【早速目次/中身を確認する】

2025年日本経済再生戦略 国にも組織にも頼らない力が日本を救う

 

成毛 眞 (著), 冨山 和彦 (著)
出版社 ‏ : ‎ SBクリエイティブ、出典;出版社HP

 

元マイクロソフト社長の成毛眞と経営共創基盤(IGPI)グループ会長の富山和彦による日本経済再生への戦略を論じた本です。「国」や「組織」に頼らずに生きていくとはどのようなことなのか、4つの章に分けてこれからの日本で生き残るためにすべき行動を具体的に解説しています。「老後」に漠然とした不安を抱えている方の助けとなるような一冊です。

 

[図解]IGPI流 経営分析のリアル・ノウハウ

 

冨山 和彦 (著), 経営共創基盤 (著)
出版社 ‏ : ‎ PHP研究所、出典;出版社HP

 

企業再生のプロである冨山和彦による経営分析のノウハウを説明した本です。経営分析・財務分析を机上の空論で終わらせてしまうのではなく、実際に企業の再生と結び付けるための実践テクニックが詰まった一冊です。会社の営業リーダーとして活躍する方、最近管理職に昇格された方など様々な立場の方に役立つ内容となっています。

 

「決断できないリーダー」が会社を潰す

冨山 和彦 (著)
出版社 ‏ : ‎ PHP研究所、出典;出版社HP

産業再生のプロフェッショナルが考える「リーダー論」を論じた本です。数々の企業を再生させてきた経験の中で培った智恵から導く、経営者にとって重要な「決断力」について学ぶことができます。大きな決断を迫られる場面が来るときに備えて、今のうちにしっかりと読んでおきたい一冊です。

 

「不連続な変化の時代」を生き抜く リーダーの「挫折力」

 

冨山 和彦 (著)
出版社 ‏ : ‎ PHP研究所、出典;出版社HP

 

ポストコロナ時代を生き抜いていくためのリーダー論を説いた本です。「調整型リーダー」では通用しない時代に求められる「トップダウン型の打たれ強いリーダー」とはどのようなリーダーであるのか、“挫折力”から読み解き明らかにしていきます。「半沢直樹から見えてくる日本企業の病理」などの引きつけるタイトルのコラムにも注目です。「リアル」なリーダー論を理解することのできるおすすめの一冊です。

 

AI経営で会社は甦る

 

冨山 和彦 (著)
出版社 ‏ : ‎ 文藝春秋、出典;出版社HP

 

数多くの企業を再生させてきた企業再生のプロ 冨山和彦によるAI時代の経営論が書かれた本です。AI時代でどのように産業の仕組みが変化していくのか、それに対応し生き残っていくためには何を実践していくべきなのかといった企業のこれからに向けて気になる内容が盛りだくさんの一冊です。

 

IGPI流 DXのリアル・ノウハウ

 

冨山 和彦 (著), 望月 愛子 (著)
出版社 ‏ : ‎ PHP研究所、出典;出版社HP

 

DX経営に必要な知識を解説したDXの入門&実践の書です。近年話題となっているDXですが、DXとは何を指していて具体的には何をすればいいのか分からないといった方も多いのではないでしょうか。そのような疑問を解消し、さらに現場を知り尽くした筆者だからこそ分かる実践ノウハウを掲載したのが本書の特徴です。時代においていかれないためにも今のうちに読んでおいておきたいおすすめの一冊です。

 

IGPI流 セルフマネジメントのリアル・ノウハウ

 

冨山和彦 (著), 経営共創基盤 (著)
出版社 ‏ : ‎ PHP研究所、出典;出版社HP

 

経営再建ビジネスのプロフェッショナルがこれからの日本社会で生き延びるためのノウハウを解説した本です。M&Aが頻発している現代では、いつ自分の事業部が「身売り」されてもおかしくないかもしれません。本書では、現場から見出した実践すべきノウハウを18カ条に記しています。どこでも活躍できる人材になりたい方におすすめの一冊です。

 

IGPI流 ビジネスプランニングのリアル・ノウハウ

 

冨山 和彦 (著), 経営共創基盤 (著)
出版社 ‏ : ‎ PHP研究所、出典;出版社HP

 

