ビジネス実務マナー検定のおすすめ問題集・テキスト・参考書ランキング – 合格勉強法

ビジネス実務マナー検定の独学勉強法は、

 

「問題集を繰り返し解く」ことです。

 

ビジネス実務マナー検定の試験問題は、社会人の基礎であるビジネスマナーが問われ、その項目は多岐にわたるため範囲が広いです。

そのため、早めに実践的な問題に触れて、問題を解きながら、覚えていくのが効率的です。

1級では、面接試験が課されますので、頭でわかっているだけでは不十分です。

 

ですから、問題集を仕上げたら、身近な人などと面接練習を行うことも必要でしょう。

 

ビジネス実務マナー検定の勉強法:問題集を繰り返し解く

 

これらの対策にも有効なのが、問題集を解くことです。

マナーと言っても、そんなに簡単なものではありません。

 

意中の級に合格するには、実際にどのような問題が出題されるのかを正確に把握する必要があります。

問題集を解くことで、自分がどの問題・分野が苦手なのか、覚えにくいのかを把握することができます。

 

間違えた問題は、必ず解答解説を読みこみましょう。

そしてなぜ間違えたのかを明確にしておきましょう。

 

凡ミスなのか、まだ覚えきれていないのか、理由を明確にしておくことで、重点的に勉強すべきことを整理できます。

そして、この試験勉強は、単にビジネス実務マナー検定のための勉強に留まらず、社会人として人に接する際に大切なマナーを学ぶこととつながります。

 

この検定の為だけのマナーなど存在しません。

決して学んだ内容を日常生活でも疎かにしないようにしましょう。

 

ビジネス実務マナー検定おすすめのテキスト

おすすめするテキスト・参考書は、各級の過去問集と公式ガイドです。

この過去問題集を、各級ごとに周回することで、確実に合格に近づくことができます。

解答解説を読んでも理解できない時には、公式ガイドを参考に理解を深めてください。

 

ビジネス実務マナー検定 実問題集3級

公益財団法人 実務技能検定協会 (著)
出版社 ‏ : ‎ 早稲田教育出版:、出典:出版社HP

 

ビジネス実務マナー検定 実問題集1・2級

公益財団法人 実務技能検定協会 (著)
出版社 ‏ : ‎ 早稲田教育出版:、出典:出版社HP

 

ビジネス実務マナー検定 受験ガイド3級

公益財団法人 実務技能検定協会 (著)
出版社 ‏ : ‎ 早稲田教育出版:、出典:出版社HP

 

ビジネス実務マナー検定 受験ガイド2級

公益財団法人 実務技能検定協会 (著)
出版社 ‏ : ‎ 早稲田教育出版:、出典:出版社HP

 

ビジネス実務マナー検定 受験ガイド1級

 

公益財団法人 実務技能検定協会 (著)
出版社 ‏ : ‎ 早稲田教育出版:、出典:出版社HP

 

先ほども述べたように、マナーとは普遍的なものなので、ビジネス実務マナー検定に限定した参考書のみならず、一般のマナー本でも対応できる場合が往々にしてあります。

 

ビジネス実務マナー検定の試験情報

試験情報として、試験日、受験料、合格率、試験内容、試験の方式などをお伝えします。

ここの情報は、当記事執筆当時のものですので、受験を決した際には、必ず、主催団体が発する試験要項を確認するようにお願いします。

まず、このビジネス実務マナー検定試験に各級とも受験資格はありません。ですから、誰でも受験をすることができます。

 

受験日は、各級、年に2回設けられています。

合格率は、1級が約50%、2級が約60%、3級が約65%です。

2、3級はマークシート方式で実施されますが、1級はマークシート方式に加え面接試験があります。

 

受験料は、3級:2800円、2級:4,100円、1級:6500円(税込)です。

合格基準は、各級60%の得点率が基準です。

 

ビジネス実務マナー検定の勉強法・参考書のまとめ

ここまで、ビジネス実務マナー検定の勉強法・おすすめテキストを紹介してきました。

 

上記の方法は、あくまで筆者が考えるものなので、各自で勉強する中で、自分の”型”のようなものを見つけられると良いかと思います。

 

人間なので、しっくりくる勉強法も人それぞれです。

ですから、まずは机に向かって見てください。

 

勉強を進めていくと、自分にとって最適な勉強方法が見つかると思います。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

関連記事

関連記事