ヘルスケアビジネスのための実録 景品表示法

ヘルスケアビジネスの周知を目指す人には必読ともいえる本です。取締りが厳しくなっている景品表示法や改正薬事法について詳しく知ることができます。具体的な事例とともに、2021年8月以降の景品表示法を詳しく解説しています。ヘルスケアをビジネスとして取り扱っている人にはおすすめの1冊です。

林田 学 (著)
出版社 ‏ : ‎ ダイヤモンド社、出典;出版社HP