「ビジネス電話検定の資格を取得するとどのようなメリットがあるのだろうか?また、デメリットはあるのだろうか?」
こうした疑問を持っている人も多いのではないでしょうか。

ビジネスシーンでの電話の仕方に関する知識や理解度を問う試験であるビジネス電話検定。この資格を取得するとどのようなメリットがあるのか、逆に取得する際のデメリットはあるのか、知りたい人もいると思います。

本記事では、ビジネス電話検定の取得メリット・デメリットについて詳しく解説していきます。

ビジネス電話検定とは、2004年から実施されていた、実務技能検定協会主催の民間の検定試験です。毎年6月と11月下旬の年2回行われていました。文部科学省が後援しているビジネス系検定の1つであり、電話応対のマナー習得や能力向上を目的として行われます。実践級・知識A級・知識B級の3つに資格区分がされています。受験資格は、知識A級・知識B級には特に設けられていませんが、実践級には知識A級に合格した方のみ、という規定があります。

資格取得のメリットは?

では、資格を取得するメリットをいくつか紹介していきます。

まず、資格取得することで間違いなく電話応対の質や能力が上がります。社会人にとって、電話応対のスキルや電話の取り扱い方というのは、非常に重要なものです。これらの能力や、正しい知識が身に着いてないと、仕事も上手く進めていくことができません。しかし、資格取得することによって、電話応対について詳しく学ぶことで、実践でもしっかりと使える能力を身に着けることができます。結果として、仕事にも良い影響を与えられる可能性があります。

次に、比較的短期間で1つの資格を取得できることです。資格を取得する際は、基本ある程度の勉強期間と合格に必要な知識を身に着ける必要があります。しかし、ビジネス電話検定は難易度が低く、基本的なマナーや常識をおさえていればよいので、合格のために必要な知識も多くありません。ですので、そこまで苦労をせずに合格し、資格取得することができます。そのため、これは一つの大きなメリットと言えるでしょう。資格試験に初めて挑戦する人や、なにも資格を保持しておらず、とにかく何か資格を取得したいという人にとっては、このビジネス電話検定が最適かもしれません。

資格取得のデメリットは?

ここでは、資格取得のデメリットを見てみましょう。

取得することで得られるメリットは、いくつかあることがわかりましたが、現在は検定試験が終了している、資格取得しても就活や転職ではそこまでアピールできない、などのデメリットが挙げられます。ビジネス電話検定は、2004年より実施されていましたが、筆記試験は2019年の第32回試験をもって、実技試験は2020年の第33回試験をもって終了しました。ですので、現在は検定試験を実施しておらず、受験ができない状態となっています。このため、資格取得をしたくてもできないため、これは一つのデメリットではないでしょうか。また、認知度が高く、合格率が高いものでもあるので、資格取得をしても就職や転職でのアピールにはあまり使えないと予想できます。もちろん、一部の企業やコールセンターなど電話応対のスキルが問われる会社では、資格取得が有利に働く可能性は十分にあります。しかし、そういった業界を目指すわけではない場合、資格を持っていることがほかの人との差別化になり、有利に就職・転職活動を進められる、という可能性はかなり低いでしょう。

ビジネス電話検のメリット・デメリットのまとめ

いかがでしたか。今回は、ビジネス電話検定のメリット・デメリットについて紹介しました。

この資格のメリット・デメリットについて理解が深まったでしょうか。興味がある人は是非この機会に、取得を目指してみてはいかがでしょうか。