「ビジネス電話検定の合格を目指しているけど、どれだけ勉強すれば良いかわからなくて困っている…」

こうした疑問を持っている人もいるのではないでしょうか。
ビジネスシーンでの電話の仕方に関する専門性を問う試験であるビジネス電話検定。この資格を取得するために必要な勉強時間がどのくらいのものか知りたい人も多いのではないでしょうか。

本記事では、ビジネス電話検定の勉強時間について詳しく解説していきます。

ビジネス電話検定とは、2004年に開始され、毎年6月と11月下旬に行われていた民間の検定試験です。文部科学省が後援しているビジネス系検定の1つであり、社会人の電話応対の能力向上を目的として行われます。実践級・知識A級・知識B級の3つに資格区分がされています。受験資格ですが、知識A級と知識B級は特に制限はなく、実践級は知識A級に合格した方のみが受験できる仕組みになっています。

級別の勉強時間

合格に必要な勉強時間は、10~30時間程度と予想できます。級によって多少の変動はありますが、どの級も非常に難易度の低い試験なので、合格に必要な勉強時間も総じて少なくなってくると思われます。多くても30時間程度の勉強時間で済むため、普段忙しい人でもしっかりと合格を狙える試験だと言えるでしょう。そのため、ビジネス電話検定は比較的取り組みやすい資格だと言えます。

前提知識の有無

上記で紹介した勉強時間は、初学者の場合の目安です。既にある程度の知識がある⽅でしたら、上記で紹介した時間よりもさらに少ない勉強時間で合格できる可能性があります。しかし、もともと合格に必要な勉強時間が少ない試験ですので、前提知識があったとしても、そこまで合格までの勉強時間に差は出てこないでしょう。ですので、前提知識の有無はあまり気にする必要がありません。

必要な学習期間

では、合格までにどれくらいの期間を要するか見ていきましょう。

1日1時間程度の勉強を毎日行うと仮定すると、大体10日間~1か月ほどで合格することができる計算になります。ただし、これは毎日勉強をつづけた場合なので、仕事をしている社会人などで、毎日勉強できない場合は、もう少し多くの期間を要してしまいます。しかし、毎日勉強が出来なくても1~2か月もあれば、合格は十分目指せると思います。また、1日2時間程度の勉強時間の場合は、約1~2週間ほどの期間で済むことになります。このように、比較的短期で合格できる資格だということがわかるでしょう。

学習スケジュール

ここでは、上記で紹介した1か月の期間を基にして、知識B級・知識A級の実際のスケジュールについて考えていきましょう。

知識B級・知識A級は、理論(話し方の知識、語彙力を含む基礎技能)・実技(電話実務の能力)の2分野から出題されます。ですので、初めに理論分野の「話し方の知識」の学習を1週間程度で、次に同じく理論分野の「語彙力を含む基礎技能」の学習を1週間程度で、最後に実技分野の「電話実務の能力」の学習を1週間程度かけて進めていきましょう。計画通りいけば、約3週間程度の学習で、試験範囲を網羅することができます。あとは、苦手分野や気になる部分などを不安な人は1週間程度かけて学習しましょう。そうすると、大体1か月で合格ラインに到達することができます。

ビジネス電話検定の勉強時間のまとめ

いかがでしたか。ここでは、ビジネス電話検定の勉強時間についてご紹介していきました。

比較的短期間で合格を目指すことができる、難易度の低い試験だということがわかりましたでしょうか。興味を持った人は、是非この機会に取得に向けて勉強してみてくださいね。