本記事では、スマートマスター試験の難易度について詳しく解説していきます。

スマートマスター試験とは、スマート化する住まいと暮らしについての知識を評価する資格です。スマートハウスに関わる仕事をしている人にとっては、仕事に役立つ資格です。

年2回実施される試験で、全国のテストセンターで受験することができます。
家電製品総合アドバイザー、家電製品総合エンジニアなどの資格保有者には科目免除の資格が与えられるので、家電などを扱う小売店の従業員の受験者が多いです。

試験の科目の違いについて

スマートマスターの試験科目の違いについての概要は以下の表のとおりです。

  スマートハウスの基礎 スマートハウスを支える機器・技術の基礎
受験料 2科目受験:9,400円

1科目受験:6,200円

受験資格 なし
試験形態 CBT方式
試験時間 55分 55分
合格基準 70%以上 70%以上
出題内容 スマートハウス概論からスマートハウスコア知識(関連法規含む)までの理解度を問う スマートハウスを構成する各種機器やサービスおよびCS関連法規についての理解度を問う

 

ランキングも確認する
出典:出版社HP

試験の合格率

スマートマスター試験は、2科目受験者の合格率が27.2%、1科目受験者の合格率が56.5%となっています。

やはり、ひとつの科目の学習に集中できる1科目のみの受験者は合格率が高いですが、2科目受験者は低い合格率になっています。これは、1つの科目にかけた学習時間や量の差が合格率にあらわれたということができるのかもしれません。

試験の難易度

合格率からも分かるように、難易度はやや難しいです。

特に、2科目受験の合格率が低いことから、一度に2科目を合格可能レベルまで仕上げるのは難しいと考えることができます。
しかし、1科目受験では合格率が高くなっているので、しっかりと対策をすれば合格できる試験であることがわかります。
スマートマスター試験は、1科目ごとの難易度はそれほどではないですが、2科目同時合格を目指しているならやや難しいレベルの試験でしょう。

スマートマスター試験の難易度のまとめ

いかがでしたでしょうか。

ここでは、スマートマスター試験の難易度についてご紹介していきました。
少し難しいですが、勉強すれば合格できる試験です。ぜひこれを機会に受験して見てはいかがでしょうか。

ランキングも確認する
出典:出版社HP