そもそも経営学検定とは

 

経営学検定とは、またの名をマネジメント検定ともいい、経営に関する知識とその運用能力や問題解決能力を測る試験です。

 

経営学検定には、初級、中級、上級の3つの級が定められています。

上級が最も難易度が高く、それに伴い、合格率も最も低くなっています。

 

上級では、求められる知識が大学院レベルのものとなっているので、合格することで、経営管理能力や問題解決能力が一定の水準以上にあると認められます。

一般社団法人日本経営協会(監修), 特定非営利活動法人経営能力開発センター(編集)
出版社: 中央経済社、出典:amazon.co.jp

 

 

経営学検定の試験概要

 

先述の通りこの検定には、初級、中級、上級の3つの級があり、それぞれ課される試験内容が異なります。

中級と初級は、4択のマークシート形式で行われます。

 

上級は、一次試験と二次試験が設けられており、一次試験は筆記試験です。二次試験では、レポート作成、プレゼンテーション、グループディスカッションがあります。

 

試験内容を見ただけで、上級の難易度が高いことをご理解いただけるでしょう。

 

 

経営学検定の履歴書への記入方法

 

経営学検定 N級 取得

 

以上のように記入すれば十分でしょう。

ここで注意したいことは、取得した年月日を正確に記入することです。

どの資格を記載する際にも、当然のことですが、資格の名称は正確に記入しましょう。

 

経営学検定は就活に役立つのか。評価されるのはどの級からか。

 

結論から申しますと、就活という枠にはにはさほど効力がないところもあります。

特に中級や初級に関しては難易度も低い上に知名度もさほど無いところもありますが、上級に関しては上級と例えば中小企業診断士の取得というようにダブルライセンスがあると良いところもあります。

経営学検定の試験範囲は、中小企業診断士の試験範囲と被るので、対策もしやすいはずですし、そうであれば中小企業診断士の方が知名度もあるのでどちらもやる時間もなければ中小企業診断士の方が就活でアピールポイントとなるかもしれません。

一般社団法人日本経営協会(監修), 特定非営利活動法人経営能力開発センター(編集)
出版社: 中央経済社、出典:amazon.co.jp

 

経営学検定の履歴書のまとめ

 

  • 記入方法:経営学検定 N級 取得
  • 就活には単独だとさほど効力がない
  • 経営学検定より中小企業診断士を目指すのがいい場合も