近年は、観光スポットを夜でも楽しめるようにライトアップがされることが多くなりました。夜景やイルミネーション好きな人に必見、

「夜景観光士検定」の資格を受験して履歴書に書いてみませんか。

夜景観光士検定とは、一般社団法人「夜景観光コンベンション・ビューロー」によって実施されている、民間の検定試験です。前身の試験から名前を変えて、2019年より開始されました。夜景を鑑賞するプロの育成だけにとどまらず、「夜景観光」を軸に人材の育成を目指すことを目的に行われます。3級~1級の3つに試験区分がされています。3級・2級には受験資格が特にありませんが、1級には「夜景観光士検定2級合格者」という規定があります。

一般社団法人 夜景観光コンベンション・ビューロー
ぴあ、出典:出版社HP

 
 

そもそも「夜景観光士検定」とは?

(一社)夜景観光コンベンション・ビューロー主催の「夜景観光士検定」は

全国各地の夜景の知識を問う為の検定試験で

「夜景鑑賞士検定」と姉妹版の「イルミネーション検定」の2つを統合したものです。

通称「夜景検定」と呼ばれています。

夜景を観光にするために盛り上げていこうという目的で作られました。

 

受験資格は、年齢、性別、国籍関係ないので子供でも興味があれば受験することは可能です。

認定級は、

3級(夜景観光についての知識がある初級レベル)、

2級(夜景観光に関する知識が仕事でも役にたつ中級レベル)、

1級(夜景を活用した観光プランの提出など実地検分しないと知識だけでは合格できないレベル)

※1級の合格率は5%前後です。

 

試験科目は

「夜景観光士検定公式テキスト」と「日本夜景遺産」公式HPの認定地情報から100%出題されるので、3級を受験する方は、テキストを必読していれば受かるレベルと言えます。

 
夜景観光士検定とは、一般社団法人「夜景観光コンベンション・ビューロー」によって実施されている、民間の検定試験です。前身の試験から名前を変えて、2019年より開始されました。夜景を鑑賞するプロの育成だけにとどまらず、「夜景観光」を軸に人材の育成を目指すことを目的に行われます。3級~1級の3つに試験区分がされています。3級・2級には受験資格が特にありませんが、1級には「夜景観光士検定2級合格者」という規定があります。

一般社団法人 夜景観光コンベンション・ビューロー
ぴあ、出典:出版社HP

 

夜景観光士検定の履歴書の書き方は?

目指している業界に関連性があるのなら、資格の欄に、関連性がない場合は趣味の欄に正式名所で書きましょう。

 

夜景観光士検定の履歴書の書き方は?

 

例:2019年12月 夜景観光士検定 3級 認定

 

と書きましょう。

 

ここで注意があります。

 

2019年以前に取得した「夜景鑑賞士検定」と「イルミネーション検定」の場合、取得した時の名称で書きましょう。

 

例:2018年1月 イルミネーション検定 3級 (現:夜景観光士検定)認定

 

夜景鑑賞士検定のメリット、持つと有利な業界・職種はある?

 

夜景鑑賞士検定の資格は就職や転職ですぐに有利になる様な資格ではありません

が、イルミネーションのデザイン業界や、旅行・観光業、接客業を目指す方には持っていて損はありません。

 

実際にハウステンボス、あしかがフラワーパーク、江の島「湘南の宝石」、(一社)横浜港振興協会、伊豆ぐらんぱる公園、さがみ湖イルミリオン、六本木ヒルズ「東京シティビュー」、他多数

(夜景観光士検定のHPより)

 

など様々な企業に協賛されています。それだけこの資格は注目されているのです。

 

旅行・観光業にしても、後にツアーの企画を考える立場になった時や、ステップアップのための課題として役立ちます。

 

また、ツアーコンダクターになった時は、おすすめポイントや、名所の知識は誰よりもあると自負でき自信につながるでしょう。

 

ホテルや地域行事などのイベント時などでも活躍が期待されるでしょう。

夜景観光士検定とは、一般社団法人「夜景観光コンベンション・ビューロー」によって実施されている、民間の検定試験です。前身の試験から名前を変えて、2019年より開始されました。夜景を鑑賞するプロの育成だけにとどまらず、「夜景観光」を軸に人材の育成を目指すことを目的に行われます。3級~1級の3つに試験区分がされています。3級・2級には受験資格が特にありませんが、1級には「夜景観光士検定2級合格者」という規定があります。

一般社団法人 夜景観光コンベンション・ビューロー
ぴあ、出典:出版社HP

 
 

夜景鑑賞士検定の取得するのに向いている人

どんなタイプがこの資格に向いているのでしょう。

 

まず、旅行・観光業に興味がある人はもちろん、単純に旅行が好き!夜景が好き!綺麗なものが好き!というロマンチストな人に向いているでしょう。

他にも地域を活性化させたい!どのようにしたら活性化できるのか!という熱い思いがある方にもお薦めです。

 

同じ部類の資格に

・ライティングコーディネーター

・照明コンサルタント

・世界遺産検定

・地図地理検定

 

などあります。資格によっては自分に合った問題があるので興味があるものはどんどん受験してみましょう。

自己紹介のときなどにも使えるので持っていて損はありません。

 

夜景鑑賞士検定の履歴書のまとめ

資格取得のための勉強は、費やした分だけ知識や力になります。

目標に向かって努力する姿は決して無駄ではありません。

検討を祈ります。

 

夜景観光士検定とは、一般社団法人「夜景観光コンベンション・ビューロー」によって実施されている、民間の検定試験です。前身の試験から名前を変えて、2019年より開始されました。夜景を鑑賞するプロの育成だけにとどまらず、「夜景観光」を軸に人材の育成を目指すことを目的に行われます。3級~1級の3つに試験区分がされています。3級・2級には受験資格が特にありませんが、1級には「夜景観光士検定2級合格者」という規定があります。

一般社団法人 夜景観光コンベンション・ビューロー
ぴあ、出典:出版社HP