リーダーになる人に知っておいてほしいこと

 

松下 幸之助 (著), 松下政経塾 (編集)
出版社 ‏ ‎ PHP研究所、出典;出版社HP

本書は、松下幸之助によってつくられた松下政経塾の塾生へ残した思いをまとめた本です。政財界に多くのリーダーを輩出してきた松下政経塾で教えられていた「リーダーに求められる考え方」が凝縮された一冊です。「リーダー不在」が叫ばれる現代の日本にとってなくてはならない、多くの人に読んでほしい作品です。

経営のコツここなりと気づいた価値は百万両

 

松下 幸之助 (著)
出版社 ‏ ‎ PHP研究所、出典;出版社HP

本書は、「経営の神様」と呼ばれる松下幸之助が教える経営者としての心構えを説いた本です。松下電器を創業し日本を代表する経営者となった自身の経験から得た経営のコツを学ぶことができます。松下が社員に向けて贈った言葉と言われており、経営者の方だけではなく、若い人にも是非読んでみて欲しい気づきの多い作品です。

思うまま

 

松下 幸之助 (著)
出版社 ‏ ‎ PHP研究所、出典;出版社HP

本書は、松下幸之助の言葉集『道をひらく』『続・道をひらく』につづく三部作の完結編です。「経営の達人」として知られる松下幸之助の経営だけではない「人生の達人」としての言葉がまとめられています。若い人からお年寄りの人まで、あらゆる人にとって人生の指針となるような言葉が多く掲載されておりおすすめです。

指導者の条件

 

松下 幸之助 (著)
出版社 ‏ ‎ PHP研究所、出典;出版社HP

本書は、松下幸之助が組織を率いるものとしてのあるべき姿を説いた本です。筆者自身が、日本史上の名君、古代中国の英雄、世界の政治家といった人々の言動から反省・検討を繰り返した結果として得た「指導者の条件」を102条にわたって綴っています。時代を超えて今でも通じる指導者としての心得が詰まった作品です。

私の行き方考え方/ わが半生の記録

 

松下幸之助 (著)
出版社 ‏ ‎ PHP研究所、出典;出版社HP

本書は、日本を代表する経営者 松下幸之助の人生を生い立ちから昭和8年まで巡る一冊です。松下電器の創業にまつわるエピソードはもちろん、その他にも松下幸之助の波乱万丈な人生を作り上げてきた数々のエピソードが詳しく語られています。「松下幸之助」を知り尽くしたいという方にはぜひ読んでいただきたい一冊です。

実践経営哲学

 

松下 幸之助 (著)
出版社 ‏ ‎ PHP研究所、出典;出版社HP

松下電器産業(現パナソニック)を大きくした要因について、松下幸之助自ら分析して20項目にまとめた経営哲学の本です。数ある著書の中でも特にお勧めされることが多く、経営のためのテクニックではなく、実践していく人間がどんなことを心がけていくべきかを説いています。実践を通して体得した「経営の神様」ならではの哲学が書いてある1冊です。

社員心得帖

 

松下 幸之助 (著)
出版社 ‏ ‎ PHP研究所、出典;出版社HP

本書は、「心得帖シリーズ」の三作目となる松下幸之助が社員として働くことの意義を説いた本です。新入社員、中堅社員、幹部社員といった立場の異なる社員それぞれの心に響く、企業組織の一員として働くための心構えを知ることができます。新入社員の研修として使われることも多い一冊であり、現在会社員として働いている方だけではなく学生にもおすすめです。

商売心得帖

 

松下 幸之助 (著)
出版社 ‏ ‎ PHP研究所、出典;出版社HP

本書は、パナソニック創業者 松下幸之助による商売のコツ・心得をまとめた本です。内容は昭和47年に書かれたものであるにもかかわらず、現代でも変わらずに役立つような商売・経営としての本質に迫る心得となっています。『経営心得帖』『人生心得帖』などのシリーズを通して読むのがおすすめです。

松下幸之助 成功の金言365

 

松下 幸之助 (著), PHP研究所 (編集)
出版社 ‏ ‎ PHP研究所、出典;出版社HP

本書は、パナソニックの創業者 松下幸之助の365の「金言」を一冊にまとめた作品です。1日1ページで一年間楽しむことができます。哲学者としての松下幸之助の人生・仕事・経営に関する考え方を知ることができます。一つ一つが深く考えさせられる「金言」となっており、松下幸之助をあまり知らない方の入門書としてもおすすめです。

