住宅ローンアドバイザーの必要性を確認しよう

住宅ローンアドバイザーは、公正な立場で住宅ローンに関する的確なアドバイスや情報提供を行う専門家です。民間資格で、住宅ローンアドバイザーになるには、住宅金融普及協会の講座を修了し、登録する必要があります。

住宅ローンアドバイザーは一般的な知名度が低く、取得しても意味がないという意見が一部であります。今回は、住宅ローンアドバイザーを取得することの意義や役に立つかどうかをテーマにしたいと思います。

 

住宅ローンアドバイザーが役に立たないとされる理由

住宅ローンアドバイザーが役に立たないとされる理由は以下のものが挙げられます。

・難易度が低く、取得の意義を感じない人がいる
・住宅ローンのアドバイスという狭い内容に限られる
・民間資格で、就職や転職の際に評価がされにくい

ニッチな資格かつステータスが低いことが主な要因と言えるでしょう。特に、資格取得の理由として挙げられやすいキャリアアップに繋げにくいことが大きなマイナスポイントになりやすいです。

しかし、資格取得後のプランをしっかりと考えておけば、無駄になることはありません。
住宅ローンアドバイザーを取得すべきかどうかを判断する基準についてもこれから紹介したいと思います。

ランキングも確認する
出典:出版社HP

住宅ローンアドバイザーを取得する意味がある場合

住宅ローンアドバイザーを取得する意味がある場合は以下のようなものがあります。

・FP取得を目指しており、その前の段階として取得をする
・金融機関や不動産会社に勤めており、住宅ローンに関するアドバイスを行う業務がある
・住宅ローンを組む前に、住宅ローンの基本的な考え方を知っておきたい

実務で使用する場合、登録が必要となり、登録後は3年ごとに更新しなければなりません。資格の性質上、受験者は実務で必要な方が多くなりやすいです。

取得しなくてもよい場合

その一方で、取得しなくてもよい場合は、次のようなものがあります。

・実務で使用することがない
・就職や転職にプラスにしたい

知名度や難易度が低いため、実際には使わない場合などにはどうしても役立ちにくい資格です。就職や転職にプラスになる資格を取得したい場合は、他の資格を取得した方が良いでしょう。

まとめ

今回は、住宅ローンアドバイザーが役に立つかどうか、意味があるのかどうかをテーマにしてきました。
取得しやすい分、メリットとデメリットがある資格だと思います。実務で使う方が受験すべき資格ですが、その他にも役立てやすい条件に当てはまれば、取得を目指しても良いでしょう。

住宅ローンに関心がある方やFPの前に前哨戦を経験したいと考えているのであれば、検討してみてはいかがでしょうか。

ランキングも確認する
出典:出版社HP