スマートマスター試験を受験する人の中には、受験料はどのくらいかかるのか、講座を受講した方が良いのか、などさまざまな疑問があると思います。
そこで、本記事ではスマートマスター試験にかかる費用を見ていきながら、試験対策講座の必要性についても紹介します。

スマートマスター試験の受験料

スマートマスター試験は2科目受験が9,400円、1科目受験が6,200円です。

規定された資格の保持者は科目免除される制度があるので1科目受験者もいますが、ほとんどの人が2科目受験です。さらに、この試験の合格率は20%台です。
何度も受験するとその度に約1万円かかってしまいますが、合格率の低さから考えると1回目の試験で合格することは簡単なことではないでしょう。

費用をなるべく抑えたい人は、一発合格できるように対策期間を長く取って試験を受験しましょう。

ランキングも確認する
出典:出版社HP

テキスト・問題集の料金

スマートマスター試験では、テキストと問題集を組み合わせて対策するのが最も確実です。
テキストも問題集も公式から出版されているものがおすすめです。他のテキストや問題集もあるにはありますが、試験範囲に準拠していないこともあるので、やはり公式が良いでしょう。

テキスト

・スマートマスター スマート化する住まいと暮らしのスペシャリスト

一般財団法人 家電製品協会 (編集)
出版社 ‏ : ‎ NHK出版、出典:出版社HP

問題集

・スマートマスター資格 問題&解説集

一般財団法人 家電製品協会 (編集)
出版社 ‏ : ‎ NHK出版、出典:出版社HP

テキストの値段が少し高いですが、この1冊に試験2科目分の内容が余すことなく収録されています。
再受験にならないように、試験対策には最良の教材を選ぶことが必要です。

講座は必要ない

スマートマスター試験の対策講座はありますが、独学で十分合格可能です。

実施されている講座は、先ほど紹介したテキストと問題集を使って課題を進めていく形なので、自分でスケジュールを作って勉強していくのとほとんど変わりありません。
講座の受講はせずに、自分のペースで勉強することをおすすめします。

スマートマスター試験の費用のまとめ

いかがでしたでしょうか。本記事ではスマートマスター試験にかかる費用について紹介しました。

対策にかかる費用は多くないですが、受験料が高いことを考えると何度も受けたくはない試験です。これから試験勉強をする方は、テキストと問題集を活用して一発合格を狙いましょう。

ランキングも確認する
出典:出版社HP