【中身を早速確認する】

ITパスポート試験は、ITを活用する社会人や学生に向けのITの基礎知識を証明することのできる国家試験です。

ITや経営全般の知識は、業種や職種、文系・理系関係なく全てのビジネスパーソンに必要不可欠なスキルとなっています。またITパスポートの難易度は比較的易しめですので、IT初学者が挑戦しやすい資格でもあります。

本記事では、そんなITパスポート試験に合格するためにおすすめのテキスト10選をご紹介していきます。

ITパスポートの対策ポイント

まず、ITパスポートの試験概要は以下の通りです。

試験時間 120分
出題数 100問
出題分野 ストラテジ系:35問程度

マネジメント系:20問程度

テクノロジ系:45問程度

合格基準 1000点満点中600点以上(分野それぞれ300点以上)
出題形式/試験方式 四肢択一式/CBT方式

出題内容としては、ストラテジ系は企業と法務や経営戦略などの経営全般、マネジメント系はプロジェクトやサービスマネジメントなどのIT管理、テクノロジ系はコンピュータの基礎知識やアルゴリズムなどのIT技術となっています。

ITパスポートの合格率は50%前後、比較的易しめの資格です。

合格するのに必要な勉強時間は約100時間が目安ですので、1~3か月ほど学習期間を設けるとよいでしょう。初学者の方は、100時間にプラスで50時間ほど勉強しておくと安心かと思います。

それでは、ITパスポート試験の対策のポイントを簡潔に説明していきます。

1つ目は「用語のインプット」です。IT技術の知識だけでなく経営やIT管理など、出題分野は多岐にわたります。参考書を繰り返すことで、用語を正確にインプットしていきましょう。またIT用語はアルファベットの略語が多いため、正式名称の単語の意味を踏まえて覚えるのがおすすめです。

続いて2つ目は「過去問演習」です。インプットに加えてアウトプットが重要となってきます。参考書を通して身に付けた知識を、過去問演習を行うことで定着させていきましょう。過去問は、最低でも3年分解くことをおすすめします。

さらに、合計で600点以上得点しても、分野別で300点以上を取得できなければ不合格となってしまいます。苦手を把握して、全ての分野を満遍なく学習しましょう。

また、ITパスポートの上位資格である基本情報や応用情報技術者試験のように午前・午後問題に分かれていません。4択の問題しか出題されませんので、用語をしっかり押さえて、計算問題をミスなく解けるようにしておけば十分に合格は望めます。

ITパスポートのおすすめ参考書10選

それでは、ITパスポートのおすすめテキスト10選をご紹介していきます。

1.キタミ式イラストIT塾 ITパスポート

豊富な図解かつストーリー仕立てで構成されている、ITパスポートの定番の参考書となっています。イラストベースで非常に分かりやすい解説がされているため、楽しみながら学習を進めていくことができます。目で見て理解できる、親しみやすい初学者向けのITパスポートの教科書のような1冊です。

きたみ りゅうじ (著)
出版社 ‏ : ‎ 技術評論社、出典:出版社HP

【詳細/中身目次も確認する】

2.イメージ&クレバー方式でよくわかる 栢木先生のITパスポート教室

非IT系の方にもおすすめの、ITパスポートのオールインワンタイプの参考書&問題集となっています。1と同様にこちらも定番本となっています。豊富なイラスト図解で分かりやすいのにシンプルな構成なので、重要ポイントが記憶に残りやすいです。「〇〇とくれば××」方式で重要ポイントを確認することができるため、本番に活かせる知識が身に付きます。

栢木 厚 (著)
出版社 ‏ : ‎ 技術評論社、出典:出版社HP

【詳細/中身目次も確認する】

3.いちばんやさしいITパスポート 絶対合格の教科書+出る順問題集

過去問を徹底研究した上でとことん丁寧な解説がされている、ITパスポートの最短合格が期待できるテキストです。特典でもある読者専用サイトでは疑問や質問に回答してもらえるため、挫折せずに学習を進めることができます。効率よい学習方法の解説もされているため、暗記や集中力などに自信がない方でも安心して勉強することができます。

