家電製品アドバイザーの試験に合格するためには、どのくらいの勉強時間を確保する必要があるのでしょうか。必要な勉強時間を知って、試験までのスケジュールを立てたいと考えている人も多いはずです。

ここでは、家電製品アドバイザーを合格するために必要な勉強時間についてご紹介していきます。

家電製品アドバイザーとは、家電の購入や使用についての知識を豊富に持ち、お客さまにその知識を利用して質の高いサービスを提供できる家電に関するプロフェッショナルのことです。家電製品アドバイザーの試験では、家電そのものや法規に関する知識を評価しており、合格者は一般等級とそれより上級のエグゼクティブ等級の2つに分けられます。

必要な勉強時間

一般等級は30時間、エグゼクティブ等級は100時間が必要であると言われています。

一般等級は7割で合格なので、問題集を完璧にすればほぼ合格できます。しかし、エグゼクティブ等級は9割の正答率が必要なので、テキストを隅々までしっかりと覚え、その上で問題演習を多くこなさなければなりません。一般等級とエグゼクティブ等級では試験問題は同じでも難易度は大きく変わります。

前提知識の有無

先ほどの勉強時間は、あくまで目安でした。既に前提知識がある方でしたら、一般等級は20時間、エグゼクティブ等級は60時間ほどで十分合格することができる可能性があります。

自分の今の知識力をチェックして、しっかりと対策を練っていきましょう。

ランキングも確認する
出典:出版社HP

必要な学習期間

それでは、一体どれくらいの期間勉強を続けたらよいのでしょうか。

1日1時間の勉強をすることで一般等級は1ヶ月、エグゼクティブ等級は3ヶ月程度で合格することができるという計算です。
しかし、1ヶ月や3ヶ月の間、毎日1時間勉強するというのは難しいです。その場合は、休日などを利用して上手く勉強時間を確保していく必要があります。

学習スケジュール

先ほど、一般等級30時間が必要だと分かったため、実際のスケジュールについて考えていきましょう。

1 テキストを読む

まず、試験の主催協会から出版されているテキストを読み込みます。

このテキストは、AV情報家電・生活家電のテキストはそれぞれ300ページ以上あり、CSと関連法規のテキストは200ページほどです。合計すると500ページ以上になり、隅々まで読んでいると時間がかかってしまいます。

そのため、前提知識がある人は自分の苦手な範囲だけを読み、初学者の方は重要だと感じるところだけ目を通します。
テキストを読む時間は約1週間、7時間くらいまでにしましょう。

2 問題集を解く

家電製品アドバイザー試験対策のメインとなるのが問題演習です。

家電製品アドバイザーは過去問と同じような問題が出題されるのが特徴です。そのため、1冊の問題集を解説まで暗記するほど繰り返すのが合格までの近道になります。
25時間くらいを使って出来る限り何度も問題をときましょう。

おすすめの問題集は、「家電製品アドバイザー資格 問題&解説集」です。
過去問題が2回分掲載されており、解説もしっかりとついています。

一般財団法人家電製品協会 (編集)
出版社 ‏ : ‎ NHK出版、出典:出版社HP

家電製品アドバイザーの勉強時間についてのまとめ

いかがでしたか。ここでは、家電製品アドバイザーの勉強時間についてご紹介していきました。

問題演習を繰り返せば一般等級合格は難しくありません。エグゼクティブ等級は難易度が高いですが、問題演習の量を増やしたり、隙間時間にこまめにテキストを読んだりして対策をしていきましょう。

ランキングも確認する
出典:出版社HP