「マイナンバー実務検定ってどのくらい難しいのだろう?」

こうした疑問を持っている人もいると思います。

マイナンバー制度を良く理解し、適正な取り扱いをするためのマイナンバー実務検定は、どのくらいの難易度なのでしょうか。
今回は、それらについて詳しく紹介していきます。

合格率はどのくらい?

2016年に始まったマイナンバー制度に先駆けて、全日本情報学習振興協会が2015年から主催している民間資格の試験であるマイナンバー実務検定は、マイナンバー制度に関連する様々な法律の制度を理解して、マイナンバーを適正に取り扱うことができる知識を身に着けることを目的としています。1級~3級までがあり、いずれの級もマークシート方式です。各級に受験資格は定められておらず、誰でも受験することが可能です。

学歴や年齢などの制限がないマイナンバー実務検定ですが、実際の合格率はどのくらいなのでしょうか。現在、合格ラインは、各級とも正答率70%以上と定められています。ただし、問題の難易度により調整され、正答率70%以下でも合格できる場合があります。つまり、マイナンバー実務検定は相対評価の試験であると言えます。
それでは、合格率を見てみましょう。

ユーキャンの人気講座ランキング



  3級 2級 1級
2016年 71.0% 45.1% データなし
2015年 84.1% 55.6% データなし

これは、過去2年分の各級の合格率を表にしてまとめたものです。このように、級によって合格率が変動することがわかります。3級は比較的合格率は高く、2級の合格率は高くも低くもないと言えるでしょう。また、1級は合格率のデータはありませんが、2級よりさらに合格率は低くなると思われます。

ランキングも確認する
出典:出版社HP

難易度はどれくらい?

上記で紹介した合格率を見てもらうと分かる通り、マイナンバー実務検定は級が上がるごとに合格率は低くなります。つまり、難易度は級が上がることに高くなっていくということです。3級では、約7割~8割の人が合格しているため、難易度は低いと言えるでしょう。2級では、5割前後とおよそ半分の人が合格しており、難易度は易しくも難しくもなく普通だと言えます。ただ、約半分の人は合格できていないため、油断は禁物です。そして1級は、データがありませんがおそらく2級の難易度よりは高くなると思われるので、決して易しいとは言えず、しっかりと試験対策をすることが必要になるでしょう。このように、難易度も各級によって変化するのです。

マイナンバー実務検定 難易度のまとめ

いかがでしたか。今回は、マイナンバー実務検定の難易度について紹介しました。

2015年から始まったということもあり、まだまだ知名度の低い資格ですが、自身のスキルとしてマイナンバーに関する知識を身に着けたいと考えている人は、是非この機会に挑戦してみてはいかがでしょうか。

ランキングも確認する
出典:出版社HP