資格・検定野菜スペシャリスト食・調理・衛生

資格を取得するときにはどんな仕事に役立つのかも重要です。

取得してからのビジョンを描いておくことで、勉強へのやる気やパフォーマンスにもつながります。そこで、本記事では野菜スペシャリストがどのような仕事に活きるのかを紹介します。

野菜スペシャリストの概要

野菜スペシャリストとは、野菜や果物の特徴や良いものの選び方、調理方法などの知識を身につけ、生活に活かして健康や美をつくることができるスペシャリストのことです。野菜や食品を扱う仕事の人に多く取得されており、食に関する人気の資格になっています。

資格取得にはユーキャンの資格取得講座を受講して、添削課題4回の提出と検定試験に合格する必要があります。試験に合格すると、一般社団法人FLAネットワーク協会より「野菜スペシャリスト」資格が授与され、野菜スペシャリストを名乗ることができるようになります。また、受講資格はなく誰でも受講できます。

合格率はほぼ100%です。講座の重要ポイントを理解して添削課題をこなしていれば、そこまで難しい試験ではありません。受講期間内であれば試験は何度でも受けられるので、間違えたところを確認して合格するまでチャレンジできます。そのため、受講期間内に合格できない人はほとんどいません。

ランキングも確認する
出典:出版社HP

野菜スペシャリストが活かせる仕事

1 青果店・スーパー

青果店やスーパーでは良い野菜の選び方などの知識が役立ちます。
例えば、青果店の仕入れをする際に、より良い野菜を供給しているところからたくさん仕入れを行うことで、品質の良い店を作ることができます。
また、お客さんにどの野菜が良いかを聞かれたとき、野菜スペシャリストで学んだ知識があると詳しく答えることができるので、より良い接客に繋がります。

2 食品メーカー

最近は消費者の健康志向が高まっているので、食品メーカーも野菜や果物を使った商品をたくさん売り出しています。そのため、食品メーカーにも野菜スペシャリストを活かせる場面が多くあります。

新商品の企画をするときに、野菜スペシャリストの資格があると理論に基づいた説得力のある企画を立案することができるようになります。
また、その新商品の営業でスーパーなどに行ったとき、野菜の持つ効果や特徴などを踏まえて話すことで、商品の良さを理解してもらいやすくなります。

このように、食品メーカーではどのようなところでも野菜スペシャリストの知識があると仕事をスムーズに進めることができます。

3 飲食店

飲食店でも、お客さんへの接客などに野菜スペシャリストが役立ちます。

飲食店で働いていると、お客さんからメニューについての説明を求められることがよくあります。料理についての知識しかないと、「この料理はどのような味なのか」「どれがおすすめなのか」という質問にマニュアル通り答えるだけになってしまいます。しかし、野菜についての知識があると、それを使ってバランスの良い組み合わせなどを紹介することができるようになります。

また、メニューに野菜スペシャリストおすすめメニューと書いてあるだけで、お客さんが安心して注文してくれるようになります。

4 料理教室

料理教室では、野菜スペシャリストの知識も役立つのですが、肩書きが大いに役立ってきます。料理教室を選ぶときに生徒さんが重視しているポイントは、信頼できる講師かどうかです。そのため、野菜スペシャリストという肩書きを持っているのと持っていないのでは、生徒さんからみた信頼性が大きく変わってきます。

料理教室の講師は、野菜スペシャリストに関わらず「食」に関するさまざまな資格が役立ちます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
本記事では野菜スペシャリストが活かせる仕事について紹介しました。

野菜スペシャリストで学んだことが役立つ仕事はいくつもありますが、どれも野菜や食に関する職業です。そのような仕事につきたいという人はぜひ受験をしてみてください。

ランキングも確認する
出典:出版社HP