松下幸之助 日々のことば 生きる知恵・仕事のヒント

 

PHP研究所 (編集)
出版社 ‏ ‎ PHP研究所、出典;出版社HP

本書は、パナソニック創業者の松下幸之助が遺した名言を365日に分けてまとめられた本です。1日あたり1〜2個の言葉が収録されており、毎日の楽しみとして少しずつ読み進めていくことができます。テーマは、経営者としての商売に関する内容だけではなく、生きる知恵など多岐にわたっているため松下幸之助の人生観を理解する入門書としても最適です。

松下幸之助「一日一話」/ 仕事の知恵・人生の知恵

 

PHP総合研究所 (編集)
出版社 ‏ ‎ PHP研究所、出典;出版社HP

本書は、松下幸之助が生前に語った仕事の知恵・人生の知恵となるような言葉を「一日一話」の形にまとめた本です。自分の将来や日本の未来に対して不安を抱いている方に対して、日常の毎日から新たな発見・喜びをもたらすことができるような、生涯を充実したものにできるような希望を与えてくれるような一冊です。後ろ向きになりやすい夜寝る前の習慣として取り入れるのもおすすめです。

松下幸之助から未来のリーダーたちへ

 

松下幸之助(述) (著), 佐藤悌二郎(編著) (編集)
出版社 ‏ ‎ アチーブメント出版、出典;出版社HP

本書は、経営の神様である松下幸之助が贈る「指導者に必要な6つの条件」をまとめた本です。松下幸之助の様々なメディアで残してきた30,000天を超える資料から、経営者としての考え方を抜粋し解説を加えてまとめています。短編集のような形でまとめられているため、時間のない方も目次から気になる所を抜粋して読むことができます。

松下幸之助に学んだ実践経営学 自主責任経営の真髄とは

 

小川 守正 (著)
出版社 ‏ ‎ PHP研究所、出典;出版社HP

削除

本書は、経営の神様 松下幸之助から学び、その経営哲学を実践してきた筆者による「自主責任経営」の解説書です。実際に経営者として松下経営哲学を実践してきた筆者だからこそ書ける体系的な説明に加え、経営学者の分かりやすい解説が特徴です。これから「自主責任経営」を実践し成功したい方必携の一冊です。

人生と仕事について知っておいてほしいこと

 

松下 幸之助 (著), PHP総合研究所 (編集)
出版社 ‏ ‎ PHP研究所、出典;出版社HP

本書は、パナソニックグループの創業者、そしてP H P研究所の創設者である松下幸之助が自らの人生観について語った本です。3000本にわたる講和テープの記録から、多くのビジネスパーソンにとって重要な心得となるような項目を厳選して記載しています。読んだ人にとって心の支えとなり続けるようなおすすめの一冊です。

素直な心になるために

 

松下 幸之助 (著)
出版社 ‏ ‎ PHP研究所、出典;出版社HP

松下幸之助が最も大切にしてきた信念の一つである「素直な心」について丁寧にまとめられた文庫本です。経営の神様と呼ばれ、多くの人に慕われ、尊敬された松下幸之助の人間観・経営観念の根本にある“心”を養うために必要なことが書かれています。発売から30年以上経っても、人気の衰えない松下哲学の原点です。

道をひらく

 

松下 幸之助 (著)
出版社 ‏ ‎ PHP研究所、出典;出版社HP

テレビでもおすすめの一冊として紹介された自己啓発本です。経営の神様と呼ばれる松下幸之助が、PHP研究所の機関紙「PHP」に連載していたエッセーのうち120篇をまとめました。見開き2ページの短編なので、さらっと読みやすくなっています。思い悩んでしまう時などにふと手にとって読み返したくなる、経営のみならず人生の教訓が書かれた1冊です。

続・道をひらく

 

松下 幸之助 (著)
出版社 ‏ ‎ PHP研究所、出典;出版社HP

ベストセラー「道をひらく」の続編で、前回と同じく短編随筆をまとめたものになります。経営哲学やビジネスパーソンの心得といったものよりも、日本の四季を感じながら心を落ち着かせるものが多く乗せられています。情報の移り変わりが忙しない現代に疲れた人には、心に染みる話になります。

ドキュメント パナソニック人事抗争史 (講談社+α文庫)

 

岩瀬 達哉 (著)
出版社 ‏ : ‎ 講談社、出典;出版社HP

本書は、パナソニック凋落の原因として「人事抗争」をあげその歴史を振り返った本です。元役員たちによる実名の証言が多数掲載されており、当時のパナソニックで繰り広げられていた人事抗争を鮮明に描き上げています。出世争い辟易しているサラリーマンの方にもおすすめの一冊です。

 

パナソニック、「イノベーション量産」企業に進化する!

