「自分のこだわりに合ったタオル選びをしたい」

「タオルや繊維関連の仕事に活かせる資格が欲しい」

 

このような方におすすめなのが「タオルソムリエ」という資格です。

本検定では、タオルに関する正しい知識を身につけ、知識を活かしてより良いタオル文化の普及を行うプロフェッショナルな人材の育成、およびタオルの魅力を全国に発信することを目的としています。

 

本記事では、タオルソムリエ資格試験の合格を目指す上でおすすめの参考書をご紹介していきます。

 

タオルソムリエ資格試験について

「今治タオル」といえば、高品質なタオルとして認知している方も多いのではないでしょうか。その今治タオルを製造する、今治タオル工業組合が実施している民間の資格試験が、「タオルソムリエ資格試験」です。

 

一口にタオルといっても様々な種類が存在し、現在流通しているタオルは何千種類におよびます。その中から本当に自分の好みにマッチしたタオルを探し出すのは難しく、なんとなくで選んでしまっている方が多いのが現状ではないでしょうか。そこで、お客様の求める種類や素材、用途に合わせたタオルを選び出せるアドバイザーを育成することを目的として設立されたのがタオルソムリエ資格試験です。

 

それでは、タオルソムリエ資格検定の概要に関して以下にまとめていきます。

 

検定名称 タオルソムリエ資格試験
受験資格 なし
試験方式 択一方式
問題数 50問
試験時間 90分
受験料 8,800円

(テキスト代込の場合:11,000円)

合格基準 100点満点中80点以上
出題内容 ・タオルの歴史

・タオルの製造過程

…綿花からタオル製品が完成するまでの製造過程

・タオル関係用語

…専門用語の理解

・タオルの種類

…タオルの種類、用途、特徴

・タオルの流通

…メーカーから消費者までの流通過程

・タオルをお客様にお勧めする方法(サービスの在り方)

・その他(テキスト以外からタオル関連問題が一部出題されることがあります)

 

タオルソムリエ資格試験では、学歴、年齢、性別、国籍は一切問われません。より良いタオル文化の普及につなげられるプロフェッショナルな人材を目指している方ならどなたでも受験が可能です。

 

試験は、択一式の問題が50問出題され、試験時間は90分間です。

 

100点満点中80点以上の得点で合格となり、「タオルソムリエ」に認定されます。

 

受験料は8,800円で、テキスト付きの場合は11,000円となります。テキストは別で購入することも可能ですが、セットで申し込むと1,100円ほど安くなります。その他、再受験の場合は6,600円(テキスト付き:8,800円)で受験ができます。

 

試験の内容は、タオルの種類や歴史、流通に関してや、お客様にお勧めする方法など、アドバイザーとして必要となる知識が出題されます。

 

タオルソムリエに認定されると、「タオルソムリエ倶楽部」という認定者同士の交流を目的としたオンラインコミュニティに参加することができます。ここでは、お客様からの意見・要望の交換、質問やクレーム対応方法の共有が行われており、日々の業務をより良くするための情報交換ができます。

 

続いて、タオルソムリエ資格試験の合格率を見てみましょう。

 

【合格率】

 

第14回 第13回 第12回 第11回 第10回 通算
合格率 44.4% 49.6% 52.6% 51.6% 53.4% 55.4%

タオルソムリエ資格試験の合格率は50%程度となっています。公式サイトでは、実施年や試験会場ごとに合格率が公表されているので、詳しい結果が知りたい方は公式サイトをチェックしてみてください。

 

タオルソムリエ資格試験の対策ポイント

上の項目で見たように、タオルソムリエ資格試験の合格率は50%程度と、試験の難易度としては普通の分類に入ります。

 

それでは、タオルソムリエ資格試験の対策ポイントについて見ていきましょう。

 

資格試験を受験する際の基本の勉強方法としては、テキストを一読してから問題集で演習を積むのが一般的だと思います。しかし、タオルソムリエ資格試験では過去問や模擬問題集の類が販売されていないので、テキストのみで学習を進めることになります。そのため、重要単語をまとめたノートを作るなど、自分なりに覚えやすい工夫をすると良いでしょう。

 

また、タオルソムリエ資格試験では、合格基準が100点満点中80点以上とやや高めに設定されています。問題数に変換すると、11問以上間違えると不合格となってしまいます。そのため、テキストの内容をいかに正確に覚えているか、試験本番で問題文の読み間違えなどのミスをしないか、といった点も合格へのポイントとなります。

 

タオルソムリエ資格検定のおすすめ参考書

それでは、タオルソムリエ資格検定の対策におすすめの参考書をご紹介します。

 

1.タオルソムリエテキスト

 

本書は、全国的に知られる今治タオル主催の「タオルソムリエ」公認テキストです。

今治タオルだけではなく、タオルに関する歴史から文化、ブランド、技術など正しい知識を紹介しています。このテキストを何回もしっかりと熟読すれば解答できるようになるので受験を考えている方にお薦めです。

 

タオルソムリエ資格試験のおすすめ参考書のまとめ

いかがでしたでしょうか。ここでは、タオルソムリエ資格試験のおすすめ参考書をご紹介しました。

 

タオルソムリエの資格は、関連事業にお勤めの場合はお客様への提案や商品開発に活かすことができますし、それ以外の方もご自分の好みに合わせたタオルを選ぶために役立つ知識を身につけられます。

 

是非この機会にタオルソムリエ資格検定の受験を検討してみてはいかがでしょうか。