「QC検定の資格を取得するとどのようなメリットがあるのだろうか?また、デメリットはあるのだろうか?」

こうした疑問を持っている人も少なくないのではないでしょうか。
品質管理に関する知識や理解度を測る、QC検定。この資格を取得することでどんなメリットやデメリットが生まれるのか知りたい人もいると思います。

本記事では、QC検定の取得メリット・デメリットについて詳しく解説していきます。

QC検定とは、2005年から毎年実施されている民間の検定試験です。「Quality(質) Control」の頭文字をとって名付けられました。日常生活やビジネスをする上で不可欠であり、日本で多く実施されている様々な商品の品質管理についての知識がどの程度あるのか問う、という内容です。4級、3級、2級、準1級、1級と5つの資格区分があります。

ただし、準1級は1級の1次試験に合格した場合に授与されるものであり、準1級そのものの試験は存在しません。また、すべての級において、受験資格は設けられていません。

資格取得のメリットは?

では、資格を取得することで得られるメリットをいくつか紹介していきます。

1つ目の資格取得メリットは、品質管理の知識を実務で活かすことができることです。品質管理の知識や能力は、あらゆる業務で活かすことができます。なぜなら、品質のよい製品を提供し、お客様が喜ぶ方法を考え、工夫することが品質管理活動で一番大事なことだからです。

つまり、ビジネスにおいてすべての基本となることをこの資格では身に着けることができるのです。資格取得で得た知識を日々の業務に活かすことで、業務効率が上がり、社内での評価も高まる可能性があります。

2つ目の資格取得メリットは、就職や転職で役立てられることです。QC検定は多くの企業において取得必須の資格というわけではないですが、最近ではこの資格を評価する企業が増えてきています。資格取得することで、会社や組織で働く上での基礎知識も身に着けている人が多いからです。

特に品質管理の基準が厳しい製造業では、採用で有利になり、入社後の昇格などに大きな影響を及ぼします。ですからこのような会社で資格取得したことをアピールすれば、高評価につながる可能性がかなりあります。しかし、4級や3級では基本的な知識で、他者との大きな差別化が図れないかもしれないので、2級以上の取得を目指すと良いでしょう。

ランキングも確認する
出典:出版社HP

資格取得のデメリットは?

資格取得のメリットはいくつかあることがわかりましたが、デメリットはどうでしょうか。

これといったものはありませんが、強いて挙げると、就職や転職でアピールして優遇されるためには、上位の級を取得しなければならないということでしょう。前述からもわかる通り、4級や3級では選考の場でのアピールポイントとしては少し物足りないかもしれません。しかし、上位の級の取得を目指すとなるとかなりの時間がかかってしまいます。

QC検定の2級や1級は難易度が高く、合格までに要する時間も多いです。そのため、資格の勉強にそこまで時間を費やせない人にとっては効率が悪く、諦めてしまう人もいるでしょう。こういった部分があることを考え、デメリットとして紹介させていただきました。

QC検定のメリット・デメリットのまとめ

いかがでしたか。今回は、QC検定のメリット・デメリットについて紹介しました。

ビジネス実務で使える力を身に着けることができるこの資格のメリット・デメリットについて理解が深まったでしょうか。興味がある人は、是非この機会に取得に向け、勉強してみてはいかがでしょうか。

ランキングも確認する
出典:出版社HP