高橋 京介 (著)
出版社 ‏ : ‎ SBクリエイティブ、出典:出版社HP

【詳細/中身目次も確認する】

4.かんたん合格ITパスポート教科書

合格する上で必要なことだけをおさえられるため、無駄なく学習を進められるITパスポートの教科書です。IT初心者でも理解できるようなわかりやすい言葉で解説されています。出題範囲のIT知識を体系的に学ぶことができるため、初心者の方でも難なく合格できる1冊です。さらに過去問を徹底分析した模擬試験も収録されており、効率よく合格力を身に付けることができます。

坂下 夕里 (著), ラーニング編集部 (著)
出版社 ‏ : ‎ インプレス、出典:出版社HP

【詳細/中身目次も確認する】

5.かんたん合格ITパスポート過去問題集

5年分の過去問が掲載されたITパスポートの問題集です。かなりのボリュームがあり解説も丁寧なので、アウトプット用に1冊おいておくとよいでしょう。頻出問題を集中的に学習することができます。また重要用語を覚える上でのポイントも抑えることができます。試験対策の総仕上げにおすすめです。

間久保 恭子 (著)
出版社 ‏ : ‎ インプレス、出典:出版社HP

【詳細/中身目次も確認する】

6.よくわかるマスターITパスポート試験 対策テキスト&過去問題集

詳しい内容に加えて構成も分かりやすく、ITパスポートの合格を確実に目指せる1冊となっています。購入特典として、Webでできる過去問を800問収録したプログラム付きです。さらに、書籍を読むだけでは理解できないようなつまずきやすいポイントの解説動画も用意されています。

富士通エフ・オー・エム株式会社 (FOM出版) (著)
出版社 ‏ : ‎ FOM出版(富士通エフ・オー・エム)、出典:出版社HP

【詳細/中身目次も確認する】

7.情報処理教科書 出るとこだけ!ITパスポート テキスト&問題集

頻出範囲を重点的に解説しているため、パパっと効率よく学習することができるITパスポートのテキスト&問題集となっています。解説が丁寧なので、初心者でも理解しやすいです。さらに用語の解説が載っているだけでなく、ストーリー仕立てで説明されているのが非常に分かりやすいポイントでもあります。

城田 比佐子 (著)
出版社 ‏ : ‎ 翔泳社、出典:出版社HP

【詳細/中身目次も確認する】

8.ITパスポート合格教本

長年支持されている、合格のための知識を楽しく身に付けることのできるITパスポートの教科書です。改訂ごとに、読みやすさや分かりやすさがパワーアップしています。対話形式でユーモアを含めて用語の解説がされているため、イラスト図解もわかりやすく楽しく学習することができます。出題範囲が網羅されているため、要点だけでなくIT全体をしっかりと学習したいという方におすすめの1冊です。

岡嶋 裕史 (著)
出版社 ‏ : ‎ 技術評論社、出典:出版社HP

【詳細/中身目次も確認する】

9.はじめてのITパスポート 合格テキスト&例題

試験の範囲を完全網羅したITパスポートのテキストとなっています。ストラテジ・マネジメント・テクノロジの分野ごとに例題が掲載されているので、満遍なくスキルを身に付けることができます。「テキストを読んで例題を解く」という手順で進んでいくため、知識の定着が速いです。

資格の大原 情報処理講座 (著)
出版社 ‏ : ‎ 大原出版、出典:出版社HP

10.みんなが欲しかった! ITパスポートの教科書&問題集

TAC出版のITパスポートの試験対策本です。インプットとアウトプットを同時に行えます。オールカラーで図解が豊富であるため、初心者でも分かりやすいです。文系でも理解しやすい、ITパスポートの入門書のような1冊です。

TAC出版情報処理試験研究会 (著)
出版社 ‏ : ‎ TAC出版、出典:出版社HP

ITパスポートの試験対策は、基本的に「参考書1冊」と「問題集1冊」を使うのがベストです。

「1・2・4・8」の参考書を使う場合には、「5」の問題集との併用がおすすめです。1冊でまとめて対策を行いたいという方は「3・6・7・9・10」がおすすめです。

ITパスポートのおすすめ参考書のまとめ

いかがでしたでしょうか。ここでは、ITパスポートを独学する上でおすすめ参考書10選について解説してきました。

ITパスポートの勉強を通して、ITの基礎力を固めることができます。基本情報技術者試験や応用情報技術者試験を目指す前段階の資格としても最適です。

少しでも興味のある学生や社会人の方は、ぜひ取得に向けた勉強を始めてみてはいかがでしょうか。