就職・転職活動中の人の中には、電卓技能検定を取得して履歴書に書きたいと考えている人もいるでしょう。

しかし、電卓技能検定を履歴書に書くことができるのかわからない、そもそも評価されるのか、などの疑問を持っていることもあると思います。

そこで、本記事では電卓技能検定を履歴書にどのように書くのかなどについて紹介していきます。

電卓技能検定の履歴書への書き方

「日本電卓技能検定協会主催 電卓技能検定試験○級/○段」もしくは、「電卓技能検定試験○級/○段」と書きましょう。

履歴書には、「日本電卓技能検定協会主催 電卓技能検定試験○級/○段」と正式名称を書くのが一般的です。

しかし、非常に長い資格名のため、履歴書によっては記入欄に収まらないという場合もあると思います。

その時には、主催を除いて「電卓技能検定試験○級/○段」と記載しても良いでしょう。

電卓関連の検定には、財団法人全国商業高等学校協会主催の「電卓実務検定試験」や公益財団法人全国経理教育協会主催の「電卓計算能力検定試験」などもあります。

少しの名称の違いで異なる試験になってしまうので、主催団体を書かない場合でも試験名は「電卓技能検定試験」と略さずに書きましょう。

電卓技能検定を履歴書に書くとき注意すること

履歴書に電卓技能検定を書く場合は、資格についてしっかりと説明できるようにしておきましょう。

TOEICや簿記検定は、ほとんどの人が説明せずともどのような資格なのか理解しています。ですが、電卓技能検定は「どのような力を評価するのか」、「履歴書に書いてある級(段)がどのくらいのレベルなのか」などを理解していない人も多いです。

そのため、電卓技能検定を履歴書に書くときには、

・電卓技能検定がどのような検定なのか

・自分の取得した級(段)はどのくらい難しいのか

・電卓技能検定は実務でどう役立つのか

を面接説明できるように簡単にまとめておきましょう。

ランキングも確認する
出典:出版社HP

電卓技能検定は履歴書に書いて評価されるか

実際に履歴書に書いて評価されるのは4級からです。

5級から7級は初心者向けと言われており、電卓操作に慣れている人なら対策なしで受かることも可能な試験です。

「仕事で電卓を使える」「電卓操作に慣れている」とアピールしたいと考えている人であれば最低でも4級を取得しましょう。

また、電卓を頻繁に使う職種のときは、2級以上を持っていると自信を持って履歴書に書くことができます。

電卓技能検定を履歴書にどう書くかについてのまとめ

いかがでしたでしょうか。本記事では、電卓技能検定を履歴書にどう書くかなどについて紹介しました。

パソコン上での計算が多くなり電卓を使うことが少なくなってきたと言われていますが、まだまだ電卓を使っている職業もあります。

そのような職業への就職・転職を考えている人にとって、電卓技能検定は履歴書に書いておきたい資格のひとつでしょう。

気になる人は資格を取得してみてください。

ランキングも確認する
出典:出版社HP