スマートマスター試験について調べると、「取得しても意味がない」という意見がよく出ています。なぜスマートマスターは要らないと言われているのでしょうか。また、取得したらどのようなことに役立つのでしょうか。

本記事では、スマートマスター試験を取得する意味について紹介します。

スマートマスター取得が意味ないと言われる理由

スマートマスター試験の知識はほとんどの仕事で役立てられないから、というのが1つの理由だと考えられます。
スマートハウスの知識を直接的に仕事で活かせるのは家電や住宅関連の仕事だけです。その中でも、スマートハウスに関わる製品を業務で扱っているのはごく一部の人たちに限られています。

仕事に役立てたいというで資格を取得するのが一般的なので、スマートマスター試験は役に立たないと考える人が多いのでしょう。

ランキングも確認する
出典:出版社HP

スマートマスター取得のメリット

1 スマートハウスに関わる仕事に役立つ

先ほど、ほとんどの仕事でスマートマスターの知識は役立たないと言いましたが、スマートハウスに関わる仕事をしている人にとっては非常に役立つ知識です。
家電も住宅設備も日々新しくなっているので、スマート化についての最新の傾向を知ったり、少し後に必要になりそうなサービスを考えたりするのも一苦労です。
スマートマスター試験を目標に勉強することで、今必要な知識を身に付けることができます。

2 リフォームや家を建てるときに役立つ

住宅のスマート化が進んできてはいますが、スマートハウスについて詳しく説明できるハウスメーカーの人は多くありません。

そのため、営業の方にスマートハウスの家を建てたい、リフォームをしたいと漠然と説明しても、自分が思い描いているような提案をしてくれないかもしれません。
しかし、自分でスマートハウスについての知識を持っていれば、それを活かして自分の希望を具体的に伝えられるようになります。

スマートマスター試験を取得する意味についてのまとめ

いかがでしたでしょうか。本記事では、スマートマスター試験を取得する意味について紹介しました。
仕事に役立つ資格であるとは言えませんが、取得して損はない資格だと思います。スマートハウスについて気になる人はぜひ受験してみてはいかがでしょうか。

ランキングも確認する
出典:出版社HP