本記事では、家電製品アドバイザーの難易度について詳しく解説していきます。

家電製品アドバイザーとは、日々進化する家電製品の持つ価値や機能の知識を持ち、商品選択や購入時に適切なアドバイスを行うことのできる家電のプロフェッショナルです。購入時だけではなく、設置や関連法規、廃棄についての理解も深いので、大手家電量販店などでは必須の資格になっています。

試験の級の違いについて

家電製品アドバイザーの試験の等級や科目の違いについては以下の表のとおりです。

一般等級 エグゼクティブ等級
受験料 AV情報家電・生活家電 両資格を受験(3科目)15,600円

AV情報家電・生活家電 いずれかを受験(2科目)9,400円

受験資格 なし
試験形態 CBT
試験時間 各科目 55分
合格基準 全ての科目で得点率70%以上 所定の受験科目について、両科目共「得点率概ね90%以上」で合格した場合
出題内容 ・CSと関連法規 (共通科目)

・AV情報家電 商品知識と取扱い

・生活家電 商品知識と取扱い

ランキングも確認する
出典:出版社HP

試験の合格率

2021年実施の第41回試験の合格率は、AV情報家電が14.3%、生活家電が18.8%でした。

両資格とも10%台と、合格率が低い合格率です。少し勉強しただけでは合格できない難易度の試験であることがわかります。
また、2科目の得点率がそれぞれ90%以上であるエグゼクティブ等級で合格できた受験者は、合格者の中の0.7%でした。

試験の難易度

合格率からも分かるように、難易度の高い試験です。

AV情報家電も生活家電も同じような合格率なので、難易度の差はほとんどないと考えて良いでしょう。
しっかりと対策を取って試験にのぞまなければ合格は難しいです。合格率の低さからも、初学者にも取り組みやすい試験とは言い難いので、余裕を持って計画的に勉強スケジュールを立てておくのが良いでしょう。

そして、十数%の合格者の中の0.7%しかエグゼクティブ等級の要件を満たせなかったと考えると、エグゼクティブ等級の難易度は非常に高いです。エグゼクティブ等級を目指すなら対策には長い期間が必要でしょう。

家電製品アドバイザーの難易度のまとめ

いかがでしたか。ここでは、家電製品アドバイザーの難易度についてご紹介していきました。

合格率の低い試験なので、油断をせずに対策を取ることが重要です。受験を考えている人は、勉強スケジュールをしっかりと立ててから試験に申し込むのが良いです。

ランキングも確認する
出典:出版社HP