コンタクトセンター検定に合格するために必要な勉強時間の目安はどれくらい?

「コンタクトセンター検定の合格を目指しているけど、どれだけ勉強すれば良いかわからなくて困っている…」

こうした疑問を持っている人もいるのではないでしょうか。

コールセンターなどでの顧客対応力の高さを証明するための民間の検定試験であるコンタクトセンター検定。この資格を取得するために必要な勉強時間がどのくらいのものか知りたい人も多いのではないでしょうか。

本記事では、コンタクトセンター検定の勉強時間について詳しく解説していきます。

コンタクトセンター検定とは、2010年より開始された、日本コンタクトセンター教育検定協会が主催の民間の検定試験です。国内初のコールセンター資格認定制度となっており、コンタクトセンター業界の価値向上及び、人材育成に貢献することを目的としています。資格区分としては、オペレーション資格とプロフェッショナル資格の2つがあり、さらにそれぞれの資格に3つと2つの試験があります。受験資格は、特に設けられていないため、誰でも受験することが可能です。

資格の種類別の勉強時間

合格に必要な勉強時間は、資格の種類にもよりますが、10~100時間程度と予想できます。まず、オペレーション資格ですが、こちらの試験の合格を目指す場合、10~30時間程度の学習が必要になるでしょう。比較的高い合格率であり、難易度が低い試験ですので、合格に必要な勉強時間もそこまで多くありません。一方、プロフェッショナル資格では、大体50~100時間程度の学習が必要になると予想できます。こちらの資格は、オペレーション資格と比較し、合格率が低く、難易度もある程度高い試験ですので、このくらいの時間はかかってきてしまいます。

ランキングも確認する
出典:出版社HP

前提知識の有無

上記で紹介した勉強時間は、初学者の場合の目安です。既にある程度の知識がある⽅でしたら、上記で紹介した時間よりもさらに少ない勉強時間で合格できる可能性があります。しかし、オペレーション資格の場合は、もともと合格に必要な勉強時間が少ないので、前提知識の有無が合格までの勉強時間に与える影響は少ないでしょう。一方、プロフェッショナル資格ですと、既に知識を持っている人の場合、上記で紹介した半分程度の勉強時間で合格できる可能性があるでしょう。

必要な学習期間

では、合格までにどれくらいの期間を要するか見ていきましょう。

1日1時間程度の勉強を毎日行うと仮定すると、大体10日間~3か月ほどで合格することができる計算になります。それでは、資格別に具体的に見ていきましょう。オペレーション資格の場合、毎日約1時間の勉強で、約10日間~1か月の期間が必要になります。このことから、毎日1時間程度学習すれば、最大でも1か月程で合格できる計算になります。プロフェッショナル資格の場合、毎日約1時間の勉強を行うと、2か月弱~3か月程度の期間を要することになります。ただし、これは毎日欠かさず試験勉強を行った場合であり、毎日試験学習ができない人は、もう少し多くの時間がかかってしまいます。

このように、資格の種類によって、合格までに要する期間の違いがあるということです。

学習スケジュール

ここでは、上記で紹介した期間を基にして、実際のスケジュールについて考えていきましょう。前提として、コンタクトセンター検定では全試験共通して、コンタクトセンター戦略・監査/カスタマーサービス/運営/構築/ベースの5つの分野から出題されます。

まず、オペレーション資格の合格を1か月で目指す場合を考えます。全部で5つの分野から出題されるため、各分野を5日程度かけて進めていき、余った期間は苦手分野の対策や総復習に充てると良いでしょう。

次に、プロフェッショナル資格の合格を3か月で目指す場合を考えます。こちらも同様に5つの分野から出題されるので、各分野を2週間程度かけて進めていき、残りの期間を演習や総まとめに使うと良いでしょう。

コンタクトセンター検定の勉強時間のまとめ

いかがでしたか。ここでは、コンタクトセンター検定の勉強時間についてご紹介していきました。

資格の種類によって、合格までに必要な期間が異なる試験だということがわかりましたでしょうか。興味を持った人は、是非この機会に取得に向けて勉強してみてくださいね。

ランキングも確認する
出典:出版社HP

関連記事

関連記事