MOS Wordの試験は、学生から社会人まで受験する人気の試験になっています。

その受験者の悩みで多いのは、
「試験のどのくらい前から勉強すれば良いのか」
「学習スケジュールの組み方がわからない」
ということだと思います。

そこで、ここでは、MOS Wordに合格するために必要な勉強時間や学習スケジュールについてご紹介していきます。

MOS Wordとは、Wordの操作技能を測定する世界共通の資格試験です。
社会人だけではなく、学生にも広く受験されている資格で、就職にも活かせると人気の資格になっています。
試験は、Word 365&2019、Word 2016、Word2013の3つのバージョンがあり、それぞれ一般レベル・上級レベルに分けられています。
一般レベルは初心者、上級レベルはビジネスパーソンにおすすめです。
どちらも難易度はそれほど高くなく、短期間で合格できる試験なので、「気軽に受験できる」と人気の要因になっています。

レベル別に勉強時間も変わるので、次はMOS Wordのレベル別に必要な勉強時間について紹介します。

レベル別の勉強時間

一般レベルは30〜40時間、上級レベルは80時間が必要であると言われています。

合格するのに必要な勉強時間を比較すると、上級レベルは一般レベルよりもやや難易度が高いということがわかります。
ただ、この難易度はWordを使ったことのない初心者ですので、Word使用経験のある人はもう少し短い時間で合格することができます。

そこで、次は基本スキルを持っている人に必要な勉強時間について見ていきましょう。

基本スキルの有無

先ほどの勉強時間は、あくまで目安です。Wordの使用経験があり、基本操作ができるという方でしたら、一般レベルは20時間、上級レベルは40時間ほどで十分合格することができる可能性があります。

自分の今の操作スキルをチェックして、しっかりと対策を練っていきましょう。

レベルと基本スキルの有無による必要な勉強時間をまとめると、以下の表の通りになります。

  Word初心者 基本スキル有り
一般レベル 30〜40時間 20時間
上級レベル 80時間 40時間

必要な学習期間

それでは、一体どれくらいの期間勉強を続けたらよいのでしょうか。

一般レベルは1日1時間の勉強をすることで、2週間~1か月半で合格することができるという計算です。
また、上級レベルは1日1時間の勉強をすることで、1ヶ月~3か月で合格することができるという計算です。

しかし、MOS Wordではテキストを読むだけではなく、実際にパソコンを操作して勉強する時間が必要です。
勉強にパソコンを使わなければならないため、通勤通学の隙間時間などを使って対策をするということが難しいです。
忙しい社会人にとって、仕事から帰ってきて1時間まとまった時間をとることは大変だと思います。
そのため、そのような人は休みの日に5時間くらいまとめて時間をとって勉強を進めるのがおすすめです。

ランキングを確認する
出典:出版社HP

学習スケジュール

先ほどまでで、合格までに必要な勉強時間がわかったので、実際のスケジュールについて考えていきましょう。

一般レベル

1 テキストに目を通す:初心者20時間、基本スキル有6時間
2 模擬試験をとく:初心者20時間、基本スキル有り14時間

スケジュールはこのように進めていきましょう

学習に使用するテキスト・問題集はこちらです。
MOS Word 365&2019 対策テキスト&問題集 (よくわかるマスター)

1 テキストを読む
・初心者
10〜15時間くらいかけてしっかりとテキストを読み込むのが良いです。
テキストを見ながらパソコンを使ってWordの操作にも慣れていきましょう。
じっくり勉強するのは良いですが、時間をかけすぎるのも良くありません。
少しわからないというところがあっても問題演習で解決できれば良いので、どうしても不安なところにだけチェックをつけておきましょう。

・基本スキル有り
5時間くらいでテキスト範囲にざっと目を通しましょう。Word操作に自信のある人は、流し読みでも構いません。
この時、全てのテキスト範囲をパソコンで練習をする必要はありません。
わかりにくいというところだけ、パソコンを使って操作しておきます。

2 模擬試験(全5回)を解く
・初心者
模擬試験を2、3周解きましょう。

1回分にかける時間の目安は以下の通りです。
1周目:60分で解き、30分で間違えたところの見直し
2周目:50分で解き、30分で間違えたところの見直し
3周目:50分で解き、20分で間違えたところの見直し

模擬試験2、3回はテキストを見ながら解いて、正確な操作ができるようになりましょう。それ以降は、テキストを見ずに時間を測って解いてみてください。
2周目を解いてまだ9割以上の得点を取れていなかったら、3周目を解きます。

・基本スキル有り
模擬試験を1周または2周ときましょう。

1回分にかける時間の目安は以下の通りです。
1周目:50分で解き、30分で間違えたところの見直し
2周目:50分で解き、20分で間違えたところの見直し

1周目で9割以上の得点を取れたらそこで終わりにして良いですが、取れていなかったら2周目を解きます。

初心者もスキル有りの人も、間違えた問題には必ずチェックをしましょう。
あとで見直しができるようにしておき、次の模擬試験を解く前に復習をしてください。

上級レベル

1 テキストに目を通す:初心者30時間、基本スキル有10時間
2 模擬試験(全5回)をとく:初心者25時間、基本スキル有り14時間
3 攻略問題集をとく:初心者25時間、基本スキル有り14時間

学習に使用するテキスト・問題集はこちらです。
MOS Word 365&2019 Expert対策テキスト&問題集 (よくわかるマスター)

MOS攻略問題集Excel 365&2019エキスパート

1 テキストに目を通す
初心者30時間、基本スキルがある人は10時間でテキストに目を通しましょう。
一般レベルの時と注意する点は変わりません。

2 模擬試験(全5回)をとく
こちらも一般レベルの時と注意する点は変わりませんが、時間配分は以下を目安にして解きましょう。

初心者
1周目:60分で解き、60分で間違えたところの見直し
2周目:50分で解き、40分で間違えたところの見直し
3周目:50分で解き、40分で間違えたところの見直し

基本スキル有り
1周目:50分で解き、30分で間違えたところの見直し
2周目:50分で解き、30分で間違えたところの見直し

3 攻略問題集をとく
攻略問題集にも模擬試験が5回分収録されています。

時間配分は2と同じで構いません。
ここでも得点率9割以上を目指しましょう。

MOS Wordの勉強時間についてのまとめ

いかがでしたか。ここでは、MOS Wordの勉強時間についてご紹介していきました。

初心者でもそれほど対策に時間のかかるテストではありません。
上級レベルでも3ヶ月程度で合格できるので、是非取得に向けて勉強してみてはいかがでしょうか。

ランキングを確認する
出典:出版社HP