「コンタクトセンター検定の資格を取得するとどのようなメリットがあるのだろうか?また逆に、デメリットなどはあるのだろうか?」

こうした疑問を持っている人もいるのではないでしょうか。

コールセンターなどでの顧客対応力や実践力を確認するための、民間の試験であるコンタクトセンター検定。この資格を取得することで、どのようなメリットがあるのか。また、取得する際のデメリットはあるのか、知りたい人もいると思います。

本記事では、コンタクトセンター検定の取得メリット・デメリットについて詳しく解説していきます。

コンタクトセンター検定とは、2010年より始まった、日本コンタクトセンター教育検定協会が主催している民間の検定試験です。全国各地で行われており、コンタクトセンター業界の価値向上及び、人材育成に貢献することを目的とした検定試験となっています。資格区分としては、オペレーション資格とプロフェッショナル資格の2つがあり、さらにそれぞれの資格に3つと2つの試験があります。受験資格は特にありません。

資格取得のメリットは?

では、資格を取得するメリットをいくつか紹介していきます。

まず、仕事などと両立しながら合格を目指せる資格であるということです。コンタクトセンター検定のオペレーション資格は、比較的難易度が低く、合格までに要する期間も多くないため、試験勉強に追われるということがありません。つまり、仕事をしている社会人や普段忙しい人でも、それらと両立しながら試験勉強をして、手軽に合格を目指せる資格ということです。これは一つの大きなメリットでしょう。

次に、資格取得によって身に着けた知識や能力を、ビジネスで活かせることです。これは、特にコールセンターで働く場合になりますが、試験を通じて得たものを活かすことができます。具体的には、電話対応・顧客対応のスキルやマネジメント力を発揮することが出来るでしょう。また、これからコールセンターへの就職や転職を考えている人は、資格取得が有利に働く可能性があります。ただこの場合、オペレーション資格の「オペレーター」や「スーパーバイザー」の試験に合格していることをおすすめします。「エントリー」だと、合格率の高さや学ぶ知識の量などから、物足りなく感じられてしまう可能性があるからです。

ランキングも確認する
出典:出版社HP

資格取得のデメリットは?

では、資格取得のデメリットを見てみましょう。

取得することで得られるメリットは、いくつかあることがわかりました。しかし、資格の種類が2種類あり、さらにそれぞれに複数の試験があるため、全部に合格するためには、かなりのお金と時間がかかってしまう、という点がデメリットとして挙げられます。この資格には、全部で5つの種類の試験があり、それぞれ難易度も違うため、必要な勉強時間なども変わってきます。そのため、これら5つの試験すべてに合格するのはそう簡単ではなく、ある程度の期間と根性が必要になってくるでしょう。資格に対しての意識の高さや、普段からの勉強の量が問われることになりそうです。

コンタクトセンター検定のメリット・デメリットのまとめ

いかがでしたか。今回は、コンタクトセンター検定のメリット・デメリットについて紹介しました。

この資格のメリット・デメリットについて理解が深まったでしょうか。興味がある人は是非この機会に、取得を目指してみてはいかがでしょうか。

ランキングも確認する
出典:出版社HP