 

片山 修 (著)
出版社 ‏ : ‎ PHP研究所、出典;出版社HP

本書は、A I時代へ素早く対応し「イノベーション量産」を続けるパナソニックの経営戦略を分析した本です。創業100周年を超える日本を代表する企業であるパナソニックの行う改革とはどのようなものなのか、「今と未来」を徹底分析しています。A I時代の経営に興味がある方はもちろん、自動車業界や電機業界の近未来を知りたい方にもぜひ読んでいただきたい一冊です。

 

パナソニック100年目の試練―週刊東洋経済eビジネス新書No.248

 

週刊東洋経済編集部 (編集)
出版社 ‏ : ‎ 東洋経済新報社、出典;出版社HP

本書は、2018年3月に創業100周年を迎えたパナソニックの100年の歴史、そして今後100年の展望や課題を描いたビジネス本です。津賀C E Oやキーマンとなる人物へのインタビューなどから、今後のパナソニックの戦略を明らかにしています。自動運転やE Vなど最新の社会状況なども学ぶことができる一冊です。

 

パナソニックV字回復の真実

 

平川紀義 (著)
出版社 ‏ : ‎ KADOKAWA、出典;出版社HP

2012年・2013年と2年連続で7,000億円以上の赤字となったパナソニックが、そこからV字回復を成し遂げることのできた理由をパナソニック元営業戦略部長が明らかにします。赤字転落から回復を遂げるまでの現場を実際に知っており、経営者に近い存在であった筆者ならではの視点で描かれているところが特徴です。それぞれのキーパーソンへの評価など他で知ることのできない情報が満載です。

 

パナソニックのグローバル経営/仕事と報酬のガバナンス (MINERVA現代経営学叢書 55)

 

石田光男 (編集), 上田眞士 (編集)
出版社 ‏ : ‎ ミネルヴァ書房、出典;出版社HP

本書は、日本を代表する企業である「パナソニック株式会社」のグローバル経営の組織と運営を明らかにした本です。筆者はパナソニック外部の人物ではありますが、延べ70回以上にもわたる丁寧なヒアリング調査の成果である詳細な内情を記載しています。グローバル経営が急がれる現在の日本において、多くの経営者の手助けとなるような一冊です。

 

パナソニックの就活ハンドブック

 

就職活動研究会 (著)
出版社 ‏ : ‎ 協同出版、出典;出版社HP

本書は、2023年度版のパナソニックの就活ハンドブックです。創業100年を超え日本をリードし続ける大人気企業であるパナソニックの内定を勝ち取るために必須の情報が詰まった一冊となっています。パナソニック内定を目指す就活生の方や大学1、2年生で就活のイメージを掴みたい方におすすめの一冊です。

 

パナソニックは終わるのか

 

奥村 宏 (著)
出版社 ‏ : ‎ 東洋経済新報社、出典;出版社HP

本書は、パナソニックの創業以来の危機である7000億円を超える赤字はなぜ生まれてしまったのか、会社学の視点から解明した本です。2012年に書かれた本であるため、「パナソニックはこのまま終わってしまうのか」というテーマを筆者が会社学の視点で分析しています。その後のV字回復を知った現在の私たちが改めて読むと、当時とはまた違った視点で読み進めることができます。

 

パナソニック覚醒 愛着心と危機感が生む変革のマネジメント

 

樋口泰行 (著)
出版社 ‏ : ‎ 日経BP、出典;出版社HP

本書は、「パナソニック」を覚醒させたマネジメントの手法を解説した本です。パナソニックコネクト社長樋口泰行が組織をどのように変革してきたのか、全42項目でその取り組みを明かしています。組織を改革していくために必要な経営者としての心構えなど多くのことを学ぶことができる一冊です。