「IGPI流リアル・ノウハウシリーズ」の第3作目となるビズネスプランニング編です。事業計画の書き方の手順から、外食企業と機械製造業の二つの事業再生事例、さらに自社が勝つための戦略まで詳しく解説しています。会社の事業計画に携わるすべての人に読んでいただきたい一冊です。

 

IGPI流 ローカル企業復活のリアル・ノウハウ

 

冨山 和彦 (著), 経営共創基盤 (著)
出版社 ‏ : ‎ PHP研究所、出典;出版社HP

 

「地方経済に未来はない」という俗説に対し、企業再生のプロフェッショナルの目線で論じた本です。多くのローカル企業の再生にも携わった経験から考えるローカル経済圏を再生させるためのノウハウを業種別に解説しています。具体例が豊富に掲載されているため、現在地方で企業の経営をされている方の経営のヒントとなるような一冊です。

 

IGPI流 経営分析のリアル・ノウハウ

 

冨山 和彦 (著), 経営共創基盤 (著)
出版社 ‏ : ‎ PHP研究所、出典;出版社HP

 

企業再生のプロフェッショナルが実践している37の経営分析の手法を紹介している本です。会社にとって非常に重要でありながら、正確で効果的な形で実践されていることが少ない経営分析・財務分析をメーカーから通信、飲食など様々な業種を例に丁寧に解説しています。「数字のウラ側を読み解く技術」を身につけることができ、判断ミスの許されない立場の方に特におすすめしたい一冊です。

 

コーポレート・トランスフォーメーション 日本の会社をつくり変える

 

 

ベストセラー『コロナショック・サバイバル 日本企業復興計画』続編となるポストコロナ時代で企業が生き残るための戦略を説いた本です。日本型企業モデルとDXをどのように適切に両立させていくのかについて説明されています。数少ないコーポレート・トランスフォーメーションを解説した本であり貴重な一冊です。

 

コロナショック・サバイバル 日本経済復興計画

 

冨山 和彦 (著)
出版社 ‏ : ‎ 文藝春秋、出典;出版社HP

 

コロナショック後の日本経済でどのように企業として個人として生き残っていくべきなのかを、筆者の長年にわたる企業再生の実務経験から描いた本です。日本国内の目線だけではなく、アメリカや中国などの視点を交えることで多角的にコロナショック後の経済を分析しています。個人としてどう生き残るのかについても言及されているため、全てのビジネスマンにおすすめの作品です。

 

シン・君主論 202X年、リーダーのための教科書

 

冨山 和彦 (著), 木村 尚敬 (著)
出版社 ‏ : ‎ 日経BP、出典;出版社HP

 

多くのリーダーが座右の書とするマキャベリ作『君主論』を現代ビジネスに当てはめながら解説した本です。『君主論』の中でも特に重要部分を抜き出し、実際の現場でどのように活かすことができるのかを解説しているため、『君主論』を読んでみたいけれども時間があまり取れないという方にもおすすめです。企業再生のプロフェッショナル 冨山和彦と『ダークサイド・スキル』で知られる木村尚敬ならではの視点に注目です。

 

ビジネスモデルを劣化させない戦略思考の鍛え方

 

冨山和彦 (編集), 岸本光永 (編集)
出版社 ‏ : ‎ 日本経済新聞出版、出典;出版社HP

 

なぜビジネスモデルが劣化してしまうのか、ビジネスモデルを劣化させないための求められるリーダー像とは何であるのかについて説明した本です。ビジネスモデルの劣化によって経営破綻する企業が多い中で、長く続く企業を経営していくために必要な「戦略思考」を詳しく解説しています。戦略思考の基本的な考え方やフレームワークを学ぶことができるため起業を考えている方にはぜひ読んでいただきたい一冊です。

 

プロフェッショナルコンサルティング

 

波頭 亮 (著), 冨山 和彦 (著)
出版社 ‏ : ‎ 東洋経済新報社、出典;出版社HP

 

コンサルティングを知り尽くした波頭亮・冨山和彦によるコンサルティングの真髄を語った本です。実戦で活躍している二人の対談から見えてくるコンサルティングのリアルに注目です。コンサルタントとして何を身につけ、どのように行動するべきなのかを学べる本となっており、若手コンサルタントの方やコンサルティングに興味のある方に非常におすすめです。

