「エックス線作業主任者の受験を考えているけれど、どの程度の勉強時間が必要かわからない」
「受験日程を立てるために目安の学習期間が知りたい」
といった方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ここでは、エックス線作業主任者に合格するために必要な勉強時間についてご紹介していきます。

エックス線作業主任者は、病院や建設現場など、エックス線が使われている現場の安全管理などを行います。
試験は4科目で行われ、各科目で40%以上の得点かつ、合計得点が60%以上で合格となります。形式はマークシートの筆記試験のみで、試験時間は4時間です。受験資格は特に設けられていませんが、免許の交付が受けられるのは18歳以上となっています。

ランキングを確認する
出典:出版社HP

エックス線作業主任者の勉強時間

エックス線作業主任者では200時間程度の勉強時間が必要であると言われています。
4科目で200時間ですので、単純計算で1科目50時間が目安になります。

前提知識の有無

先ほどの勉強時間は、あくまで目安でした。既に前提知識がある方でしたら、30時間ほどで十分合格することができる可能性があります。

自分の今の知識力をチェックして、しっかりと対策を練っていきましょう。

必要な学習期間

それでは、一体どれくらいの期間勉強を続けたらよいのでしょうか。

1日3時間の勉強をすることで2週間~3か月で合格することができるという計算です。

エックス線作業主任者では、物理や数学の前提知識があるかどうかで勉強時間に大きな差が生じます。
テキストや過去問のレベルを見て、今の学力をきちんと把握することが大切になります。

学習スケジュール

先ほど、200時間が必要だと分かったため、実際のスケジュールについて考えていきましょう。

エックス線作業主任者の試験では、過去問の類似問題が多く出題されるため、過去問対策を重点的に行うことが大切です。
まずは簡単なテキストをさらっと読み、全体の内容を把握します。このパートには時間をかける必要はないでしょう。特に、関係法令は暗記科目のため、試験直前に一気に覚えてしまうのがおすすめです。
テキストを軽く読んだ後は、ひたすら過去問演習となります。過去問を解くことで試験問題の傾向をつかめる、頻出の問題がわかるなどのメリットがあります。特に計算問題はパターンも少なく、数字を変えて出題されたりもするため、得点源となりやすいです。初見でわからなかったからと捨てずに、類似問題も解いて解法を身に付けましょう。

エックス線作業主任者は独学でも十分合格可能ですが、もし不安な場合は受験者講習も開講されているので、そちらの受講も検討してみても良いかもしれません。

エックス線作業主任者の勉強時間についてのまとめ

いかがでしたか。ここでは、エックス線作業主任者の勉強時間についてご紹介していきました。
エックス線作業主任者は理系の知識が問われる問題も出題されますが、そのほとんどが過去問の類似問題のため、しっかりと対策すれば独学でも十分合格が可能です。この機会にぜひ取得に向けた勉強を始めてみてはいかがでしょうか。

ランキングを確認する
出典:出版社HP