スマートマスター試験はあまり知られていない試験ですが、スマートハウスの普及によって注目が集まりつつある試験です。ここでは、スマートマスター試験に合格するために必要な勉強時間についてご紹介していきます。

スマートマスター試験は家電販売などの仕事だけでなく、普段の暮らしにも役立てることができます。累計合格者は8,000人を超える資格試験で、住設関係や家電、電気・ガス業界などスマートハウスに関わる幅広い業界で働いている人が受験しています。

必要な勉強時間

試験の合格には30時間〜50時間が必要であると言われています。

2科目分の対策をしなければいけないので、このくらいの勉強時間が必要です。しかし、資格所有者などで1科目免除されているという人は、30時間〜50時間よりも短い時間で合格できるかもしれません。

前提知識の有無

先ほどの勉強時間は、あくまで目安でした。既に前提知識がある方でしたら、20時間ほどで十分合格することができる可能性があります。
科目免除者、家電に関して深く知識のある人などは試験に必要な、前提知識を有している方も多いです。

自分の今の知識力をチェックして、しっかりと対策を練っていきましょう。

ランキングも確認する
出典:出版社HP

必要な学習期間

それでは、一体どれくらいの期間勉強を続けたらよいのでしょうか。

1日30分〜1時間の勉強をすることで1ヶ月半〜2ヶ月で合格することができるという計算です。毎日勉強時間を確保しなくても、休日に3〜4時間勉強することでも同じような期間で合格することができます。

学習スケジュール

先ほど、30時間〜50時間が必要だと分かったため、実際のスケジュールについて考えていきましょう。

1 過去問題を解く

まずは過去問題を1回分解いてみましょう。

過去問題を解くことで、出題方式や傾向を把握することができます。
また、自分が今どのくらいのレベルなのか、どの範囲が苦手なのかが分かるので、効率よく学習するためにも過去問題を解くことは重要です。

2 テキストで学習する

次に、1ヶ月程度でテキストを読み込みます。
過去問題を解いて難しかったところや、出題されそうなところを考えながら読みます。
最低でも、テキストは2周以上読んで知識を定着させましょう。

3 過去問題集を解く

テキストの内容をある程度頭に入れたら、次の半月〜1ヶ月で過去問題集を解いていきます。過去問題集は9割以上の得点を取れるまで何度も解きなおします。過去問題が完璧になったら、試験でも合格できる力がついているということなので、手を抜くことなくときましょう。

スマートマスター試験の勉強時間についてのまとめ

いかがでしたか。ここでは、スマートマスター試験の勉強時間についてご紹介していきました。
合格率は低い試験ですが、勉強時間を確保して過去問題を完璧にしておけば合格できる試験です。ぜひ取得を目指して勉強してみてください。

ランキングも確認する
出典:出版社HP