 

会社は頭から腐る―あなたの会社のよりよい未来のために「再生の修羅場からの提言」

 

冨山 和彦 (著)
出版社 ‏ : ‎ ダイヤモンド社、出典;出版社HP

 

企業再生のプロとして数々の修羅場を経験してきた筆者による企業のトップとしてふさわしい人物像を解説した本です。「真剣勝負で「負け」を経験した人をトップに任命せよ!」など経験に裏付けされているからこそ語ることのできる鋭い指摘が満載です。経営者の方だけではなくこれから社会に出る学生にこそぜひ読んでいただきたい一冊です。

 

結果を出すリーダーはみな非情である

 

冨山 和彦 (著)
出版社 ‏ : ‎ ダイヤモンド社、出典;出版社HP

 

ミドルリーダー(中間管理職)が会社を変えるためのリーダーシップについて学ぶことができる本です。リーダーとして意識すべきことを経営者の立場で説明しています。中間管理職として会社のためにどのように貢献していけるのか悩んでいる方、さらに上を目指して努力しようとしている方のモチベーションの源泉となるような一冊です。

 

挫折力―一流になれる50の思考・行動術

 

冨山和彦 (著)
出版社、出典;出版社HP

 

これからの時代を生き抜いていくうえで欠かせない力となる「挫折力」について解説した本です。本書で言う「挫折力」とは、「挫折を愛し、乗り越え、活かしていく力」のことを指し、この力を養うことが成長への近道となります。「金銭へのこだわりの捨て方」などビジネスの現場でのより具体的な挫折力についても解説されており、若い世代の方々にとってこれからの人生で重要な考え方を身につけることができます。

 

社長の条件

 

中西宏明 (著), 冨山和彦 (著)
出版社 ‏ : ‎ 文藝春秋、出典;出版社HP

 

経団連会長 中西宏明の初の著書となる「社長」として必要な条件について語った本です。日立製作所取締役会長と経営競争基盤代表取締役CEOの対談を中心に構成されており、大企業を率いるリーダーから見た次世代のリーダーとして求められる条件やその育成方法などを知ることができます。経営者からの視点を学ぶことができるため、リーダーを目指す方にとって非常に役立つ内容となっています。

 

新L型経済 コロナ後の日本を立て直す

 

冨山 和彦 (著), 田原 総一朗 (著)
出版社 ‏ : ‎ KADOKAWA、出典;出版社HP

 

ポストコロナ時代において重要となる地域経済の復活について解説している本です。グローバル化・デジタル化が進行している現代の日本社会で地域経済を回復させていくことの必要性をCXやDX、L型企業などのキーワードをもとに説明しています。日本の未来に漠然とした不安を抱えている方、ローカル経済に興味のある方などに特におすすめです。

 

選択と捨象 「会社の寿命10年」時代の企業進化論

 

冨山和彦 (著)
出版社 ‏ : ‎ 朝日新聞出版、出典;出版社HP

 

日本再生に向けた企業が行うべき改革を説明した本です。カネボウやダイエー、JAL、鬼怒川温泉などの再生に携わった筆者が、ブラック企業やゾンビ起業淘汰の必要性や改革の重要性について語っています。それぞれの企業再生の事例が紹介されており、これからの経営者として求められる力を再確認することができる一冊です。

 

地方消滅 創生戦略篇

 

地方問題の二代論者である増田寛也と冨山和彦の対談から学ぶ地方創生の戦略についての本です。移民問題や自動運転、ドローンといった実際に地方で起こっている課題に対しての解決策を様々な視点から導き出しています。多くの話題を扱っているため、目次から気になるトピックを探しながら読んでいくのもおすすめです。

 

有名企業からの脱出 あなたの仕事人生が〝手遅れ〟になる前に

 

冨山 和彦 (著)
出版社 ‏ : ‎ 幻冬舎、出典;出版社HP

 

カネボウやダイエー、JALといった大企業の修羅場を知る筆者による「これからの働き方」を説いた本です。これからの社会で生き抜いていくためにはどのような働き方をしていくべきなのか、企業再生のプロとして企業の裏側を知る筆者からの貴重な提言が掲載されています。人としての生き方を考えさせられるような、若いうちに読んでおきたい一冊です。