「IoTを用いたビジネスについて学びたい」

「ビジネスに役立てられるIT系資格を取得したい」

 

このように考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこでおすすめなのが「ワイヤレスIoTプランナー検定」という資格です。本資格は、IoT導入を進める際に必要となる技術的知識やビジネス知識を身につけられます。

 

ワイヤレスIoTプランナーでは、試験に合格するか認定研修を受講するかの2種類の方式があります。

本記事では検定試験にフォーカスし、試験合格を目指す上でおすすめの参考書をご紹介していきます。

ランキングも確認する
出典:出版社HP

 

ワイヤレスIoTプランナー検定について

IoT(Internet of Things)とは、近年よく使われるIT関連の用語です。「モノのインターネット」と訳され、あらゆるものをインターネットにつなげることで遠隔操作をしたり、モノ同士で通信を行うことを可能にします。さらに、そこからデータを収集して分析することでシステムの向上にもつなげられます。

 

IoTの需要の高まりに応じて類似の検定も増えていますが、ワイヤレスIoTプランナー検定は、IoTの活用を進める組織の中核リーダー向けの資格です。IoT導入を主導する立場の方におすすめの資格です。

 

それでは、ワイヤレスIoTプランナー検定の概要に関して以下にまとめていきます。

 

検定名称 ワイヤレスIoTプランナー検定試験 [基礎]
受験資格 なし
試験方式 四肢択一式(CBT方式)
問題数 60問
試験時間 60分
受験料 一般:13,200円

アカデミー:11,000円

必要な知識レベル IoT利活用するためのビジネス知識

IoTシステムに関する技術基礎知識等の理解

 

ワイヤレスIoTプランナー検定では検定名称に[基礎]とついていますが、現在実施されている試験では特にレベル分けはされていません。受験資格もないため、どなたでも受験することができます。

 

試験は全国のテストセンターでコンピュータを使って行われるCBT方式が採用されています。試験は年2回、それぞれ1ヶ月間開催されますので、自分の予定に合わせての受験が可能です。

 

受験料は通常13,200円で、学生の場合は11,000円となります。ただし、学生料金で受験するためには1人の場合でも団体申込で申し込む必要がある点にご注意ください。

 

問題は四肢択一式で60問出題され、試験時間は60分間です。

 

試験では、IoTシステムに関する技術的知識だけでなく、IoTを活かすために必要となるビジネスの知識も問われます。

 

ワイヤレスIoTプランナー検定の対策ポイント

ワイヤレスIoTプランナー検定では、合格率などの難易度につながる情報は公開されていません。しかし、検定名に[基礎]とついていることからも、試験難易度としてはそこまで高くないようです。

 

それでは、ワイヤレスIoTプランナー検定の対策ポイントについて見ていきましょう。

 

ワイヤレスIoTプランナー検定は、近年開始されたばかりであまり情報がありません。参考書や合格者の勉強法などもほとんどないため、どのように勉強すれば良いか迷ってしまうかもしれません。しかし、基本的には類似検定と同様、IoTに関する知識をしっかりと身につけていけば問題ありません。

 

公式サイトにはサンプル問題も公開されていますので、どのような問題が出題されるのかチェックしておきましょう。

また、ワイヤレスIoTプランナー検定では、認定講習も開講されています。独学での取得に不安があるという場合には、こちらの受講も検討してみるのもおすすめです。

 

ワイヤレスIoTプランナー検定のおすすめ参考書

それでは、ワイヤレスIoT検定の対策におすすめの参考書をご紹介します。

ランキングも確認する
出典:出版社HP

1.ワイヤレスIoTプランナーテキスト[基礎編] 第2版

ワイヤレスIoTプランナー検定の公式テキストになります。本資格試験用の参考書はほとんど出版されていないので、試験範囲に絞って学習したいという場合は本書を利用すると良いでしょう。

2.IoTの基本・仕組み・重要事項が全部わかる教科書

こちらはワイヤレスIoTプランナー検定対策のための参考書ではありませんが、IoTの基本知識について体系的に学ぶことができる一冊です。試験範囲に囚われず、IoTに関して学習したいという方におすすめです。

 

ワイヤレスIoTプランナー検定のおすすめ参考書のまとめ

いかがでしたでしょうか。ここでは、ワイヤレスIoTプランナー検定のおすすめ参考書をご紹介しました。

 

ワイヤレスIoTプランナー検定は、最近実施し始めた試験なのであまり参考書などはありませんが、学習指定おけば今後様々な業界での活用が期待できます。

 

是非この機会にワイヤレスIoTプランナー検定の受験を検討してみてはいかがでしょうか。

ランキングも確認する
出典:出版社HP