「マイナンバー実務検定の講習会って聞いたことはあるけどどんなものなのだろう?合格するには講習会を受けた方が良いのだろうか?」
こうした疑問を持っている人もいると思います。

マイナンバー実務検定は、全日本情報学習振興協会によって実施されている民間資格の試験です。資格取得をすることで、マイナンバー法に関連した個人情報保護の知識やスキルを身に着けることができます。

今回の記事では、そんなマイナンバー実務検定の講習会について詳しく紹介していきます。

ユーキャンの人気講座ランキング



講習会とは?

マイナンバー実務検定には、試験の対策講習会が存在します。これは、マイナンバー制度を完璧に理解した上で試験に臨み、合格を勝ち取ろうという目的で行われ、すべての級に対応しています。講習会では、個人情報に詳しい法律事務所で働いている弁護士の方や、マイナンバー実務検定を主催する全日本情報学習振興協会の特任講師などが指導者として、検定受験者に試験対策セミナーやアドバイスを行います。

具体的には、「マイナンバー制度とは何か?」という基本的なものから「事業者への影響」、「番号法について」、「個人情報保護法との関係」など、実際の試験の出題範囲すべてを網羅しながら講習会を行います。現在は、オンラインでの受講が可能になっており、ホームページから申し込みをすることで受講できるようになります。受講料は15,000円に設定されています。

ランキングも確認する
出典:出版社HP

講習会を受ける必要はあるのか?

上記で講習会の概要について紹介しましたが、必ずしも受講する必要はありません。マイナンバー実務検定は比較的難易度が低く、独学でも合格できる可能性は十分にあります。ですので、仕事やほかにやらなければいけないことが多くて試験対策に多くの時間をかけられない人は講習を受講せず、独学で資格取得を目指すと良いでしょう。

しかし、勉強する過程で内容をきちんと理解できない場合や、独学では不安があるという人などは、講習会に参加することをおすすめします。講習会では、試験の出題分野の内容について細かく解説することで、マイナンバー制度の理解を深めることができるからです。また、試験と同時申し込みをすることで割引が適用される仕組みになっているので、確実合格を目指す人にはかなり良いものになっているのではないでしょうか。

マイナンバー実務検定 講習会のまとめ

いかがでしたか。今回の記事では、マイナンバー実務検定の講習会について紹介しました。

試験勉強の過程でつまずいてしまっている人や、マイナンバー制度について理解を深め、資格取得を確実なものにしたいと考えている人は、是非この機会に受講してみてはいかがでしょうか。

ランキングも確認する
出典:出版社HP