【早速目次/中身を確認する】

「温泉が好き」

「温泉について体系的に学んでみたい」

 

このような方におすすめなのが「温泉ソムリエ」という資格です。この資格では、温泉についてや、正しい入浴方法を学ぶことを目的としています。

 

本記事では、温泉ソムリエの合格を目指す上でおすすめの参考書をご紹介していきます。

 

温泉ソムリエについて

温泉ソムリエは、温泉ソムリエ協会が主催している民間資格です。温泉のマナーや正しい入浴方法、温泉の成分などについて学び、より温泉を楽しむことを目的としています。

 

本資格は、芸能人の取得者も多く、メディアで紹介されることもあるため、すでにご存知の方もいらっしゃるかもしれません。このように、一般の温泉好きの方からタレント、ライター、医師など幅広い層の人気を集めている資格です。

 

温泉ソムリエの資格を取得するには、認定セミナーを受講するか、温泉ソムリエ認定講座に合格するかの2通りの方法がありますが、今回は認定試験の方にフォーカスしてご紹介します。

 

それでは、温泉ソムリエの検定概要に関して以下にまとめていきます。

 

受験資格 なし
試験方式 動画受講+確認テスト(オンライン)
問題数 25問
受験料 28,600円(税込)
受講期間 5ヶ月
合格基準 満点

 

温泉ソムリエには特に受験資格は設けられていませんので、どなたでも受験が可能です。動画受講後、確認テストに合格することで認定が受けられます。

 

試験はオンラインで行われており、問題数は25問、合格基準は満点となっています。満点を取らないと合格できないと聞くと、かなり厳しいと感じるかもしれませんが、本検定では、5ヶ月の期間中なら間違えた問題に何度でも再挑戦することができます。そのため合格も難しくないですし、試験を受ければどの知識が身についていないかを確認することができます。

 

温泉ソムリエの認定を受けると、上位資格である「温泉ソムリエ検定」の受験が可能となります。温泉ソムリエ検定は、あえてテストを受けて自分の実力を測りたいと言った方や、認定証が欲しいといった方向けに設立されました。更なる上位認定を目指したいといった方におすすめです。

 

温泉ソムリエの対策ポイント

温泉ソムリエでは、合格率などの難易度につながる情報は公開されていません。しかし、合格できるまで試験に挑戦できる形態をとっているので、資格取得難易度は易しいと言えるでしょう。

 

それでは、温泉ソムリエの対策ポイントについて見ていきましょう。

 

まずは、動画講座を受講し、知識をつけていきましょう。この講座では、温泉分析書の見方や、各泉質の特徴など、温泉に関する専門的な知識も含まれます。ひとつずつ丁寧に覚えていきましょう。

 

受講が終了し、知識が身についたらいよいよ確認テストの受験です。満点で合格になるので一度では受からないかもしれませんが、トライ&エラーを繰り返しながら合格を目指しましょう。

 

温泉ソムリエのおすすめ参考書

それでは、温泉ソムリエの対策におすすめの参考書をご紹介します。

 

1.街角のイノベーション なぜ、人は挑むのか

岩崎達也 (著)
出版社 ‏ : ‎ 下町書房、出典:出版社HP

 

 

身近な人たちが、頑張っている姿をみて、少し頑張ってみようと思えるような本です。大きな改革はのぞんではいないけど、ビジネスマンから専業主婦が、少し成長したいと思った時に読むといい刺激になり心が温かくなります。

 

2.宿の主人が語る 究極の癒やし湯 (ヤエスメディアムック540)

遠間和広 (監修)
出版社 ‏ : ‎ 八重洲出版、出典:出版社HP

 

本書は、温泉ソムリエ家元が監修を務めている温泉ガイドブックです。

いい温泉を持つ宿の主人がリレー方式で、次々と同業者のいい温泉を薦めているので、名湯ばかりを紹介しています。写真も美しく、宿の歴史や温泉の質も詳しくのっているので行ってみたくなる一冊です。

温泉関係者やより知識を深めたいと思っている方にもお薦めです。

 

3.癒やしの温泉紀行「究極のにごり湯」 (ヤエスメディアムック604)

遠間和広 (監修)
出版社 ‏ : ‎ 八重洲出版、出典:出版社HP

 

本書は、温泉ソムリエが監修した「にごり湯」に特化したガイドブックです。

なぜにごり湯になるのか、色の違い、その魅力、成分など細かな説明付きで飽きる事なく読み切れます。綺麗な写真をみているだけで入ってみたくなります。

温泉知識をより増やしたい方にもお薦めです。

 

4.温泉の科学 温泉を10倍楽しむための基礎知識!! (サイエンス・アイ新書)

佐々木 信行 (著)
出版社 ‏ : ‎ SBクリエイティブ、出典:出版社HP

 

本書は、温泉の基礎知識初心者でもわかりやすい内容です。

成分、効能や歴史、温泉にまつわる話も多く掲載されているので知識を高めながら楽しく最後まで読めます。

濃い内容になっているので温泉をより詳しくなりたいという方にお薦めです。

 

5.温泉を知るー温泉分析書を道しるべにした温泉案内ー 新装版

信濃孝一 (著)
出版社 ‏ : ‎ 清廉舎、出典:出版社HP

 

本書は、日本や海外の温泉を詳しく紹介しています。

温泉知識初心者でもわかりやすい説明で、温泉の定義や効能・成分などについて書いてあります。

温泉関係者や、温泉ソムリエなどなどより知識を深めたい方にもお薦めです。

 

6.温泉ソムリエ・中野一行 厳選 中国・四国かけ流し温泉ガイド&メモ

中野一行 (著)
出版社 ‏ : ‎ ザメディアジョン、出典:出版社HP

 

本書は、温泉ソムリエ中野一行が厳選した、中国・四国地方のみのかけ流し温泉ガイドブックです。

美しい写真で、温泉だけではなくその施設の様子の写真もあり本に直接書き込めるメモ蘭も魅力です。温泉知識を高めたいと思っている方にもお薦めです。

 

7.温泉手帳 増補改訂版

松田 忠徳 (著)
出版社 ‏ : ‎ 東京書籍、出典:出版社HP

 

「温泉学」などの分野を切り開いた、温泉研究の第一人者松田忠則さんによる著書の増補改訂版です。

温泉の泉質別の紹介や効能、歴史や文化などが詳しく掲載されています。写真や地図のついているので、温泉のことをより詳しく知りたい温泉関係者やソムリエ資格を目指している人にもお薦めです。

 

8.温泉を真に楽しむ教科書 -ピンピンコロリの終焉を目指して、病院よりも温泉に行こう-

 

本書は、温泉の特徴を科学的に究明しているので、温泉の効能や、成分、それによる影響など詳しくしりたい人や、温泉によって寿命や疾患、より健康になりたい人に向いていている本です。

温泉の正しい入り方により、有用性を正しく理解し、健康をより意識することができるので、お薦めの一冊です。

 

温泉ソムリエのおすすめ参考書のまとめ

いかがでしたでしょうか。ここでは、温泉ソムリエのおすすめ参考書をご紹介しました。

 

温泉ソムリエの資格を取ることで、正しい入浴方法や温泉の泉質について学ぶことができ、温泉旅行がもっと楽しく、気持ち良いものになります。

 

取得難易度も高くないので、是非この機会に温泉ソムリエの取得を検討してみてはいかがでしょうか。