【中身/目次を早速確認する・立ち読みする】

Googleの組織の中身はどうなっているのか?

世界の中でも有数のリーディングカンパニーに位置するGoogle。現在もなお、様々なサービスを打ち出すその風土は一体どのようなものなのか。組織や社員の働き方、コミュニケーションなどはどのようなやり方をしているのか。今回はそれらを知ることのできるおすすめ書籍を紹介します。

 

 

 

グーグルに学ぶ最強のチーム力成果を上げ続ける5つの法則

本書は、日本の働き方改革の課題である「成果」という部分に注目した内容です。成果を上げ続けるチームをつくるために、運営の仕方、採用の仕方、失敗を恐れない仕事の進め方などが詳しく紹介されています。Googleの企業文化や組織としての機能などを説明しながら、チーム成功への道のりや、構造、ポイント、法則などを紹介しています。成果を上げたい人にとって、これは最適な1冊でしょう。

桑原 晃弥
出版社 ‏ : ‎ 日本能率協会マネジメントセンター (2019/5/28)、出典:出版社HP

【詳細/中身目次も確認する】

サーチ・インサイド・ユアセルフ――仕事と人生を飛躍させるグーグルのマインドフルネス実践法

本書では、Google内で支持されている独自の研修プログラムSIY(サーチ・インサイド・ユアセルフ)の内容について詳しく記載されています。自己認識力や創造性などの能力を向上させるための技法がユーモアを交えながらわかりやすく紹介されています。事例をベースにして、その効果や方法について、詳しく説明されています。一度読むだけで、マインドフルネスの重要な部分を理解できるような1冊です。

チャディー・メン・タン
出版社 ‏ : ‎ 英治出版 (2016/5/17)、出典:出版社HP

【詳細/中身目次も確認する】

ワーク・ルールズ! ―君の生き方とリーダーシップを変える

本書では、採用・育成・評価など、働き方をめぐる重大テーマが、Googleの人事トップによって書かれています。著者が人事ということもあり、人事システムの概要や日本企業との対比などが、詳しく説明されています。また、グーグルの奥の深さがわかるだけでなく、人事制度の現在までの変遷や組織作りの詳しい内容などがわかるようになっています。普段組織の中で働いている、という人にはおすすめの1冊です。

ラズロ・ボック
出版社 ‏ : ‎ 東洋経済新報社 (2015/7/31)、出典:出版社HP

【詳細/中身目次も確認する】

世界最高のチーム グーグル流「最少の人数」で「最大の成果」を生み出す方法

本書では、チームの成功・成果の過程で重要な「心理的安全性」をテーマに、様々な解説がなされています。著者のグジバチ・ピョートル・フェリクスは、Googleに入社し、人材開発やグローバル人材の育成戦略の作成に携わり、人材育成と組織開発の分野で活躍しています。変化の激しいビジネス環境の中で成果を効率的に上げるために必要なものや、チームを良い方向へ持っていくための秘訣、そして最大の成果を出すための生産性などについて説明されています。

ピョートル・フェリクス・グジバチ
出版社 ‏ : ‎ 朝日新聞出版 (2018/8/20)、出典:出版社HP

【詳細/中身目次も確認する】

Google流 疲れない働き方

本書では、「疲れる組織」「やる気の出る組織」の違いを比較しながら、Google流の疲れない働き方が紹介されています。著者のピョートル・フェリークス・グジバチは、人材育成や組織開発、リーダーシップ開発などの分野で活躍しています。そして、元グーグル人事担当という視点から「心と体」の整え方というものに関連付けて、疲労をためず、最大のパフォーマンスを出すための秘訣が解説されています。

ピョートル・フェリークス・グジバチ
出版社 ‏ : ‎ SBクリエイティブ (2018/3/10)、出典:出版社HP

【詳細/中身目次も確認する】

世界一速く結果を出す人は、なぜ、メールを使わないのか グーグルの個人・チームで成果を上げる方法

本書では、なぜ仕事が終わらないのか。そしてなぜその終わらない状態が続くのか。という疑問に対し、最大の効率を生み出す方法を紹介しながら、解説しています。著者のピョートル・フェリークス・グジバチは、人材育成や組織開発などの分野で活躍しており、元グーグル人事担当という経歴を活かしながら、忙しい状態でも最大の結果を出すための方法を、メールを使わないという視点から紹介しています。仕事と効率化の関係について、知りたい人は必見です。

ピョートル・フェリークス・グジバチ
出版社 ‏ : ‎ SBクリエイティブ (2017/1/28)、出典:出版社HP

【詳細/中身目次も確認する】

How Google Works(ハウ・グーグル・ワークス) 私たちの働き方とマネジメント

本書では、現代に企業が成功するためには何が必要なのか、マネジネントの重要トピックを網羅しながら、解説されています。著者のGoogle会長であるエリック・シュミットは、Googleがハイテク業界の世界的リーダーへ成長するのに貢献し、現在は対外的問題に責任を持つなどの活躍もしています。すべてが変化し続けている時代の現在に、ビジネスで成功するための最良の方法を、「多面的な能力を持つ新種の従業員」というポイントに絡めながら、詳しく論じています。

エリック・シュミット
出版社 ‏ : ‎ 日本経済新聞出版 (2014/10/9)、出典:出版社HP

【詳細/中身目次も確認する】

超実践 Google流資料作成術 ワークショップ

本書では、ビジネスで使える実践力を養成する「100以上のワークショップ」が掲載されており、ごく普通のデータを、行動を引き出すデータにブラッシュアップするノウハウが詳しく解説されています。著者のコール・ヌッスバウマー・ナフリックは、ただのデータを「情報」に変え、本質を見抜き、アクションへとつなげる手法を説く、という実力を持っています。データを上手く活用しながら、ビジネスで相手の心を動かす手法を知りたい人には、最適な1冊です。

コール・ヌッスバウマー・ナフリック
出版社 ‏ : ‎ 日本実業出版社 (2020/12/24)、出典:出版社HP

Google流資料作成術

本書では、どんなに複雑なデータでもシンプルにわかりやすく、伝わる資料を作成する最大の秘訣が紹介されています。著者のコール・ヌッスバウマー・ナフリックは、ただのデータを「情報」に変え、本質を見抜き、アクションへとつなげる手法を説いています。データの「見せ方」、ストーリの「魅せ方」、そして「データを使ってメッセージを伝える」資料作成の秘訣を知りたい人は必見の1冊です。

コール・ヌッスバウマー・ナフリック
出版社 ‏ : ‎ 日本実業出版社 (2017/2/16)、出典:出版社HP