工場で使用しているエネルギー量を管理し、使用方法の改善などを中心となって行うのがエネルギー管理士です。
エネルギー管理士の試験は難易度が高いとされていますが、どの程度の学習時間が必要となるのでしょうか。

ここでは、エネルギー管理士に合格するために必要な勉強時間についてご紹介していきます。

エネルギー管理士は、工場などのエネルギー使用量を管理し、削減に向けての改善を進める業務を行います。資格を取得するためには、国家試験に合格するか、認定研修を修了する必要があります。
以下では、資格試験に合格するための勉強時間についてまとめていきたいと思います。

エネルギー管理士の勉強時間

エネルギー管理士試験は1500時間が必要であると言われています。

前提知識の有無

先ほどの勉強時間は、あくまで目安でした。既に前提知識がある方でしたら、400時間程度、最短だと100時間程度で合格できる方もいます。

自分の今の知識力をチェックして、しっかりと対策を練っていきましょう。

必要な勉強期間

1日2時間の勉強をすることで2年程度で合格することができるという計算です。

ランキングも確認する
出典:出版社HP

学習スケジュール

先ほど、1500時間が必要だと分かったため、実際のスケジュールについて考えていきましょう。

・参考書による学習

試験範囲の内容について学ぶため、参考書を読んで理解を深めると良いでしょう。
試験範囲も広いため、まずはポイントを抑えているものを選ぶのをおすすめします。また、内容についてもこの時点で全てを暗記しようとするのではなく、理論を学んだり、ポイントを抑える程度で大丈夫です。

わかりやすい参考書を1冊終えたら、より詳しい参考書を使って理解を深めましょう。公式を覚えるだけだと応用問題に太刀打ちできなくなってしまうので、理論分野についてしっかり学んでおくと良いでしょう。

・過去問演習

エネルギー管理士の試験では、過去問の類似問題もよく出題されます。そのため、過去問を使ってよく問題演習を行っておくと良いでしょう。

・暗記

エネルギー管理士の試験では、範囲の半分は暗記問題です。そのため、かなりの暗記量が必要となります。隙間時間をうまく使って暗記を進めましょう。

エネルギー管理士の勉強時間についてのまとめ

いかがでしたか。ここでは、エネルギー管理士の勉強時間についてご紹介していきました。

エネルギー管理士に合格するためには、前提知識によっては年単位の学習期間が必要となります。そのため、まずはしっかりと学習計画を立てることが重要です。この機会にぜひ取得に向けて学習を始めてみてはいかがでしょうか。

ランキングも確認する
出典:出版社HP